• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2018年度

レース回顧

 

 

 

笠松・第47回 東海ゴールドカップ(SPⅠ)

 

 2018年12月31日16回笠松4日11R サラ系・オープン・SPⅠ 良 1900m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

5

ダイヤモンドダンス

笠松

55.0

筒井勇

517

2.01.4

 

6

2着

7

フロリダパンサー

笠松

56.0

丸野勝

464

2.02.3

4

1

3着

6

カガノカリスマ

笠松

55.0

渡邊竜

436

2.02.5

1 1/2

10

4着

10

ドリームスイーブル

笠松

55.0

佐藤友

476

2.02.6

7

5着

1

ドリームアロー

笠松

55.0

岡部誠

423

2.03.0

2

5

6着

3

イブキ

笠松

55.0

東川公

486

2.03.4

2

3

7着

9

サザンオールスター

名古屋

56.0

大畑雅

460

2.03.9

2 1/2

2

8着

8

ヴェリテ

笠松

56.0

向山牧

482

2.05.0

5

9

9着

4

シーザワールド

笠松

55.0

松本剛

514

2.05.4

2

8

落馬中止

2

メモリージルバ

名古屋

56.0

友森翔

477

 落馬中止

 

4

 

【短評】 1着 ダイヤモンドダンス……前半は無理せず、縦長になった第2グループの先頭で流れに乗る。向正面半ばからゴーサインが出ると、グイグイと伸びて直線では後続を離す一方。展開利もあったが、状態面と良さと底力がマッチした印象。 2着 フロリダパンサー……スタートは並だったが、少し押して好位を確保。うまく流れに乗れていたように見えたが、結果的には先行勢のペースは速く、マクってきた勝ち馬には抵抗できなかった。ただ、底力があることは十分に証明した。 3着 カガノカリスマ……道中は最後方を追走。3コーナーまではそのままの位置取りだったが、そこからラチ沿いを進出して、ゴール前ではあわや2着の脚いろ。自分の競馬に徹した結果だが、この馬なりに地力をつけているのも確かだ。


【レース後のコメント】
1着 ダイヤモンドダンス
筒井勇介騎手
……前が流れているのは分かっていた。仕掛けてからの反応がよく、これなら行けると思いました。展開に左右される面があって結果が出せなかったけど、力はある馬。ようやく勝つことができてよかった。これもきっちり仕上げてくれた調教師や厩務員さんのおかげです。
花本正三調教師……開業以来、初めて重賞を勝てて嬉しいです。これでダメなら仕方ないと思えるくらい、今回はきっちり仕上げて結果が出たので良かった。よく頑張ってくれたし、今のところは少し休ませてあげようかなと思っています。

 

 

 

 

笠松・第22回 ライデンリーダー記念(SPⅠ)

 

 2018年12月30日16回笠松3日10R サラ系2歳・牝馬・オープン・SPⅠ 稍重 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

7

エムエスクイーン

名古屋

54.0

今井貴

450

1.42.0

 

1

2着

5

ボルドープラージュ

笠松

54.0

渡邊竜

420

1.42.1

3

3着

8

リードメロディー

名古屋

54.0

加藤聡

439

1.42.2

1/2

4

4着

4

ハッピーフライト

笠松

54.0

向山牧

452

1.42.2

5

5着

3

ナラ

笠松

54.0

筒井勇

430

1.42.4

3/4

2

6着

10

ドリームパーリオ

笠松

54.0

丸野勝

430

1.42.9

2 1/2

8

7着

1

ビーコンプリート

笠松

54.0

佐藤友

398

1.42.9

6

8着

9

エリアント

笠松

54.0

藤原幹

436

1.43.5

3

7

9着

6

ワイエススカイ

笠松

54.0

吉井友

408

1.43.9

2

9

10着

2

ドリームノーティス

笠松

54.0

島崎和

386

1.47.0

大差

10

 

【短評】 1着 エムエスクイーン……いつものように圧勝とはいかずクビ差勝ち。物足りなさはあったが、外め3番手からの競馬で楽な位置取りではなかったのも確か。まずは初馬場で勝てたことを良しとしたい。 2着 ボルドープラージュ……好発を決め絶好位2番手から。4コーナーで抜け出した時は鞍上も勝利を確信したことだろう。大本命馬をヒヤりとさせ、見せ場たっぷりの一戦。 3着 リードメロディー……道中は中団からの競馬で、じっくり脚を伸ばして3着に入選。メンバー中、最速の上がりをマークできたし、同馬は同馬で強い内容だったと言えよう。

