• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2016年度

 

 

笠松・第45回 東海ゴールドカップ(SPⅠ)

 

 2016年12月31日16回笠松5日10R サラ系・オープン・SPⅠ 良 1900m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

2

アサクサポイント

名古屋

54.0

大畑雅

492

2.03.9

 

1

2着

8

オグリタイム

笠松

55.0

筒井勇

463

2.04.5

3

5

3着

6

ナムラカグヤヒメ

笠松

53.0

佐藤友

472

2.04.6

1/2

3

4着

5

メモリージルバ

名古屋

56.0

友森翔

470

2.04.7

3/4

2

5着

4

ヴェリイブライト

名古屋

56.0

加藤聡

498

2.04.8

3/4

4

6着

9

キングスクルーザー

笠松

54.0

岡部誠

469

2.05.7

4

7

7着

10

ディアジースター

笠松

54.0

丸野勝

476

2.05.7

9

8着

7

ジャックポット

笠松

54.0

東川公

499

2.06.4

3

8

9着

3

ビービーガザリアス

笠松

55.0

水野翔

496

2.06.6

1 1/2

10

10着

1

サンマルバクシン

笠松

55.0

高木健

454

2.07.3

3

6


【短評】 1着 アサクサポイント……スタートで立ち遅れて最後方からの競馬となったが、テンの4ハロン52秒7というスローペースを向正面から一気にマクッて勝利。ここでは力が違うと思わせる内容で、今後の活躍が実に楽しみ。 2着 オグリタイム……前走とは一転して好スタートを決め、今日は好位3番手からの競馬。自身の力を発揮できた一戦で、やはり距離もこれぐらいが合いそうな印象。 3着 ナムラカグヤヒメ……逃げたサンマルバクシンが早々にバテてしまい、3コーナー過ぎには先頭へ。勝ち馬に一気にマクられ厳しい展開となったが、3着に粘ったのは力のある証拠か。

 

【レース後のコメント】

1着 アサクサポイント

大畑雅章騎手……スタートで後手を踏んで正直ヒヤッとしましたが、あせらず馬の力を信じて騎乗しました。内が深くて追い込みが決まる馬場とは思っていましたが、本当に強かったですよね。一枚も二枚も力が違うと感じる勝ちっぷりでしたし、今後が本当に楽しみです。
今津博之調教師……やはり距離が延びるとこの馬の強さが引き出されましたね。前走も強いと思わせる内容でしたが、今日もまたいい勝ちっぷりだったと思います。先々の大目標は名古屋大賞典(JpnⅢ)ですが、まずは2月の梅見月杯(SPⅠ)でしっかり結果を出したいです。園田からも強い馬がやってくるでしょうし、そこで結果を出して弾みをつけていきたいですね。
 

 

 

 

笠松・第20回 ライデンリーダー記念(SPⅠ)

 

 2016年12月30日16回笠松4日10R サラ系2歳・牝馬・オープン・SPⅠ 良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

4

イスタナ

笠松

54.0

岡部誠

462

1.45.1

 

2

2着

1

メモリーミラクル

名古屋

54.0

友森翔

472

1.45.2

1/2

3

3着

6

ハリアー

笠松

54.0

筒井勇

445

1.45.3

7

4着

10

ハローマイダーリン

笠松

54.0

吉井友

420

1.45.7

2

1

5着

2

カツゲキマドンナ

名古屋

54.0

大畑雅

447

1.45.9

1

4

6着

8

カサマツブライト

笠松

54.0

佐藤友

451

1.47.0

5

5

7着

3

スマートアグノス

笠松

54.0

山下雅

412

1.47.1

1/2

10

8着

9

レッドレイジング

笠松

54.0

丸野勝

466

1.47.3

1 1/2

6

9着

7

サイレンスミラー

笠松

54.0

島崎和

461

1.50.5

大差

9

10着

5

メモリーロイヤル

笠松

54.0

向山牧

438

1.51.0

2 1/2

8

 

【短評】 1着 イスタナ……少しフワッとしたスタート。その後は折り合いに専念して中団の後ろから。スローペースの中、向正面に入るとすぐにスパートを開始。粘る2着馬、遅れて差してきた3着馬を振り切って力強く押し切った。 2着 メモリーミラクル……テンに少し押して、コーナーワークを生かしハナへ。最初のコーナーを回ると早々にマイペースに持ち込めた。マクってきた勝ち馬に合わせて4コーナーまでは先頭を確保したが、叩き合いで屈した。 3着 ハリアー……スタートから道中にかけては、無駄脚を使わず後方のインで脚をタメていた。勝負どころで一気にレースが動いた時もインにいて、流れに乗り遅れたがその分末脚は切れた印象もある。


【レース後のコメント】

1着 イスタナ

岡部誠騎手……もっと張り切っちゃうかと心配したけど、返し馬から落ち着きがあった。全体的にフワッとした感じだったけど、今日はそれがいい方向に出たね。ほかの馬が仕掛けると外を回らされるから、手ごたえもあったし早めでも先にマクりました。馬体もしっかりしていた乗りやすい馬。先々が楽しみ。
加藤幸保調教師……ここへきてカイ食いが良くなってました。そのぶん、前走より体調も良かったと思います。今日は落ち着きもありましたね。順調なら次は地元のゴールドジュニアを目標にしたいです。 

 

 

 

名古屋・第16回 名古屋グランプリ(JpnⅡ)

 

 2016年12月15日19回名古屋3日11R サラ系3歳以上・オープン・JpnⅡ 重 2500m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

