• トップ > レース回顧 > 2歳戦 > 2014年度

 

笠松・ 新馬戦(4)

 

 2014年07月29日7回笠松6日1R サラ系2歳-2組・新馬 良 800m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

2

カミノアシ

笠松

54.0

池田敏

436

0.48.7

 

2

2着

4

ワイエスジェット

笠松

55.0

佐藤友

430

0.49.8

5

3

3着

5

カツゲキビレッジ

笠松

55.0

湯前良

495

0.49.8

5

4着

1

シーヴァベーネ

笠松

54.0

尾島徹

466

0.49.9

1/2

1

5着

6

スカーレットロマン

笠松

55.0

筒井勇

437

0.50.3

2

6

6着

7

マユノオジョー

笠松

54.0

藤原幹

442

0.50.6

1 1/2

7

7着

3

カツゲキハニー

笠松

54.0

大塚研

449

0.50.9

1 1/2

4

 

 カミノアシ (笠松・田口 輝彦 厩舎)

 牝 栗毛 2012年2月8日

 父カネヒキリ 母コスモハート 母の父マイネルラヴ

 【馬主】 鈴木 和彦 氏 【生産牧場】 荒井ファーム (北海道沙流郡日高町)

 

【短評】 1着 カミノアシ…能試とは一転して好スタート。逃げるシーヴァベーネの外で併せる形で進んで、勝負どころの4コーナーで仕掛けるとグイグイ伸びて他馬を突き放した。距離が延びて良さそうな走法で、比較的、力のいる馬場での48秒7という時計もなかなか優秀。

 

【レース後のコメント】

1着 カミノアシ

池田敏樹騎手…いいスタートを決めてくれましたし、なかなかいい走りをしますね。追って味があるし、これなら距離が延びても大丈夫でしょう。南関東でデビューさせるというプランもあったようですけど、ここでデビューして手綱を取らせてもらって良かったです。今後の活躍も楽しみですね。
 

 

 

 

名古屋・サラ系2歳新馬

 

 2014年07月25日10回名古屋4日3R サラ系2歳新馬 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

1

ヒノマルボンド

名古屋

55.0

大畑雅

468

1.35.1

 

1

2着

4

テクノジャポン

名古屋

54.0

柿原翔

436

1.37.6

大差

3

3着

3

ユウクン

名古屋

55.0

今井貴

410

1.38.6

5

4

4着

2

ポジティヴピース

名古屋

54.0

丹羽克

408

1.41.3

大差

6

5着

6

ウォーターモーリス

名古屋

55.0

横井将

414

1.41.7

2

2

6着

5

カミノミコ

名古屋

54.0

山田祥

426

1.47.4

大差

5

 

 ヒノマルボンド (名古屋・川西 毅 厩舎)

 牡 鹿毛 2012年5月23日

 父エアジハード 母ミスターキン 母の父オジジアン

 【馬主】 大久保 和夫 氏 【生産牧場】 南部 功 氏 (北海道浦河郡浦河町)

 

【短評】 1着 ヒノマルボンド…同じ厩舎の一つ先輩リーダーズボードの後継者としての期待から、単勝オッズは1.1倍と断然の人気支持を受けた。レースはスタートこそ並で少し仕掛けたが、先手を取ってからは楽な逃げ。手ごたえ十分の行きっぷり。直線を向いた時点で他馬を引き離していたが、感触を確かめるかのように追ったが、まずまずの反応。それで2着には2.5秒の大差をつけたなら内容としては完勝!ただ、唯一物足りなかったのは勝ち時計1分35秒1。後継者として堂々と宣言するためには、もう1、2戦様子を見てみたい。

 

【レース後のコメント】

1着 ヒノマルボンド

大畑雅章騎手…楽な内容でしたね。時計は平凡でしたが、競馬をしたのは直線だけ。伸びも見られましたからね。胴の詰まった体型ですが、距離は関係ないでしょう。このあとは、1開催休んで、最初の認定と聞いています。
 

 

 

 

 

 

名古屋・サラ系2歳新馬

 

 2014年07月11日9回名古屋4日4R サラ系2歳新馬 重 800m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

2

メモリードルマン

名古屋

54.0

横井将

423

0.48.1

 

2

2着

6

ハナノパレード

名古屋

54.0

丸野勝

469

0.48.3

1

1

3着

1

サムライサンデー

名古屋

55.0

大畑雅

461

0.50.3

大差

3

4着

3

ハナビレジェンド

名古屋

55.0

小山信

509

0.50.9

3

5

5着

4

クレヴァーナイト

名古屋

52.0

深見勇

458

0.51.1

1 1/2

4

6着

5

ミスティモーヴ

名古屋

54.0

丸山真

397

0.52.2

5

6

 

 メモリードルマン (名古屋・塚田 隆男 厩舎)

