• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2016年度

 

笠松・第43回 オータムカップ(SPⅡ)

 

 2016年09月28日10回笠松2日10R サラ系3歳以上・オープン・SPⅡ 重 1900m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

6

サウスウインド

兵庫

57.0

赤岡修

458

2.02.1

 

2

2着

10

ベルライン

名古屋

55.0

丸野勝

480

2.02.3

1 1/2

6

3着

3

ジャングルスマイル

金沢

57.0

田知弘

492

2.02.9

3

3

4着

2

エイシンイースト

兵庫

57.0

木村健

484

2.03.5

3

1

5着

9

メモリージルバ

名古屋

57.0

藤原良

471

2.03.5

4

6着

1

プリンシペアスール

笠松

57.0

岡部誠

480

2.04.2

3

8

7着

4

ジャーサンプラーン

笠松

55.0

東川公

447

2.04.3

1/2

10

8着

5

スタンドアウト

笠松

57.0

藤原幹

457

2.04.6

1 1/2

9

9着

8

アイナ

金沢

55.0

瀧川寿

442

2.04.8

1

7

10着

7

クワイアーソウル

笠松

57.0

佐藤友

502

2.05.5

3

5

 

【短評】 1着 サウスウインド……テンに少し押して3番手の外を追走。ペースが落ちてからもピタリと折り合いがついていた。先行2頭の脚いろをうかがいながら3角からスパートして4角で先頭へ並びかけた。豪快に切れる印象はないが着差以上に強く、小回りの中、長距離で活躍しているのもうなずける内容だった。 2着 ベルライン……ゲートを出た瞬間に半馬身ほどリードする好発を決め、ハナは譲らないといった気迫で先頭へ。その後は一気にペースを落として楽な流れで運べたし、先行有利な馬場も味方したが、強敵相手にゴールまでしぶとく粘れたのは評価できる。 3着 ジャングルスマイル……逃げ馬との競りを避け、サッと2番手に控えて外へ切り替え淡々と流れに乗れた。特に大きな不利は見られなかっただけに、今日のところは先着2頭に完敗といったところか。

 

【レース後のコメント】

1着 サウスウインド
山口浩幸調教師
……転入初戦になるけど、前ウチにいた時と変わらない雰囲気だった。見た目は少し太いかなと思えたけど、この馬はこれくらいでいい。先行力があって、長い脚が使えてしかも根性も十分と言うところなしのタイプ。この後は選ばれれば姫山菊花賞(10月14日・園田)に使いたいと思っています。
 

 

 

名古屋・第27回 秋の鞍(SPⅠ)

 

 2016年09月19日13回名古屋1日10R サラ系3歳・オープン・SPⅠ 不良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

5

カツゲキキトキト

名古屋

56.0

木之前葵

500

1.43.2

 

1

2着

2

エイシンニシパ

兵庫

56.0

吉村智

502

1.44.0

4

3

3着

9

マイタイザン

兵庫

56.0

杉浦健

504

1.44.3

1 1/2

2

4着

4

ウォーターディル

名古屋

56.0

加藤誓

439

1.44.7

2

10

5着

7

サカジロウィーク

名古屋

56.0

岡部誠

510

1.45.4

3

7

6着

1

エメラルドクイーン

名古屋

54.0

今井貴

435

1.45.9

2 1/2

5

7着

12

チェンジイット

名古屋

54.0

戸部尚

397

1.46.3

2

8

8着

6

マイネルアクティヴ

名古屋

56.0

丸野勝

451

1.47.0

3

9

9着

11

キミノマリア

名古屋

54.0

宇都英

419

1.47.2

1

6

10着

8

ナムラリボン

名古屋

54.0

山田祥

437

1.48.0

4

4

11着

3

スーパーラッド

名古屋

56.0

大畑雅

476

1.49.7

8

12

12着

10

キニナルーイ

名古屋

54.0

佐藤友

460

1.50.3

3

11

 

【短評】 1着 カツゲキキトキト……単勝1.1倍という断然の1番人気。スタートで出遅れ後方からになったが、木之前葵騎手は全く慌てず。このあたりからも自信のほどが伝わってくる騎乗ぶりに思えた。定石どおり2角を回ったあたりから進出を開始。勢いがついてからはエンジンの違いを見せ、圧勝という内容。 2着 エイシンニシパ……出脚は思ったほどではなかったが内めでうまく対応。勝負どころでは勝ち馬との脚いろが違いついて行けない様相で、初対決ながら力量差がはっきり感じられた2着。 3着 マイタイザン……予想外に出脚がなく行きっぷりがひと息。向正面で気合を入れても反応が鈍くエンジンのかかりが遅かったが、それでいて3着に押し上げ能力の一端はみせた。 4着 ウォーターディル……好位をロスなく進め、4角では一旦先頭の見せ場。最後は力差もあり粘り切れなかったが、レースの上手さも示せたし今後の見通しは立った。

 

【レース後のコメント】

1着 カツゲキキトキト

錦見勇夫調教師……出遅れは想定外だったが、そのあとは落ち着いてレースができたかな。これでもう弱いところを使う必要はない。次走は金沢の白山大賞典の予定で乗り役も大畑に戻すことになると思う。
木之前葵騎手……レース前のプランはポンとゲートを出て、レースの流れに乗ることを想定していたのですが、まさか出遅れてしまうとは…。でも、あせってもしょうがないので、序盤はジッと我慢して向正面に入ったら動いていこうと頭を切り替えました。あとは4コーナーで早めに先頭に立つと遊ぶところがあるのでその点だけ注意しました。トレセンに入ってきた当初より馬力も乗って、本当に強くなっていますね。きょうはありがとうございました。これからも名古屋競馬ならびに木之前葵をよろしくお願いします(笑)

