• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2016年度

 

名古屋・第4回 梅桜賞(SPⅡ)

 

 2017年01月31日23回名古屋2日10R サラ系3歳・牝馬・オープン・SPⅡ 稍重 1800m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

12

ヤマミダンス

金沢

54.0

青柳正

469

2.00.2

 

1

2着

3

スターレーン

兵庫

54.0

岡部誠

414

2.01.3

5

2

3着

1

スダチチャン

兵庫

54.0

大山真

408

2.01.7

2

6

4着

6

クインザドリーム

名古屋

54.0

戸部尚

394

2.02.2

2 1/2

4

5着

10

ハリアー

笠松

54.0

筒井勇

442

2.02.4

1 1/2

8

6着

9

カツゲキマドンナ

名古屋

54.0

木之前葵

438

2.02.6

1

3

7着

4

ビックアマゾネス

兵庫

54.0

永島太

489

2.02.8

1 1/2

11

8着

2

ユミハリヅキ

名古屋

54.0

大畑雅

493

2.03.2

2

7

9着

7

シュヴァルミニョン

名古屋

54.0

宇都英

408

2.03.4

1

12

10着

8

ブレードクィーン

名古屋

54.0

柿原翔

441

2.04.1

3

10

11着

5

メモリーミラクル

名古屋

54.0

友森翔

467

2.05.1

5

5

12着

11

デッラサルーテ

名古屋

54.0

山田祥

451

2.07.5

大差

9

 

【短評】 1着 ヤマミダンス……すぐ内のデッラサルーテがハナに固執したので、無理をせず2番手から。いつもはハミをかんでしまうとのことだったが今日は道中もハミが抜けて、心配された折り合いもばっちりついた。3角あたりではただ1頭、余裕の手ごたえ。ソラを使ってしまう癖から最後までしっかり追われたが、能力の違いを見せる勝ち方だった。 2着 スターレーン……好位の内めをロスなく追走。ベストのレース運びだろうが、勝ち馬に並ぶところまでは至らず完敗といった内容。 3着 スダチチャン……2着馬と同様にコースロスなく追走。持ち味を発揮しての結果。 4着 クインザドリーム……有力馬を前に見ながら中団を追走。向正面で早めに前を捉えようと“勝ちに行く”競馬を見せたが、最後は脚が上がってしまい4着。それでも何とか地元最先着を果たしたのは評価したい。

 

【レース後のコメント】

1着 ヤマミダンス

中川雅之調教師……脚の出方が思わしくなかった前走時の返し馬と比べると、今回はいくらか持ち直した感じでした。それでも中間の調教でも気力がひと息という時期もあり、そんな状況なのでジョッキーには気合を注入するように指示しました。今日はメンバー的なものやこの馬の底力で勝てたようなもので、まずはホッとしています。金沢は冬期の開催がないぶん、どうしても前倒しで出走させてしまいがちで、心身の成長がそれに対応し切れていないのかもしれませんね。この後はオーナーと相談のうえでローテーションを決めることになりますが、現時点では全く白紙です。まずは本来の調子に戻すことが先決だと思っています。

 

 

笠松・第41回 ゴールドジュニア(SPⅢ)

 

 2017年01月26日18回笠松4日10R サラ系3歳・オープン・SPⅢ 良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

7

セレニティフレア

笠松

54.0

東川公

450

1.43.1

 

5

2着

4

サイレンスミラー

笠松

54.0

筒井勇

462

1.43.4

1 1/2

9

3着

8

セイプレジール

兵庫

56.0

山田雄

469

1.43.7

1 1/2

4

4着

1

グレイトデピュティ

笠松

56.0

島崎和

525

1.43.7

1

5着

2

チェリーシャクナゲ

兵庫

54.0

岡部誠

455

1.43.9

1

7

6着

10

リックマトリックス

笠松

56.0

吉井友

480

1.44.2

1 1/2

6

7着

9

フリーゴーイング

名古屋

56.0

木之前葵

462

1.44.2

3

8着

5

レッドレイジング

笠松

54.0

佐藤友

461

1.44.4

1 1/2

8

9着

6

イスタナ

笠松

54.0

藤原幹

459

1.45.3

4

2

10着

3

スマートアグノス

笠松

54.0

山下雅

411

1.45.8

2 1/2

10

 

