• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2017年度
 
 

 

笠松・JRA認定競走 第4回 ジュニアキング(P)

 

 2017年12月06日15回笠松2日11R サラ系2歳・オープン・JRA認定・P 良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

6

ドリームスイーブル

笠松

55.0

丸野勝

456

1.42.2

 

3

2着

8

チェゴ

笠松

55.0

佐藤友

506

1.42.8

3

1

3着

1

ビップレイジング

笠松

56.0

藤原幹

464

1.43.5

3

2

4着

9

ライトスラッガー

笠松

55.0

東川公

454

1.44.0

2 1/2

4

5着

7

ノスケアマゾン

笠松

54.0

島崎和

466

1.44.3

1 1/2

6

6着

5

リボース

笠松

55.0

岡部誠

455

1.44.3

5

7着

2

ディーエスパースン

笠松

56.0

高木健

494

1.44.3

7

8着

10

ミスティックリズム

笠松

54.0

吉井友

416

1.45.2

4

9

9着

4

マルヨバリオス

笠松

55.0

池田敏

437

1.45.2

8

10着

3

スミセイフルールー

笠松

54.0

向山牧

435

1.49.1

大差

10 

 

【短評】 1着 ドリームスイーブル……スタート後は無理に仕掛けることなく馬なりで中団から。向正面で後ろからマクってきた馬に先を越されたが、ヒルむことなくそれを追走して4角先頭から堂々と押し切った。直線も良く伸びており距離はもっとあってもよさそう。 2着 チェゴ……スタートの出がひと息。終始勝ち馬から1~2馬身後ろを付いて行く感じで、直線に入ってすぐには並びかける手前まで詰め寄ったが、外々を回ったぶんもあり最後は突き放されてしまった。ゲート五分なら巻き返し十分だ。 3着 ビップレイジング……いつも通り後方から。順もあって勝負どころで2着馬のインにいて、仕掛けが一瞬遅れたこともあったが、連勝した4、5走前のような反応がなかったのは気がかり。

 

【レース後のコメント】

1着 ドリームスイーブル
丸野勝虎騎手
……勝てて嬉しいです。前走は5頭立てで好位から行けたけど、今回は中団以降になるのは想定していました。道中の手応えもよかったので、あとは相手の出方を見ながら仕掛けるだけでした。中長距離が合っていそうだし、今後が楽しみです。
笹野博司調教師……追い切りではビップレイジングを相手に先着していたし、調子は前走以上だと思っていました。距離延長も良かったみたいですね。まだ今後のプランは考えていないけど、地元の3歳戦を使って、来年の地元の重賞というのが基本線かな。