• トップ > レース回顧 > 2歳戦 > 2011年度

 

 

名古屋・JRA認定競走セレクトゴールド(1)

 

 2011年10月21日14回名古屋5日6R サラ系2歳 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

6

グレンダウザー

名古屋

55.0

岡部誠

535

1.30.7

 

2

2着

10

ノゾミカイソク

名古屋

55.0

戸部尚

443

1.31.3

3

4

3着

7

マザーフェアリー

名古屋

54.0

宇都英

497

1.31.6

1 1/2

1

4着

9

ネオンオーカン

名古屋

55.0

大畑雅

458

1.31.9

1 1/2

5

5着

5

コキビジン

名古屋

54.0

竹下太

454

1.33.0

5

3

6着

3

キミノヒナ

名古屋

54.0

横井将

401

1.33.6

3

7

7着

2

リエリエテンユウ

名古屋

54.0

丹羽克

441

1.33.9

1 1/2

8

8着

4

ハナハヤテ

名古屋

54.0

筒井勇

457

1.34.8

4

6

9着

11

ミサキマキバオー

名古屋

55.0

阪野学

441

1.35.0

1 1/2

9

10着

1

イチカバチカ

名古屋

54.0

安部幸

427

1.35.2

3/4

10

11着

8

ニシノイングランド

名古屋

55.0

藤原良

438

1.35.6

2

12

12着

12

ケイウンニケ

名古屋

54.0

丸野勝

423

1.35.7

3/4

11

 

グレンダウザー (荒巻 透 厩舎)
  牡 黒鹿毛 2009年3月25日

父スタチューオブリバティ 母シートミュージック 母の父Sadler’s Wells
馬主 玉田 博志 氏    生産者 矢野牧場(新ひだか町)

 

【寸評】 間隔を明け調整したのが奏功したようで馬体が回復。いい体になっていたし、絶好の出来でレースを迎えられた感。包まれるよりも逃げを選択。レースの流れは差し馬向きで楽なペースとはいかなかったが、勝負どころで手ごたえに余裕がない後続2頭に比べ余力十分。危なげない内容で、完勝といえる勝ちっぷり。

 

荒巻透調教師……まずは認定権利をとれてホッとしているよ。中途半端にならないように、岡部君がバシバシとムチを入れて行ってくれた。それで平均的なペースに持ち込めたのが勝因だろう。まだまだ良くなると思うよ。この後はゴールドウィング賞は使わず、中央の芝を使う予定。そこでの走りを見てから今後の方向性を決めたいね。

 

 

 

 

笠松・JRA認定未勝利馬リバイバル(2)

 

 2011年10月14日12回笠松6日9R サラ系2歳-1組(未勝利馬) 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

5

キミニコイシテ

笠松

54.0

岡部誠

498

1.29.9

 

2

2着

8

トミシノドラゴン

笠松

55.0

東川公

470

1.30.0

3/4

1

3着

3

マツノサクラ

笠松

54.0

藤原幹

400

1.30.8

4

6

4着

7

マルヨマークリー

笠松

55.0

尾島徹

483

1.31.6

4

3

5着

1

ツキトスッポン

笠松

54.0

濱口楠

403

1.31.6

7

6着

6

オーミキャサリン

笠松

54.0

島崎和

375

1.32.6

5

10

7着

9

ハチミツ

笠松

54.0

湯前良

418

1.32.9

1 1/2

8

8着

4

ワイエスローズ

笠松

54.0

筒井勇

390

1.32.9

9

9着

2

スーパービジョン

笠松

54.0

佐藤友

387

1.33.0

4

10着

10

メモリーホワイト

笠松

54.0

向山牧

420

1.33.4

2

5

 

キミニコイシテ (伊藤 強一 厩舎)
  牝 黒鹿毛 2009年4月3日

父ブラックホーク 母レディズレストラン 母の父クリエイター
馬主 柴田 浩二 氏    生産者 棚川 光男 氏(新ひだか町)

 

【寸評】 前3頭(スーパービジョン、マルヨマークリー、メモリーホワイト)が先行争いを繰り広げ、ひと言でいえば展開が向いての勝利。ただ、それを見据えて焦らず騎乗した鞍上、それに応えた馬は見事。まだ夏負けの残る馬体だったし、平均ペース型で距離延長にも対応できそうな力馬タイプ。まだまだ上積みを見込めそうな感触だ。

 

伊藤強調教師……出遅れたけど、道中で前がやりあってくれて、結果的に展開が向いたね。まあ、それをモノにできたのも、夏負けから回復して体調がよくなってきたから。あと、連闘で絞れてきたのもプラスだったね。

 

 

 

笠松・JRA認定未勝利馬リバイバル(1)

 

 2011年10月04日12回笠松2日6R サラ系2歳-1組 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

2

カツゲキ

笠松

55.0

尾島徹

455

1.29.3

 

1

2着

9

トミシノドラゴン

笠松

55.0

東川公

470

1.29.4

1/2

4

3着

10

キミニコイシテ

笠松

54.0

岡部誠

510

1.29.9

2 1/2

3

4着

1

マツノサクラ

笠松

54.0

藤原幹

404

1.30.1

1

6

5着

3

メモリーホワイト

笠松

54.0

向山牧

424

1.30.3

1

5

6着

7

スーパービジョン

笠松

54.0

佐藤友

389

1.30.5

1 1/2

2

7着

4

ツキトスッポン

笠松

54.0

濱口楠

403

1.31.9

7

8

8着

5

ワイエスローズ

笠松

54.0

筒井勇

392

1.32.4

2 1/2

7

9着

8

オーミキャサリン

笠松

54.0

島崎和

392

1.33.1

3

10

10着

6

ハチミツ

笠松

54.0

湯前良

424

1.33.4

1 1/2

9

 

カツゲキ (柴田 高志 厩舎)
  牡 芦毛 2009年3月6日

父サムライハート 母ダンシングマートル 母の父ブラックタイアフェアー
馬主 野々垣 正義 氏    生産者 浜口牧場(新冠町)

 

【寸評】 スピード偏重型という認識が強かっただけに、好位から勝利をもぎ取った点は大きく評価できる。息の入れ方を覚えてきたし、初距離で1分29秒台はかなり優秀だ。馬体やフットワークにまだ良化の余地がある馬だけに、今後はますます強くなるだろう。

 

柴田高調教師……目標にしていた認定権利をゲットできてホッとしています。ハナに行きれなくてヒヤリとしたけど、結果的に新味も出せてよかったです。まだ気性面に成長の余地はあるけど、そのぶん伸びしろもありますからね。この後はひと息入れて、また地元を中心に使っていく予定です。