• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2016年度

 

名古屋・未来優駿2016 第55回 ゴールドウィング賞(SPⅠ)

 

 2016年10月20日15回名古屋3日11R サラ系2歳・オープン・SPⅠ 良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

5

ミトノリバー

名古屋

54.0

岡部誠

423

1.43.8

 

1

2着

8

ハーバーフライト

名古屋

54.0

丸野勝

454

1.44.3

2 1/2

2

3着

11

ハローマイダーリン

笠松

54.0

佐藤友

422

1.44.6

1 1/2

3

4着

9

サザンオールスター

名古屋

55.0

今井貴

437

1.45.3

3

7

5着

1

カワナ

名古屋

55.0

柿原翔

491

1.45.4

1/2

6

6着

2

カツゲキマドンナ

名古屋

54.0

大畑雅

453

1.45.7

1 1/2

5

7着

7

マルヨアキト

笠松

55.0

藤原幹

472

1.45.8

4

8着

4

リンゴチャン

名古屋

54.0

友森翔

400

1.46.1

1 1/2

8

9着

6

スマートアグノス

笠松

54.0

吉井友

405

1.46.8

3

9

10着

12

ビックヒバリ

名古屋

54.0

東川公

455

1.49.0

大差

12

11着

10

オウケンラブ

名古屋

54.0

木之前葵

421

1.49.2

1 1/2

11

12着

3

イチジンノカゼ

名古屋

54.0

宮下瞳

431

1.50.0

4

10

 

【短評】 1着 ミトノリバー……ビックヒバリやサザンオールスターなどが待機策をとったことで楽に先手。道中も淡々と進みマイペースが叶ったことが大きい。1番人気に応える危なげない勝ちっぷり。 2着 ハーバーフライト……すんなりと2番手。勝ち馬と同様に楽なレース運びができ持ち味を出し切れたものの、前に並ぶまでは至らず完敗といった内容。 3着 ハローマイダーリン……差し馬では最先着。ゴール前の伸び脚は上位2頭よりも勝っていた。展開に泣いた格好。 4着 サザンオールスター……好スタートを切ったが、ちょうどミトノリバー、ハーバーフライトと同じ並びになってしまい、一度も内に入れられずに終始3番手外々を回らされた。力強い脚運びや4角でカワナに完全に交わされながらもしぶとく食い下がり差し返した根性など随所に素質の片鱗は見られたし、今後も注目したい素材だ。

 

【レース後のコメント】

1着 ミトノリバー

岡部誠騎手……スタートが速かったので、そのまま行っちゃいました。道中の感触も良かったですからね。ただ、ゴール前では着差はありましたが甘さを見せてしまったので、今後は距離延長への対応が鍵です。強い調教には耐えられる馬なので、鍛えていきたいですね。

 

 

 

笠松・第40回 岐阜金賞(SPⅠ)

 

 2016年10月14日11回笠松4日10R サラ系3歳・オープン・SPⅠ 良 1900m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

5

エイシンニシパ

兵庫

56.0

吉村智

504

2.04.1

 

1

2着

8

アドルナメンテ

笠松

54.0

向山牧

446

2.04.7

3

2

3着

10

セブンサムライ

笠松

56.0

大塚研

456

2.05.1

2

3

4着

3

メディタレーニアン

笠松

56.0

丸野勝

453

2.05.3

1

8

5着

7

ヘイハチハピネス

笠松

54.0

藤原幹

449

2.05.5

1 1/2

4

6着

4

キタノアドラーブル

笠松

54.0

大畑雅

422

2.05.8

1 1/2

6

7着

6

ハイジャ

笠松

56.0

佐藤友

468

2.06.1

1 1/2

7

8着

1

オレカーニバル

金沢

56.0

青柳正

467

2.06.4

1 1/2

5

9着

2

カワカミティアラ

笠松

54.0

東川公

501

2.08.0

8

9

10着

9

クラルテアンジュ

金沢

54.0

松戸政

459

2.08.5

2 1/2

10

 
【短評】 1着 エイシンニシパ……好スタートを決めて教科書通り2番手からの競馬。終始、余裕の手ごたえで4コーナーを迎え、仕掛けると後続をグイグイ引き離して堂々の1着。文句なしの完勝だ。 2着 アドルナメンテ……スタートは出たなりで後方から。末脚に徹した騎乗で向正面から仕掛けると一気にマクッて連を確保。転入初戦で手探りの面はあったが、ダートも問題なく今後が楽しみ。 3着 セブンサムライ……パドックでイレ込んでこともあり、道中行きたがる面も。そんな中で崩れなかったのは成長の証しで、たらればだが距離が1400mや1600mならもっと際どくなっていたか。