【短評】 1着 セレニティフレア……出遅れ。道中は後方のインで馬をなだめながらの追走。3角手前からゴーサインが出されると1頭だけ違う脚いろで伸びて4角で先頭集団に取り付き、直線でもしっかりのびて快勝。多少展開が向いたにしても強い内容だった。 2着 サイレンスミラー……テンにおっつけながらコーナーワークで2番手の外という好ポジションをゲット。3番手の馬に圧力をかけられながら前を追ったぶん速い流れになってしまったが、先頭に立ってからもしぶとく食い下がった。今後もすんなり先行ならそこそこやれそう。 3着 セイプレジール……枠の差で内2頭を先にやって外の3番手。いい手応えで進んでいるように見えたが、直線を向いてからは伸びが止まってしまった。見た目以上に掛かり気味だったのか、現状では多少距離に壁があるかのどちらかだろう。

 

【レース後のコメント】

1着 セレニティフレア
東川公則騎手
……出遅れてしまったけど、息の長い脚を使ってくれたね。勝負どころで馬群が縦長になってコースロスがかったのも良かったかな。今日の走りなら距離もこなしてくれそうだから、今後が楽しみだね。
後藤正義調教師……状態は変わらず順調に来ていました。これまでとは相手が違ったから出遅れた時は厳しいかなと思ったけど、よく勝ってくれたね。まだ今後は未定だけど今日の走りなら他地区に行っても頑張ってくれるんじゃないかな。
 

 

 

名古屋・第19回 新春ペガサスカップ(SPⅠ)

 

 2017年01月17日22回名古屋2日10R サラ系3歳・オープン・SPⅠ 重 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

3

クインザドリーム

名古屋

54.0

戸部尚

398

1.46.1

 

8

2着

11

ドリームズライン

名古屋

56.0

大畑雅

469

1.46.2

1/2

3

3着

10

メモリーミラクル

名古屋

54.0

友森翔

469

1.46.3

2

4着

7

ブレードクィーン

名古屋

54.0

柿原翔

439

1.46.8

2 1/2

11

5着

2

デッラサルーテ

名古屋

54.0

山田祥

446

1.47.1

1 1/2

6

6着

12

サザンオールスター

名古屋

56.0

吉井友

452

1.47.3

3/4

5

7着

6

マルヨアキト

笠松

56.0

東川公

478

1.47.3

4

8着

4

フリーゴーイング

名古屋

56.0

木之前葵

460

1.47.5

1 1/2

1

9着

8

ルリカラクサ

名古屋

54.0

今井貴

449

1.47.8

1 1/2

9

10着

9

ヤコウレッシャ

名古屋

56.0

岡部誠

494

1.48.1

1 1/2

7

11着

5

シュヴァルミニョン

名古屋

54.0

宇都英

407

1.48.6

2 1/2

12

12着

1

キリキリマイヒメ

名古屋

54.0

丸野勝

479

1.49.7

5

10

 

【短評】 1着 クインザドリーム……前走と同様に末脚勝負に徹し、道中はじっくり待機。上りがかかる流れで展開が向いた点は否めぬが、勝負どころの行きっぷりは2着馬より遥かに上回り、なかなかの切れ味。豪快に差し切る。 2着 ドリームズライン……向正からじわじわと動き息の長い脚を使ったが、もうワンパンチ足りぬ動き。勝ち馬とは瞬発力の差か。 3着 メモリーミラクル……14-14の上り。ハイペースで厳しい流れになったとこを考えれば悪くない。上位2頭と遜色ないレース内容。
 

【レース後のコメント】

1着 クインザドリーム
戸部尚実騎手
……これで4戦目のレースですが、小さな馬でもしっかりとした競馬ができる馬です。レースの前半はイメージ通りの競馬ができましたた。ただ、向正面で仕掛けたときにちょっとズブさをみせましたね。それでも4コーナーでは手応えよく、前の馬の脚いろが鈍っていたので突き抜けられると思いました。距離はもっと延ばしても大丈夫で、東海ダービーが楽しみになりましたね。きょうは応援ありがとうございました。
 

 

 

笠松・第22回 白銀争覇(SPⅢ)

 

 2017年01月12日17回笠松4日10R サラ系4歳以上・オープン・SPⅢ 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

3

ランドクイーン

兵庫

55.0

佐藤友

487

1.26.5

 

2

2着

10

メモリージルバ

名古屋

57.0

友森翔

474

1.26.9

2

3

3着

5

オグリタイム

笠松

57.0

筒井勇

465

1.27.2

1 1/2

7

4着

9

ホッコージョイフル

笠松

57.0

吉井友

522

1.27.2

9

5着

7

バニスター

金沢

57.0

瀧川寿

548

1.27.3

5

6着

6

スリーネルソン

名古屋

57.0

加藤聡

485

1.28.1

4

4

7着

4

トキノベラトリクス

笠松

55.0

森島貴

454

1.28.2

1/2

8

8着

1

エイシンアトロポス

兵庫

55.0

田中学

491

1.28.3

1/2

1

9着

8

ヒカルカミヒコーキ

金沢

57.0

岡部誠

489

1.28.4

3/4

6

10着

2

カロッサル

笠松

57.0

島崎和

493

1.32.4

大差

10

 

