• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2018年度
 

 

名古屋・第48回 愛知県知事杯 東海ダービー(SPⅠ)

 

 2018年06月05日6回名古屋1日11R サラ系3歳・オープン・SPⅠ 良 1900m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

1

ビップレイジング

笠松

56.0

藤原幹

463

2.05.9

 

4

2着

2

サムライドライブ

名古屋

54.0

丸野勝

449

2.06.2

1 1/2

1

3着

3

ウォーターループ

名古屋

54.0

友森翔

426

2.06.4

1 1/2

3

4着

4

ドリームスイーブル

笠松

56.0

岡部誠

460

2.06.7

1 1/2

2

5着

11

キンショーウィーク

名古屋

56.0

村上弘

478

2.07.0

1 1/2

5

6着

10

クラリテディーオ

名古屋

56.0

戸部尚

440

2.07.2

1

8

7着

7

メモリーメガトン

笠松

56.0

向山牧

474

2.07.2

10

8着

6

バジガクアリア

名古屋

54.0

木之前葵

456

2.07.5

1 1/2

7

9着

9

ユーセイスラッガー

名古屋

56.0

佐藤友

470

2.07.8

1 1/2

6

10着

8

アイファーフォルテ

名古屋

54.0

宇都英

401

2.08.2

2

9

11着

5

キャンドルロード

名古屋

56.0

大畑雅

499

2.08.7

2 1/2

11

 

【短評】 1着 ビップレイジング……中団あたりで待機して末脚勝負。淀みないペースで流れが幸いした面こそあったが、3角過ぎから窮屈な面があり動くタイミングが遅れながらも直線の伸びはちょっとしたもの。 2着 サムライドライブ……後続のマークが厳しかったのは確かだが、いつもの余裕が感じられない行きっぷり。3角から引き離しにかかったところで何とかなったかと思えたが、直線を向いたところ失速。勝ち続けることの難しさを教えられたレースだった。 3着 ウォーターループ……インでうまく対応してベストのレース運び。4角ではあわやの場面を作ったが最後は脚が上がってしまった。善戦止まりも、ここへ来ての地力強化は著しい。 4着 ドリームスイーブル……ほぼ完璧がレース運びながら直線を待たず脚をなくしていた。力負け。 5着 キンショーウィーク……ハナを取りきれなかったのもそうだが、内サムライドライブ、外ユーセイスラッガーとお互いにプレッシャーをかけながらの道中になってしまったのも痛かった。それでも掲示板したのだから力はある。
 

【レース後のコメント】

1着 ビップレイジング

笹野博司調教師……1頭強い馬がいたので1着でゴールしたのがウチのだと分かった瞬間は「まさか!」と思いましたが、僕自身 名古屋の重賞を勝たせてもらうのも初めてで、それがダービーですからね。ホント嬉しいです。すごく神経質なタイプで、駿蹄賞のときは輸送で馬がイライラしてしまって力を出し切れなかったのが、今日はパドックからも落ち着いてくれていました。あと、この馬の武器であるバテないところが生きるかたちになってくれたのも大きかったですね。輸送もクリアしてくれましたし、せっかくダービーを勝たせてもらったので、今後のことは未定ですが、全国の大きなレースにも使いに行ってみたいですね。

藤原幹生騎手……サムライドライブは強いですけど、前回名古屋に来た時よりも落ち着いていたので一矢報いることができたらなと思っていました。前へ行く馬を見ながら進めるのは想定通りです。3~4コーナーでは動けなかったけど、内で我慢できていたので外に出したときにどれだけ末脚を詰め寄れるかなという感じでした。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。今日の落ち着きなら他場に行っても力を出してくれると思います。

 

 

 

 

動画:金シャチけいばNAGOYA(名古屋けいば)公式チャンネルより