• トップ > レース回顧 > 2歳戦 > 2013年度

 

 

笠松・第38回 秋風ジュニア(P)

 

 

 2013年08月30日9回笠松4日11R サラ系2歳・オープン・P 稍重 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

10

パドドゥ

笠松

54.0

尾島徹

441

1.29.7

 

1

2着

6

マユノワンダー

笠松

55.0

安部幸

434

1.29.8

9

3着

9

リードレディー

笠松

54.0

藤原幹

400

1.30.3

2 1/2

6

4着

1

スウィフトダンサー

笠松

55.0

東川公

457

1.30.4

1/2

2

5着

2

ポアント

笠松

54.0

大塚研

399

1.30.7

1 1/2

3

6着

5

リックサクラー

笠松

54.0

吉井友

457

1.31.6

4

7

7着

8

サンジョ

笠松

54.0

丸野勝

452

1.32.5

4

4

8着

7

メモリーグラス

笠松

54.0

向山牧

395

1.33.6

5

5

9着

3

レインメーカー

笠松

54.0

筒井勇

454

1.35.5

9

10

10着

4

イツヤルイマデショ

笠松

54.0

佐藤友

432

1.37.4

9

8

 

【寸評】  1着 パドドゥ……ゲート入りがいつもより悪かった。そのせいもあるのか、道中もやや気負い気味。それでも4角先頭から、直線もしっかり押し切る教科書通りの競馬ができたのは力のある証拠。  2着 マユノワンダー……道中はおっつけながらの追走。向正面に入ってじんわり前との差が詰まり、そのままの勢いでゴール前まで伸びた。切れ味がないぶん差し切れなかったが、いい脚をかなり長く使っていた。  3着 リードレディ……積極的に先行2頭を追走。前がバテて3角すぎで先頭に立ったが、後続を振り切るスタミナは残っていなかった。が、今後の糧になりそうなレース内容といえる。

 

【レース後のコメント】

1着 パドドゥ
尾島徹騎手
……少し早く先頭に立ちすぎたかな。そのぶん直線は遊んでしまって2着馬に詰め寄られたけど、一杯になった感じはないよ。しぶとい走りができるし、距離はもっと伸びた方がいいと思うから、今後が楽しみ。
笹野博司調教師……ゲート裏で踏ん張って少し手こずったけど、さほど問題はなかった。この暑い時季でもいい調整ができたのがこの結果につながったと思う。この後は園田プリンセスカップ(9月19日)を目標の予定です。

 

 

 

 

笠松・ 新馬戦(5)

 

 2013年08月29日9回笠松3日5R サラ系2歳-4組・新馬 良 800m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

6

カツゲキライデン

笠松

55.0

東川公

447

0.48.3

 

2

2着

5

シュヴァリエガール

笠松

54.0

尾島徹

463

0.49.6

6

1

3着

2

イービーワンダー

笠松

54.0

藤原幹

440

0.49.9

1 1/2

3

4着

1

ヤマニファスト

笠松

55.0

向山牧

470

0.50.0

1/2

6

5着

4

オグリノヨーコ

笠松

54.0

吉井友

430

0.51.1

5

4

6着

7

イービーボーイ

笠松

55.0

池田敏

401

0.52.3

6

5

7着

3

ゴールドサンデー

笠松

54.0

島崎和

448

0.53.1

4

7

 

カツゲキライデン (柴田 高志 厩舎)
牡 鹿毛 2011年5月19日

父ノボジャック  母アメリカンハット  母父ホスピタリティ

馬主 野々垣 正義 氏  生産牧場 朝野 勝洋 氏(北海道日高郡新ひだか町)

 

【寸評】 能試同様、抜群のダッシュ力であっさりハナへ。4コーナー手前ではいったん後続を寄せ付ける余裕を見せて、直前を向いてゴーサイン。しっかり伸びて2着に6馬身という圧勝で、鮮やかなデビューを果たした。勝ち時計も48秒3と非常に優秀だし、今日の走りなら距離が延びても活躍を見込めそう。

 

東川公則騎手……期待通りのスピードを見せてくれましたね。胴詰まりの馬だから記者さん達からよく距離延長に不安があるのでは?って聞かれるけど、いい跳びをしますしね。今日の走りからしても、まったく問題ないと思います。個人的には結構評価の高い馬ですし、今後が楽しみです。

 


  

 

名古屋・ JRA認定競走① セレクトゴールド

 

 2013年08月22日11回名古屋3日8R サラ系2歳 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

4

リーダーズボード

名古屋

55.0

戸部尚

451

1.30.8

 