【短評】 1着 ランドクイーン……内の馬を行かせて楽々と2番手をキープ。折り合いもきっちりついて、抜群の手応えで4コーナーへ。直線でも後続を寄せ付けることなく着差以上に強い内容。今日のレースぶりならモマれなければ逃げなくても競馬はできそうで、視界はグン広がった。 2着 メモリージルバ……大外枠でもあるし、快速馬が多かったこともあり道中は中団から。相手が強かったのとコースロスもあり、直線では脚いろが同じになってしまったが、向正面から自力でグイグイ伸びてきた脚は高く評価できる。 3着 オグリタイム……少しテンにおっつけたが、他の馬が速いとみるや無理せず後方待機で脚をタメる作戦に。さすがにそれでは勝ち負けまでは厳しかったが、直線ではしっかり差してきた。現状ではもう少し距離があった方がいいかも。

 

【レース後のコメント】

1着 ランドクイーン
佐藤友則騎手
……勝って当然の馬と思ってきたので、ホッとしています。返し馬から大人しくてとても乗りやすかったです。逃げて勝ってきた馬なので2番手でどうかと思いましたが、全く問題なかったです。本当に強い馬ですね。
盛本信春調教師……逃げないと本来の力が発揮できない事が多かったのですが、佐藤騎手がうまく乗ってくれましたね。日程が詰まっていたせいか、普段よりは大人しいかなと思っていましたが、それがいい方向に出たかもしれません。
 

 

 

名古屋・ 名古屋市長杯 第20回 名古屋記念(SPⅠ)

 

 2017年01月03日21回名古屋3日10R サラ系3歳以上・オープン・SPⅠ 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

3

カツゲキキトキト

名古屋

57.0

大畑雅

508

1.28.7

 

1

2着

1

ヴェリテ

名古屋

56.0

柿原翔

483

1.29.0

1 1/2

3

3着

9

ゴールドブラザー

名古屋

55.0

戸部尚

507

1.29.3

1 1/2

4

4着

5

ハナノパレード

名古屋

54.0

木之前葵

492

1.30.0

3

7

5着

2

オンワードハドソン

名古屋

53.0

丸野勝

492

1.30.4

2

5

6着

4

ワールドエンド

名古屋

55.0

岡部誠

539

1.30.4

2

7着

8

アカデミックドレス

名古屋

55.0

村上弘

478

1.30.9

2 1/2

6

8着

6

イワクラギンガ

名古屋

55.0

今井貴

470

1.31.4

2 1/2

8

 取消

7

トップフライアー

名古屋

54.0

加藤誓

 

左前挫跖 

出走取消

 

 

【短評】 1着 カツゲキキトキト……発馬が甘く内に包まれるかというピンチはあったが、同厩舎のイワクラギンガが外にいたことが幸い。1角でうまく外へ出せた。スローで前が楽をしていとこともあり、先頭に立つまでに苦労したが、そこは力の違いでねじ伏せた。 2着 ヴェリテ……インで自分のレースとはいかなかったが、うまく折り合いスムーズに追走。3角からスルスルと押し上げ、4角ではうまく外めへ。完璧なレース運び。 3着 ゴールドブラザー……遅い流れにうまく乗りレース運びは申し分なくとも伸びずバテず。決め手の甘い弱点が出る。
 

【レース後のコメント】

1着 カツゲキキトキト

大畑雅章騎手……長い距離を使ったあとの1400m戦だったので、出脚はつきませんでした。ただ、指示通りの外めを回れば勝てると思っていたので、プランどおりです。4頭目になりましたが、特に問題はなかったですね。次は2月の佐賀記念に向かいます。今年は中央馬相手に重賞を勝つことが目標です。次も頑張りますよ
 

 

 

名古屋・ 競馬エース賞 第56回 新春盃(SPⅡ)

 

 2017年01月02日21回名古屋2日10R サラ系3歳以上・オープン・SPⅡ 良 1800m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

10

ワンダフルタイム

名古屋

54.0

宇都英

448

1.58.9

 