 牝 鹿毛 2012年3月27日

 父プリサイスエンド 母メモリーレディー 母の父キングヘイロー

 【馬主】 (株) シンザンクラブ  【生産牧場】 藤本 直弘 氏 (北海道沙流郡日高町)

 

【短評】 1着 メモリードルマン…出脚は並もその後の瞬発力はなかなか。サムライサンデーがついて行けず、3角からマッチレースの様相。4角で並ばれてからしぶとさを発揮し振り切ってみせた。時計も優秀だが、中身も濃い内容。

 

【レース後のコメント】

1着 メモリードルマン

塚田隆男師…まずは新馬戦を勝ててホッとしている。差し返すようなしぶとさを見せたのは今後に向けて明るい材料かな。ただ、馬場が軽すぎるよ。レース後はすぐにソエが出てしまったからね。最初の認定は2開催後と聞いているので、そこへ向けて再調整したい。
横井将人騎手…ピリピリした面があったので、ゲート不安はありましたが、思った以上に落ち着いていてくれました。並ばれてからも突き放しましたし、あれなら距離が延びても大丈夫でしょう。馬体が仕上がりすぎていた感があったので、今後は馬体をうまく増やしていければ。楽しみな馬に巡り合うことができました。
 

 

 

 

名古屋・サラ系2歳新馬

 

 2014年07月11日9回名古屋4日3R サラ系2歳新馬 重 800m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

5

ホウライジェンヌ

名古屋

54.0

柿原翔

458

0.48.4

 

1

2着

6

ホウライショコラ

名古屋

54.0

宇都英

457

0.49.0

3

2

3着

4

ユーセイピンキー

名古屋

54.0

丸野勝

410

0.51.3

大差

3

4着

3

ミスアンジー

名古屋

54.0

今井貴

415

0.51.3

5

5着

2

シャープオネスト

名古屋

54.0

加藤利

377

0.52.2

4

4

取消 

1

コンペティティブ

名古屋

54.0

戸部尚

疾病

出走取消

 

 

 

 ホウライジェンヌ (名古屋・藤ヶ崎 一人 厩舎)

 牝 鹿毛 2012年4月25日

 父サウスヴィグラス 母ホウライトキメキ 母の父パラダイスクリーク

 【馬主】 橋元 幸平 氏  【生産牧場】 福満牧場 (北海道沙流郡日高町)

 

【短評】 1着 ホウライショコラ…好発。他馬がモタついたかのようにも見えたが、勝ち時計かするとこの馬の出脚が鋭かったということかも。3角ではいくぶん詰め寄られたが、じわじわと離し、4角ではセフティーリード。楽な手ごたえで圧勝。

 

【レース後のコメント】

1着 ホウライジェンヌ

柿原翔騎手…能試時よりも、状態は上がっていましたし、いい感じで臨めました。現状の乗り味という点では兄弟と比べるとまだまだですが、やはり走る血統ですし、この馬も今後の成長が楽しみですね。

 


 

 

 

 

笠松・ 新馬戦(3)

 

 2014年07月02日6回笠松2日1R サラ系2歳-2組・新馬 良 800m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

7

ピースタイム

笠松

55.0

佐藤友

463

0.49.7

 

2

2着

1

マニフィーク

笠松

54.0

向山牧

399

0.49.8

3

3着

4

カツゲキマーメイド

笠松

54.0

大塚研

458

0.49.9

1/2

4

4着

2

ユーセイエンジェル

笠松

54.0

吉井友

427

0.50.1

1 1/2

6

5着

3

リズヴェーリョ

笠松

55.0

尾島徹

433

0.50.3

1 1/2

1

6着

5

マインツ

笠松

54.0

湯前良

420

0.51.2

4

7

7着

8

リードサード

笠松

54.0

池田敏

390

0.51.9

3

5

8着

6

イコマヒメ

笠松

54.0

花本正

408

0.52.1

1 1/2

8

 

 ピースタイム (笠松・柳江 仁 厩舎)

 牡 鹿毛 2012年3月12日

 父エイシンサンディ 母ルーベラ 母の父Crafty Prospector

 【馬主】 加藤 鈴幸 氏  【生産牧場】 曾我 博 氏 (北海道日高郡新ひだか町)

 

【短評】 1着 ピースタイム…人気馬の出遅れもあって楽にハナへ。ゴール前はマニフィークやカツゲキマーメイドに詰め寄られたが、何とか粘って優勝。しぶといレースぶりが目を引いたし、走法や馬体からしても距離が延びてこそだろう。馬っぷりも今年の2歳の中では5本の指に入るし、追いかけて損はない素材か。

 

【レース後のコメント】

1着 ピースタイム

佐藤友則騎手…この中間は実戦を想定して、前に馬を置いて追いかける練習をみっちりこなしてきました。ただ、思っていた以上にテンの反応が良かったので逃げ切りになりましたね。素質的には兄のフリーダムに劣らないと思っています。距離も延びた方がいいと思いますので、今後が本当に楽しみですね。