1

2着

5

トーホウエクレール

名古屋

54.0

今井貴

458

1.31.4

3

7

3着

6

サウスオリヴィエ

名古屋

54.0

丸野勝

441

1.31.8

2

5

4着

7

リンナチャン

名古屋

54.0

山田祥

429

1.32.0

1

6

5着

3

カブヤマジョオー

名古屋

54.0

宇都英

451

1.32.1

3/4

2

6着

12

カミノベアハート

名古屋

54.0

大畑雅

499

1.32.9

4

4

7着

8

ナウゲッタチャンス

名古屋

54.0

佐藤友

417

1.33.1

1

8

8着

10

ウォーターエイト

名古屋

55.0

児島真

453

1.33.1

9

9着

9

レッツダンス

名古屋

54.0

安部幸

410

1.33.5

2

10

10着

1

メモリーブレーヴ

名古屋

55.0

持原大

424

1.34.0

2 1/2

11

11着

11

ロイヤルデオアン

名古屋

52.0

木之前葵

435

1.35.7

8

12

12着

2

ホウライナデシコ

名古屋

54.0

柿原翔

443

1.36.9

6

3

 

【寸評】  1着 リーダーズボード……少し仕掛けて2番手。折り合いはばっちりついて余裕十分で追走。4角あたりでも追いどおしの他馬に比べ、持ったまま。危なげがなく完勝といった内容。  2着 トーホウエクレール……推進力のある走りで3番手からの競馬。道中早めに手は動いていたが、最後まできっちり伸びてきていたし、なかなか力がある。  5着 カブヤマジョオー……前走同様にスタートは速かったが、リーダーズボードのびっちりマークに遭ってしまい、道中息を入れる間がなかった。ただ、最後は脱落てしまったものの、あらためていいスピードがあることは証明できたし、これで評価を下げることは全くない内容だった。

 

【レース後のコメント】

1着 リーダーズボード

川西毅調教師……着差はありましたが、前走と比べると余裕はあまりなかったですね。でも、まあ勝ってホッとしています。このあとは3回目の認定(混合戦、勝った馬も出走できる)に向かいます。今のところは新勢力もいないようですし、楽しみにしています。

 

 

 

 

名古屋・サラ系2歳新馬

 

 2013年08月07日10回名古屋4日2R サラ系2歳新馬 重 800m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

7

カブヤマジョオー

名古屋

54.0

宇都英

446

0.48.6

 

2

2着

3

トーホウエクレール

名古屋

54.0

今井貴

454

0.50.0

7

3

3着

2

カミノベアハート

名古屋

54.0

戸部尚

498

0.50.4

2

1

4着

4

ニシノズンバ

名古屋

54.0

小山信

447

0.50.8

2

4

5着

5

サムライニシキ

名古屋

54.0

大畑雅

424

0.51.1

1 1/2

5

6着

6

トーホウアダム

名古屋

55.0

山田祥

393

0.52.2

5

6

 取消

1

トーホウブレッザ

名古屋

54.0

友森翔

 

 右肩跛行

出走取消 

 

 

カブヤマジョオー (角田 輝也 厩舎)
牝 鹿毛 2011年3月17日

父プリサイスエンド  母ビッグティアラ  母父タイキシャトル

馬主 山田 忠勉 氏  生産牧場 細道牧場(北海道浦河郡浦河町)

 

【寸評】 ゲートが開いた瞬間に1馬身以上の差をつけるロケットスタート。他馬とは潜在能力が違うんだと言わんばかりのピッチが効いたスピード感のある走りで、3角では早くもセフティーリードに広げた。距離延長という課題はあるが、勝ち時計48秒6も非常に優秀だし、今後が楽しみになった。

 

小山厩務員……入厩した当時は集中力に欠ける感じがありましたが、能試を2回受けたことで落ち着きが増しました。それが好結果につながったと思います。とにかくスタートが速いですね。次走は1400mになりますから、未知の部分はありますが、もちろん楽しみもあります。

 

 

名古屋・サラ系2歳新馬

 

 2013年08月07日10回名古屋4日1R サラ系2歳新馬 重 800m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

3

ホウライナデシコ

名古屋

54.0

柿原翔

441

0.49.7

 

1

2着

4

メモリーブレーヴ

名古屋

55.0

持原大

417

0.50.9

6

3

3着

1

レッツダンス

名古屋

54.0

今井貴

406

0.52.4

7

2

4着

5

ケイウントップ

名古屋

54.0

山田祥

461

0.52.7

1 1/2

6

5着

6

ラブレイン

名古屋

54.0

加藤利

382

0.52.9

1

5

6着

2

ビュティファスト

名古屋

51.0

木之前葵

436

0.55.3

大差

3

 

ホウライナデシコ (藤ヶ崎 一男 厩舎)
牝 芦毛 2011年5月18日

父クロフネ  母ホウライマドンナ  母父アグネスタキオン

馬主 橋元 幸平 氏  生産牧場 福満牧場(北海道沙流郡日高町)

 

【寸評】 もっさりとした発馬で、スタート直後こそメモリーブレーヴに遅れ気味だったが、枠順の利で先手を取ってからは終始手応えでまさった。3コーナーでは半馬身、4コーナーでは2馬身に差を広げ、直線も差は開く一方。まさに完勝といえる内容だった。

 

藤ヶ崎一男調教師……発馬は鋭くなかったけど、その後の反応は良かったからね。当初は50秒台ぐらいで駆ければと思っていたので、時計は上々。着差もあったからね。このあとは次開催の認定競走に臨む予定。