6

2着

9

ピースフルリバティ

名古屋

56.0

柿原翔

517

1.59.5

3

9

3着

3

ケントリュウコウ

名古屋

56.0

今井貴

503

1.59.5

5

4着

5

ラヴァリーオステル

名古屋

56.0

大畑雅

530

1.59.6

1/2

7

5着

8

ゴールドピューマ

名古屋

56.0

加藤聡

503

1.59.7

8

6着

2

ニホンピロマイティ

名古屋

56.0

丹羽克

469

1.59.9

3/4

3

7着

4

ディーセントワーク

笠松

56.0

岡部誠

494

2.00.1

1 1/2

2

8着

6

キタノアドラーブル

笠松

54.0

木之前葵

424

2.01.0

4

1

9着

7

ドニゼッティ

名古屋

56.0

宮下瞳

468

2.01.3

1 1/2

10

10着

1

キクノレヨン

名古屋

54.0

戸部尚

470

2.01.4

4

 

【短評】 1着 ワンダフルタイム……久びさ。勝ち馬にピッタリマークされた前走とは違い淡々としたペース。勝負どころで押し上げる馬も現れず、まんまと逃げ切る。体調の裏付けがあってこそだが、宇都騎手の絶妙な逃げにも助けられたか。 2着 ピースフルリバティ……外枠ということでガンガン仕掛け好位に取り付いたのが奏功。最後は伸びあぐね、完敗といった内容でも後に向けきっかけは得たレース内容だった。 3着 ケントリュウコウ……2年前の覇者。レースは絶好の位置を追走するなど完璧に運べたが、最後は前の2頭とほぼ同じ脚いろになり3着まで。

 

【レース後のコメント】

1着 ワンダフルタイム
宇都英樹騎手
……最初のコーナーまでにそれほど仕掛けずにハナを奪えたのが大きかったですね。その後はマイペースで運ぶことを心掛けて、うまくいったように思います。距離は少し長いかなと思っていましたけど、今日は馬自身が頑張ってくれました。僕自身、久しぶりの重賞を勝つことができて嬉しいです。
角田輝也調教師……宇都騎手がスタートからうまく運んでくれましたね。ただ、2番手にピースフルリバティがつけてきた時には厄介だなと思っていました。1800mはいくぶん長いかなと思っていましたけど、今日はよく辛抱してくれましたね。体質に弱いところがある馬ですが、担当の加藤調教補佐、宇都騎手をはじめスタッフが賢明に手をかけてくれたお陰です。

 

2着 ピースフルリバティ

柿原翔騎手……ここ最近、成績は上がっていなかったけど、元々冬場に調子を上げてくる馬だし、力的にはこれぐらい走れて当然。あと今日はスタートからガツンと気合いをつけて乗ったのも、この馬には合ってるのかもしれないね。



 

 

名古屋・第19回 尾張名古屋杯(SPⅡ)

 

 2017年01月01日21回名古屋1日11R サラ系クラス混合・SPⅡ 良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

6

カツゲキライデン

名古屋

57.0

木之前葵

466

1.43.5

 

3

2着

11

サンデンバロン

名古屋

55.0

丹羽克

464

1.43.6

1/2

2

3着

10

サンライズフレンチ

名古屋

55.0

大畑雅

519

1.43.7

4

4着

1

キクノセントロ

名古屋

57.0

戸部尚

492

1.44.7

5

1

5着

7

エーシンフルハウス

名古屋

55.0

村上弘

486

1.45.0

1 1/2

7

6着

3

アルファメール

名古屋

57.0

柿原翔

507

1.45.0

10

7着

2

メイショウウララカ

名古屋

51.0

加藤聡

423

1.45.3

1 1/2

9

8着

5

アンバーナイト

笠松

53.0

佐藤友

497

1.45.4

1/2

5

9着

4

サマーサラファン

名古屋

55.0

丸野勝

441

1.45.7

1 1/2

6

10着

9

ティアモブリーオ

名古屋

57.0

岡部誠

447

1.46.8

5

11

11着

8

マイネルバンケット

名古屋

55.0

加藤誓

473

1.48.3

7

8

 

【短評】 1着 カツゲキライデン……じわっと出て好位置をキープ。かなり速いペースが逆に幸いしたようで、うまく折り合えたし2角でインからするすると2番手に。楽勝とはいかないまでも、力の一端を見せる内容。 2着 サンデンバロン……なだめながらも例によって行きたがり自ら速いペースに。道中はピッタリとマークされたこともあるが、いつもどおりのレース内容。 3着 サンライズフレンチ……ペースを考えれば悪くない位置取りでも伸びずバテず。流れ込んだ程度。

 

【レース後のコメント】

1着 カツゲキライデン

錦見勇夫調教師……早い段階で入厩していたから仕上がりは上々。力を存分に発揮してくれたね。レースはスタートでちょっと接触があったので心配したが、その後はスムーズ。速い流れがかえってよかったみたいで折り合っていたからね。いい競馬をしてくれた。今後が楽しみになったね。