• トップ > レース回顧 > 2歳戦 > 2018年度

 

 

笠松・ 新馬戦(4)

 

 2018年07月26日8回笠松2日5R サラ系2歳-2組・新馬 良 800m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

4

クニノゲラン

笠松

54.0

山下雅

420

0.50.4

 

1

2着

2

ユーセイハンター

笠松

55.0

池田敏

464

0.50.4

5

3着

1

スミセイブレイバー

笠松

55.0

佐藤友

422

0.50.4

2

4着

5

ハッピーガルフ

笠松

54.0

藤原幹

473

0.51.5

5

4

5着

3

ワイエススプリング

笠松

54.0

水野翔

442

0.51.5

3

 

クニノゲラン 尾島 徹きゅう舎

 牝・栗毛・2016年3月9日生まれ  

 父・サウンドボルケーノ 母・グランデタマ (母の父・クロフネ)

 生産地: 中村 雅明氏(北海道浦河郡浦河町)  馬主: 國立 治氏

 

【短評】 能試とは一転して最後方からの競馬になったが、勝負根性のあるところを見せてきっちりアタマ差勝ち。上がりも36秒6となかなかの切れ味を見せたし、デビューしたての2歳としては上々の内容だろう。

【レース後のコメント】 山下雅之騎手……イメージとしては逃げ切りのつもりでしたが、あまりスタートがよくなくて…。ただ、馬群を割ってきましたし、差す競馬で勝ちましたからね。結果的には価値のある一戦でした。今日の内容なら距離が延びても期待できそうですね。

 

 

 

 

 

名古屋・2歳新馬

 

 2018年07月20日9回名古屋4日2R サラ系2歳新馬 良 800m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

1

アップショウ

名古屋

54.0

丸野勝

442

0.49.4

 

1

2着

8

トリマゴラッキ

名古屋

54.0

村上弘

403

0.49.8

2

3

3着

5

ダイセンコマチ

名古屋

54.0

大畑雅

395

0.50.8

5

2

4着

7

クルセイズプラン

名古屋

54.0

柿原翔

432

0.52.3

7

6

5着

2

クロスロード

名古屋

53.0

宮下瞳

434

0.52.5

1 1/2

4

6着

4

テンハート

名古屋

54.0

尾崎章

428

0.53.6

5

8

7着

6

ヨハネスニシキ

名古屋

55.0

今井貴

440

0.53.8

1 1/2

7

競走中止

3

パールノノハナ

名古屋

54.0

加藤聡

471

 競走中止

 

5

 

 

アップショウ 倉地 学きゅう舎

 牝・黒鹿毛・2016年4月7日生まれ  

 父・レッドスパーダ 母・マチカネアオイ (母の父・サンデーサイレンス)

 生産地: 村上 進治氏(北海道新冠郡新冠町)  馬主: 田口 順子氏

 

【短評】 抜群のスタート。枠順もよくスッと先手。早めに詰め寄られたが余裕の手応え。最後は尾っぽを振り遊びながらという感じもあったし、時計も優秀。奥がありそうな雰囲気。

【レース後のコメント】 倉地学調教師……出走取り消しの影響はなかったですし、いい仕上がりで臨めましたからね。フケ気味でしたが、うまく集中して発馬も決めてくれました。時計も優秀だと思います。前開催に続いての新馬勝ちはうれしいですね。こちらのほうが距離も延びていい印象を受けますし、次走の予定は未定ですが、今後の楽しみにしています。

 

 

 

 

笠松・ 新馬戦(3)

 

 2018年07月12日7回笠松3日5R サラ系2歳-2組・新馬 良 800m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

5

マナラニ

笠松

54.0

水野翔

426

0.50.6

 

2

2着

3

フォアフロント

笠松

55.0

佐藤友

453

0.51.2

3

1

3着

1

ベビーキョンシー

笠松

54.0

森島貴

421

0.51.5

1 1/2

3

4着

2

メガファンタジス

笠松

55.0

藤原幹

485

0.51.7

3/4

4

 取消

4

ユーセイフィーバー

笠松

54.0

池田敏

 

左前肢跛行 

出走取消

 

 

マナラニ 笹野博司きゅう舎 

 牝・鹿毛・2016年5月19日生まれ  

 父・ローズキングダム 母・エーシンパーティー (母の父・Tale of the Cat)

 生産地: 斉藤 政志氏(北海道浦河郡浦河町)  馬主: 佐藤 弘樹氏

 

【短評】 枠順の利を生かしてフォアフロントの外でびっしりマーク。上がり時計の37秒9という数字からして強かったというイメージはないが、単調な逃げ馬でもなさそう。スピードはあるし、今後の成長力が楽しみ。

【レース後のコメント】 水野翔騎手……追い切った後に馬体が減らないか心配していましたが、なんとかキープできていました。前開催を見送って覇気ある状態で臨めましたし、すんなり流れに乗ったとはいえ評判馬を負かせましたからね。幸先のいいスタートを切れて嬉しいです。 

 

 

 

 

名古屋・2歳新馬

 

 2018年07月06日8回名古屋4日2R サラ系2歳新馬 不良 800m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

1

アップリュウ

名古屋

54.0

丸野勝

457

0.49.9

 

3

2着

4

シャルマンニシキ

名古屋

54.0

大畑雅

446

0.50.3

2

1

3着

2

アンタエウス

名古屋

55.0

山田祥

433

0.50.7

2

2

4着

5

ピボーテ

名古屋

54.0

今井貴

416

0.50.9

1 1/2

4

取消 

3

アップショウ

名古屋

54.0

村上弘

 

 熱発

出走取消 

 

 

アップリュウ 倉地 学きゅう舎

 牝・栗毛・2016年4月30日生まれ  

 父・キャプテントゥーレ 母・スカイジュエル (母の父・タイキシャトル)

 生産地: 小倉 光博氏(北海道日高郡新ひだか町)  馬主: 増田 兼良氏

 

【短評】 抜けた出脚はなく発馬後は同きゅう舎のピボーテと併走する格好になったが、内外の差でコーナーでハナに立ち切った。同じく人気に推されていたシャルマンニシキ、アンタエウスが幼さの目立つ競馬だったのに対し、自身は直線で遊びながらの面は見せつつも先行し、直線でもうひと伸びという味のある競馬。時計も50秒を切ってきたし合格点はあげられる。

【レース後のコメント】倉地学調教師……仕上がりもよく、能力試験の段階からゲートセンスを見せてくれていた馬ですからね。勝ててホッとしています。逃げて勝ち上がりましたが、決して一本調子ということはないと思いますし、距離を延ばしても問題ないタイプ。この先も楽しめるはずですよ。