 

【レース後のコメント】

1着 エムエスクイーン

今井貴大騎手……いつものように反応よく動けませんでしたが、接戦をモノにできたのは収穫です。前向きにとらえたいですね。これで8戦全勝。底を見せていないですし、かの名牝に続くような活躍をしてもらいたいものです。

竹下直人調教師……今日の勝ちっぷりはちょっと物足りないけど、初馬場に戸惑った面は少なからずあるのかな。馬も妙に大人しかったしね。ただ、勝ちは勝ち。なんだかんだ負け知らずだし、やはり期待の大きな馬だよ。この次は1月29日の梅桜賞。距離が1800メートルになる点も問題ないと思うし、このまま突っ走ってもらいたいね。

 

 

 

 

名古屋・第18回 名古屋グランプリ(JpnⅡ)

 

 2018年12月24日21回名古屋4日11R サラ系3歳以上・オープン・JpnⅡ 稍重 2500m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

8

チュウワウィザード

栗東

54.0

川田将

477

2.40.7

 

2

2着

1

ミツバ

栗東

56.0

福永祐

478

2.40.8

1/2

3

3着

7

グリム

栗東

54.0

武豊

512

2.41.2

2

1

4着

5

センチュリオン

美浦

56.0

大野拓

530

2.42.3

5

4

5着

6

カツゲキキトキト

名古屋

56.0

大畑雅

526

2.42.5

1

5

6着

3

ナムラアラシ

栗東

56.0

岩田康

523

2.43.1

3

6

7着

2

ハッピースプリント

道営

57.0

宮崎光

536

2.44.5

7

8

8着

4

トーセンノワール

大井

54.0

岡部誠

479

2.45.8

6

7

9着

9

ブランニュー

名古屋

56.0

今井貴

472

2.47.1

6

9

 

【短評】 1着 チュウワウィザード……すんなり好位付け。一周目の3角で少し乱されるところはあったが冷静に対応。インでじっと我慢して直線勝負。4角で外へ出してからは鋭い伸び脚。見事に差し切ってみせた。 2着 ミツバ……少し位置取りが悪いと判断してか早めに押し上げ好位置をキープ。流れに乗りうまく運べての結果。最後は決め手の差が出た格好。 3着 グリム……難なく先手。マイペースに持ち込み残り3ハロン手前あたりからペースを上げる定石どおりのレース運び。持ち味は出しきった。 5着 カツゲキキトキト……抜群のスタートをしたがインに入れスタミナの温存に徹するレース運び。思惑どおりのレース運びだろうが、ペースが上がったところで置かれ気味。中央勢との力量差を感じる内容。

 

【レース後のコメント】

1着 チュウワウィザード

大久保龍志調教師……前回より状態が上向いていましたし、小回りさえ克服できればと思って、自信を持って臨みました。本質的に広いコースが合うタイプですし、来年は中央場所の大きいところを狙いたいです。母馬も管理していた思い入れのある血統で重賞を勝てたのは嬉しいですね。

 

 


動画:金シャチけいばNAGOYA(名古屋けいば)公式チャンネルより 

 

 

 

笠松・ 岐阜県知事杯 第5回 ジュニアキング

 

 2018年12月13日15回笠松3日10R サラ系2歳・オープン・JRA認定・P 稍重 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

6

フォアフロント

笠松

55.0

佐藤友

476

1.42.9

 

2

2着

5

セントサレディー

笠松

54.0

渡邊竜

447

1.43.5

3

5

3着

4

ボルドープラージュ

笠松

55.0

岡部誠

426

1.43.5

1

4着

3

エリアント

笠松

55.0

藤原幹

435

1.44.4

4

4

5着

1

ドリームパーリオ

笠松

54.0

向山牧

429

1.44.5

3/4

3

6着

8

マッチデース

笠松

55.0

水野翔

446

1.44.7

1

6

7着

7

マルヨグローズ

笠松

55.0

東川公

438

1.45.8

5

8

8着

10

ワイエススカイ

笠松

54.0

吉井友

407

1.46.0

1 1/2

7

9着

9

ドリームノーティス

笠松

54.0

島崎和

388

1.47.9

9

9

10着

2

クニノゲラン

笠松

54.0

山下雅

413

1.48.1

1 1/2

10

 

