• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2018年度
 

 

笠松・第1回 ぎふ清流カップ(SPⅠ)

 

 2018年05月10日3回笠松3日9R サラ系3歳・オープン・SPⅠ 良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

4

ウォーターループ

名古屋

54.0

友森翔

420

1.43.3

 

4

2着

8

クルセイズスピリツ

名古屋

56.0

柿原翔

451

1.43.3

3

3着

7

ユーセイスラッガー

名古屋

56.0

佐藤友

467

1.43.4

1/2

5

4着

2

フセノラン

兵庫

54.0

下原理

453

1.43.8

2

2

5着

5

ビップレイジング

笠松

56.0

藤原幹

468

1.43.8

1

6着

3

バジガクアリア

名古屋

54.0

木之前葵

444

1.45.0

6

9

7着

9

ライトスラッガー

笠松

56.0

サレス

448

1.45.3

1 1/2

8

8着

10

デルグレネ

笠松

54.0

森島貴

403

1.45.3

10

9着

6

サラヒメ

笠松

54.0

筒井勇

429

1.45.7

2

7

10着

1

メモリーメガトン

笠松

56.0

向山牧

474

1.46.6

4

6

 

【短評】 1着 ウォーターループ……道中は中団少し前のインからの追走だが、折り合いもついていたし、3コーナーの勝負どころでは上々の手ごたえ。4コーナーで外へ持ち出されると直線でグイと伸びて快勝。着差以上に内容の濃いレースぶり。 2着 クルセイズスピリツ……好スタートから積極的に押してハナを主張して、スタンド前ではマイペースに持ち込めた。勝ち馬に合わせてもうひと踏ん張りしたが、ゴール前で決め手の差が僅かに出た印象。 3着 ユーセイスラッガー…スタート後は2着馬をマークする位置を取れたが、外に馬がいて番手すんなりとは行かず。そんな中でも4コーナーでは先頭に並び、直線の叩き合いに加わって勝ち馬から0秒1差は価値が高い。

 

【レース後のコメント】

1着 ウォーターループ
友森翔太郎騎手
……(同馬で2戦2勝、相性いいね?の問いに)いや、そんなことはないです。たまたまです。でも、今日は内々でモマれる展開になっても最後まで伸びてきて、新味が出たのがよかったです。繊細だけど、一生懸命走るのがこの馬のいいところ。これからも応援よろしくお願いします。
塚田調教師「テンションが上がりやすいタイプで中間もその点を意識しての調整。もう少し前に行ってほしかったけど、今日の展開で勝てたのは今後につながるね。この後は東海ダービーを目標にしています。

 


 

 

 

 

名古屋・第57回 駿蹄賞(SPⅠ)

 

 2018年05月02日3回名古屋2日11R サラ系3歳・オープン・SPⅠ 重 1800m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

12

サムライドライブ

名古屋

54.0

丸野勝

446

1.58.2

 

1

2着

7

ドリームスイーブル

笠松

56.0

佐藤友

460

1.59.6

7

4

3着

10

スギノハヤブサ

名古屋

56.0

加藤聡

510

2.00.0

2

2

4着

1

キンショーウィーク

名古屋

56.0

村上弘

473

2.00.6

3

3

5着

5

プラチナクイン

名古屋

54.0

戸部尚

396

2.00.7

5

6着

11

キングブリス

名古屋

56.0

岡部誠

439

2.00.7

8

7着

3

キーワンダー

名古屋

56.0

今井貴

458

2.01.7

5

7

8着

8

キャンドルロード

名古屋

56.0

大畑雅

510

2.04.1

大差

12

9着

9

アイファーフォルテ

名古屋

54.0

サレス

402

2.04.2

6

10着

2

レッドエルム

名古屋

54.0

丹羽克

530

2.04.6

2

9

11着

4

ユウクインスター

名古屋

54.0

宇都英

465

2.05.1

2 1/2

11

12着

6

ライトセイラ

名古屋

54.0

柿原翔

437

2.07.1

大差

10

 

【短評】 1着 サムライドライブ……外枠でもハナに固執。ハナを切ってしまえばマイペース。いつもどおり他馬を寄せつけずの圧勝。雨で時計が出やすくなってはいるが、時計を大幅に縮め中身の濃い内容。 2着 ドリームスイーブル……前半はやや行きたがる面を出したが、馬群に入れ折り合い重視。勝負どころでインからスルスルと上がった脚には見どころも、前に並ぶまでには至らず2着確保が一杯。 3着 スギノハヤブサ……勝ち馬を射程圏に入れ追走できたが、3角あたりから置かれ気味。直線は盛り返し2着馬との差を縮めたが…。今回に関しては経験値の差が出たのかも。 4着 キンショーウィーク……距離や相手関係。それに内枠と、いい材料はなかったがうまく対応。上位勢とな差はあったが条件を考えれば善戦の部類で先に向け期待が持てる内容。

 

【レース後のコメント】

1着 サムライドライブ

丸野勝虎騎手……馬場が悪かったので、安全策の逃げを選択しました。ただ、外から入るときに他馬に少し迷惑をかけたので申し訳なかったですね。結果は楽勝でしたけど、競馬は最後まで何があるか分からないので、しっかり追いました。強い馬ですし、ダービーも勝ちたいですね。あいにくの天気でしたが、応援ありがとうございました。

 


写真提供:森内智也さん 

 

 動画:金シャチけいばNAGOYA(名古屋けいば)公式チャンネルより