 

【レース後のコメント】

1着 エイシンニシパ

吉村智洋騎手……自分で言うのもアレなんですけど、パドックの中で自分の馬が一番よく見えましたし、返し馬の感触ももの凄く良かったですからね。これはイケると思いました。実際レースではハナに行こうと思えば行けましたが、ハイジャが相手なら問題ないと思いましたし、4コーナーまでずっと手ごたえが良かったですからね。なかなか強い勝ちっぷりだったと思います。もっともっと大きなところでも活躍できる馬だと思いますし、これからも応援よろしくお願いします。
橋本忠男調教師……カツゲキキトキトがいませんでしたし、これは負けられないと思って臨みました。前走後はここ1本にしぼって調整してきましたし、状態の方も前走時とは雲泥の差で良かったですから結果に繋がりましたね。遠征しても本当に大人しくて物怖じしませんし、そういったタイプですから安心して見てられます。中距離を得意とするのもそういう理由もあるのでしょう。今後はまだはっきりとは決まっていませんが、どんどん古馬にもぶつけていく予定でいます。先々が本当に楽しみな馬ですよ。

 

 

 

笠松・JRA認定競走 第44回 ジュニアクラウン(P)

 

 2016年10月11日11回笠松1日9R サラ系2歳・オープン・P 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

1

キングレイジング

笠松

55.0

藤原幹

461

1.29.0

 

1

2着

4

ハローマイダーリン

笠松

55.0

筒井勇

425

1.29.1

1/2

5

3着

6

インディーゴ

笠松

54.0

東川公

416

1.30.1

5

8

4着

10

レッドレイジング

笠松

55.0

丸野勝

466

1.30.2

2

5着

9

スマートアグノス

笠松

54.0

岡部誠

411

1.30.3

1/2

6

6着

8

ハリアー

笠松

55.0

大畑雅

450

1.30.5

1

4

7着

5

ストラグル

笠松

54.0

丸山真

427

1.30.9

2

10

8着

7

サイレンスミラー

笠松

54.0

島崎和

462

1.31.0

1/2

3

9着

3

カサマツブライト

笠松

54.0

佐藤友

429

1.31.4

2

7

10着

2

シグラップサビーネ

笠松

54.0

吉井友

452

1.31.6

1 1/2

9

 

【短評】 1着 キングレイジング……スタートは決して速くなかったが、二の脚をきかせてうまく2番手の外をキープ。逃げ馬をぴったりマークして4角先頭。ゴール前は詰め寄られたが、バテることなくしっかり踏ん張った。掛かる感じがなくコンスタントに力を発揮できそうなタイプだ。 2着 ハローマイダーリン……道中は中団の外からの追走でかなり距離ロスがあった。それでも3角手前からじわじわと前へ接近。シャープに切れる脚ではなかったものの、息の長い末脚を駆使して勝ち馬に肉薄した。内容はこの馬が一番濃かったかも。 3着 インディーゴ……スタートひと息で後方から。必死の追走ではあったが、鞍上のムチに応えて徐々にポジションアップ。離れた3着争いとはいえ、あの位置からよく馬券圏内にこれた。派手さはないが距離延長で今後さらなる前進が期待できる。

 

【レース後のコメント】

1着 キングレイジング
藤原幹生騎手
……普段はボーッとしたところがある馬だけど、レースに行くと素直に反応してくれる。今日は隣の枠が同厩舎でスタート後に締められなかったのが幸いして2番手に行けたのが大きかった。まだ負けていないし、体調的にも上積みが期待できるから今後が楽しみ。
笹野博司調教師……ソラを使う面があって早めに先頭に立たない競馬が合っている。前走を使って気合乗りもアップしていたし、絞れたぶん体調面は上積みがあったと思う。まだ次走は未定ですが、遠征も視野に入れていきたいですね。