6

アムールブリエ

栗東

55.0

ルメール

502

2.41.7

 

2

2着

3

ケイティブレイブ

栗東

55.0

武豊

501

2.42.4

3

1

3着

12

カツゲキキトキト

名古屋

54.0

大畑雅

510

2.43.5

5

7

4着

8

モズライジン

栗東

56.0

Mデムー

488

2.44.0

2 1/2

3

5着

1

ストロングサウザー

美浦

56.0

田辺裕

474

2.44.9

4

4

6着

7

メイショウヒコボシ

栗東

56.0

川田将

540

2.45.3

2

6

7着

4

ユーロビート

大井

56.0

吉原寛

545

2.46.6

6

5

8着

11

ヴィルトグラーフ

佐賀

56.0

田中純

519

2.49.2

大差

8

9着

2

リワードレブロン

高知

56.0

永森大

488

2.49.2

9

10着

9

アップアンカー

名古屋

56.0

佐藤友

510

2.49.9

3

10

11着

5

ケントリュウコウ

名古屋

56.0

加藤誓

503

2.55.5

大差

11

12着

10

トゥルーカラーズ

高知

54.0

倉兼育

409

2.57.3

9

12

 

【短評】 1着 アムールブリエ……すんなり2番手で折り合って追走。2周めの向正面あたりではやや反応が悪くなり、逃げるケイティブレイブに置かれ気味になったが、じわじわと盛り返し4角手前では射程圏。4角では脚いろが勝り勝負あり。直線はさらに引き離し、見事にグランプリ連覇を達成。引退に自ら花を添えた。 2着 ケイティブレイブ……スッと先手を取りマイペース。残り3ハロンあたりからペースをじわじわと上げ引き離しにかかり絶妙はペース配分。3角あたりでは逃げ切りかという行きっぷりだったが、やや太目に映った馬体が影響したのか、最後は失速。 3着 カツゲキキトキト……大外枠スタートだったことで1角は外々を回らされる展開になったが、馬群がバラけた1周目向正面ではインに入れることができ、その後はうまく折り合って追走。4着のモズライジンが折り合いを欠き大味な競馬になったこともこの馬にとっては幸いしたが、それにしても3着確保は立派。名古屋№1をあらためて印象付けたとともに、来年の活躍がますます楽しみになった。
 

【レース後のコメント】

1着 アムールブリエ

クリストフ・ルメール騎手……いいスタートが切れましたね。いいポジションもとれました。あとは乗りやすかったです。彼女(アムールブリエ)はいい経験もあるし、スタミナもある。2500mは合いますね。ユタカさん、ペースよく分かっていますから2、3馬身離れてついていきました。3コーナーで少し離れましたが、ダイジョウブでしたよ。4コーナーでは反応もよくて、勝てると思いました。今日、彼女引退レースだったから、勝ててとてもうれしい。ボクもヴァーミリアン以来、10年ぶりの名古屋グランプリ制覇ですね。アリガトウゴザイマシタ。
 

 

 

笠松・JRA認定競走 第3回 ジュニアキング(岐阜県知事杯)

 

 2016年12月07日15回笠松2日10R サラ系2歳・オープン・JRA認定・P 良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

10

マルヨアキト

笠松

55.0

東川公

478

1.42.7

 

4

2着

9

ハローマイダーリン

笠松

55.0

佐藤友

418

1.43.4

3

1

3着

7

イスタナ

笠松

54.0

大畑雅

457

1.43.5

1/2

2

4着

5

クマリ

笠松

54.0

向山牧

383

1.44.1

3

9

5着

1

キングレイジング

笠松

56.0

岡部誠

471

1.44.3

1

3

6着

8

シグラップサビーネ

笠松

54.0

丸野勝

457

1.44.5

3/4

6

7着

4

ルビージェニファー

笠松

54.0

吉井友

428

1.45.1

3

8

8着

2

カヤク

笠松

55.0

水野翔

471

1.45.5

2

7

9着

6

スマートアグノス

笠松

54.0

山下雅

410

1.45.5

10

10着

3

サイレンスミラー

笠松

54.0

島崎和

462

1.45.6

3/4

5

 

【短評】 1着 マルヨアキト……外め3番手で先行。イスタナにプレッシャーをかけつつの競馬で、持ち前のしぶとさをフルに発揮。今日はいつになく強さが際立っていた。 2着 ハローマイダーリン……勝ち馬を負かすほどの脚色はなかったが、中団からじわじわ伸びて連を確保。本来の出来がなかったとはいえ、地力は証明できたか。 3着 イスタナ……少し行きたがる面はあったが、絶好2番手からの競馬。終始、勝ち馬にマークされていたものの、自身の力を発揮できていた中での敗戦だ。
 

【レース後のコメント】

1着 マルヨアキト

東川公則騎手……うまく折り合いがついていましたし、いい位置取りから競馬ができましたね。道中はイスタナをマークする形で向正面から思い切って仕掛けていきましたが、思惑通りに展開も向いてくれたと思います。今回はじめてこの馬に騎乗させてもらいましたが、古馬を思わせる雰囲気がありますし、将来性十分といった素材ですよ。
柴田高志調教師……チャンスとみていた前走にしても勝ちきれなかったからね。最後の最後にようやく認定馬になれてホッとしているよ。距離にも高い適性を感じたし、これがこの馬本来の強さだろう。今後の予定はまだ決まってないけど、素質があるのは間違いないからね。このまま勢いに乗っていけるように頑張りたい。