【短評】 1着 フォアフロント……好スタートから隣の枠にいた逃げ馬の外ですんなり流れに乗れた。そのまま勝負どころで後続が差を詰めてきたのに合わせてスパート。4コーナーでは並ばれる場面もあったが、前半の貯金を生かして直線であっさり3馬身差をつけて快勝。 2着 セントサレディー……ダッシュ良くハナへ。その後はさほど競られることもないくスイスイと逃げられた。3コーナーで1、3着馬に交わされて、一旦は5馬身ほど離されたが、バテずにじわじわと伸びて2着に差し返した点は高く評価できる。 3着 ボルドープラージュ……レース直前には「砂を被せる競馬も一度試さないと」との声が陣営から聞かれたが、それを具現化するような競馬。いい感じで勝ち馬に並びかけたが、直線で失速したのは前半、ビッシリと砂を被ったぶんか、距離の問題かはまだ微妙なところ。

 

【レース後のコメント】

1着 フォアフロント
佐藤友則騎手
……この馬に認定を勝たせてあげられて良かったです。いい感じで競馬ができましたし、向正面では(副賞の)飛騨牛が見えましたよ。厩務員さんをはじめスタッフのおかげで、こちらへきた当時より乗りやすい馬になってきたし、今後が楽しみです。
井上孝彦調教師……まだ多少は難しさも残っているけど、ずいぶん気性面で成長して潜在能力を生かせるようになってきたね。まだ勝ったばかりだし、今後のことはゆっくり考えます。
 

 

 

名古屋・ 日進市長杯 第24回 マイル争覇(SPⅡ)

 

 2018年12月07日20回名古屋3日11R サラ系3歳以上オープン・SPⅡ 重 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

9

カツゲキキトキト

名古屋

57.0

大畑雅

531

1.41.7

 

1

2着

3

サンデンバロン

名古屋

57.0

丹羽克

474

1.42.2

2 1/2

6

3着

5

ポルタディソーニ

名古屋

55.0

宮下瞳

443

1.42.4

1

7

4着

7

メモリートニック

名古屋

57.0

友森翔

460

1.42.7

1 1/2

4

5着

8

キーアシスト

兵庫

57.0

吉村智

509

1.42.7

5

6着

1

キクノステラ

兵庫

57.0

田中学

532

1.42.7

2

7着

10

インストアイベント

名古屋

57.0

岡部誠

492

1.43.2

2 1/2

10

8着

4

サムライドライブ

名古屋

53.0

丸野勝

448

1.43.4

1

3

9着

6

メモリージルバ

名古屋

57.0

今井貴

471

1.43.6

1

8

10着

2

ウォーターディル

名古屋

57.0

加藤誓

472

1.44.7

5

9

 

【短評】 1着 カツゲキキトキト……外枠。後方に下げるわけにはいかないし、終始内から4頭目あたりを回るコースロス。残り3ハロンあたりでは行きっぷりに余裕がなく、3角手前から激しく手が動いていたが、4角で並んでからは楽。終わってみれば圧勝。 2着 サンデンバロン……馬込みでも行きたがる面はあまり出さず、うまく折り合って追走。現状の力は出せた内容。 3着 ポルタディソーニ……得意のインは取れなかったが、流れにうまく乗り上々のレース運びができての結果。粘るだけの走りでワンパンチ足りぬ内容。 6着 キクノステラ……発馬は悪かったがインに入れうまく追走。勝負どころで外へ出して追いだしにかかるも、切れるところがなく、じわじわと伸びた程度。力的な問題があるか。

 

【レース後のコメント】

1着 カツゲキキトキト

大畑雅章騎手……先行馬がそろっていましたので、スムーズな競馬さえできれば結果はついてくると思っていました。前回より乗り込めていましたし、状態も上がっていましたからね。道中は良ければ3番手、悪くても4番手と考えていましたので、思い通りの競馬になりました。3コーナーでは手応えが悪かったですが、直線でエンジンがかかってからはやはり違いました。名古屋グランプリでも今の状態をキープして結果を出したいです。