 

 

 

笠松・JRA認定競走 第41回 秋風ジュニア(P)

 

 2016年09月09日9回笠松3日10R サラ系2歳・オープン・P 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

10

メモリーロイヤル

笠松

54.0

向山牧

440

1.30.8

 

3

2着

2

マルヨアキト

笠松

55.0

藤原幹

470

1.31.3

2 1/2

2

3着

4

インディーゴ

笠松

54.0

東川公

414

1.31.8

2 1/2

5

4着

3

カサマツブライト

笠松

54.0

佐藤友

434

1.31.8

4

5着

6

レッドレイジング

笠松

54.0

丸野勝

467

1.31.8

1

6着

9

スマートアグノス

笠松

54.0

池田敏

416

1.32.3

2 1/2

7

7着

7

シグラップサビーネ

笠松

54.0

吉井友

445

1.32.8

2 1/2

6

8着

8

サンゴールドスター

笠松

55.0

岡部誠

456

1.33.2

2

8

9着

5

ストラグル

笠松

54.0

島崎和

430

1.33.7

2 1/2

9

 取消

1

ドンドンドン

笠松

55.0

筒井勇

 

右前肢跛行 

 出走取消

 

 

【短評】 1着 メモリーロイヤル……逃げ馬に乗る格好で外枠からすんなり2番手キープ。折り合いもついていたし、教科書通り4角先頭から押し切る危なげない快勝劇だった。 2着 マルヨアキト……勝ち馬とは逆に2枠が災いして終始内に押し込められるような格好。3角では少し置かれ気味になったが鞍上のムチに応えてじわじわ最後まで伸びた。内容のある2着だ。 3着 インディーゴ……外の2頭に叩かれたがうまく切り返して外の3番手へ。そのまま流れ込んでの3着で先着2頭とは力の差を感じたが、小柄な牝馬の割に勝負根性はありそう。

 

【レース後のコメント】

1着 メモリーロイヤル
向山牧騎手
……中間から前走よりは気配はいいなと思っていた。外枠からスムーズな競馬ができたし、道中は折り合いもついて楽なペースで行けた。前走で末脚が確かなことは分かっていたから、4角では何とかなるかなと思ったね。今日の感じなら距離の融通はききそう。これでカイバの食いが良くなってくればさらに楽しみだね。
川嶋弘吉調教師……よく食べる時で普通の馬の8割くらいしか食べない。そのあたりが今後の課題になってくるけど、やっぱりいいモノは持っているね。今後はまだ未定だけど、少し休ませて地元の認定を中心に使って行くことになるかな。

 

 

 

名古屋・GDJ2016 第10回 秋桜(あきざくら)賞(SPⅠ)

 

 2016年09月01日12回名古屋3日11R サラ系3歳以上・牝馬・オープン・SPⅠ 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

6

トーコーヴィーナス

兵庫

56.0

大山真

486

1.29.4

 

1

2着

10

ベルライン

名古屋

56.0

丸野勝

479

1.29.7

1 1/2

9

3着

4

アルカナ

兵庫

56.0

永島太

482

1.29.9

1

5

4着

2

ディアマルコ

高知

54.0

佐原秀

446

1.29.9

2

5着

7

トゥルーカラーズ

名古屋

56.0

岡部誠

419

1.29.9

10

6着

3

イワクラギンガ

名古屋

56.0

今井貴

457

1.30.0

1/2

7

7着

1

タガノトリオンフ

兵庫

56.0

下原理

455

1.30.1

1/2

3

8着

8

オープンベルト

金沢

56.0

吉原寛

477

1.30.4

1 1/2

4

9着

5

エアマデレーン

名古屋

56.0

山田祥

470

1.30.4

8

10着

11

ハナノパレード

名古屋

56.0

大畑雅

490

1.30.5

1/2

6

11着

9

アナザーデイ

名古屋

56.0

加藤聡

460

1.31.6

5

11

 

【短評】 1着 トーコーヴィーナス……ハナに立ち切った後は手綱をがっちり抑えてマイペース。馬場の状態も熟知して外めのコース取り。余裕十分とはいかないまでも危なげない勝ちっぷりで能力の高さを示した。 2着 ベルライン……うまく2番手につけ折り合いもバッチリ。平均ペースで先行有利の流れも味方。 3着 アルカナ……勝負どころで外々。4角も馬群が密集してかなり外を回るハメになるロスがありながら、良く伸びている。展開を考えれば頑張っている。
 

【レース後のコメント】

1着 トーコーヴィーナス
大山真吾騎手
……かなりのメンバーがそろいましたが、力を信じて乗ろうと思っていました。逃げの手は思惑通りで、道中は他馬が来るとハミを取ってくれたので大丈夫かなと思いました。馬の方は楽でも僕は必死でしたけどね。 名古屋では3つめの重賞になりますが、この馬は他場に遠征してもしっかり走ってくれますし、スピードがあって操縦性が高いというのがいいですね。僕自身は初めて名古屋で重賞を勝てましたし、この馬とともにこれからも頑張って、ぜひグランダム・ジャパン女王のタイトルを獲らせてあげたいです。
吉行龍穂調教師……前走(読売レディス杯)の好位からの競馬が、大山君にとってもこの馬にとってもいい経験になっていた気がしますね。この馬はテンに行かせても掛からないのが長所で、きょうは結果的に自分より内の相手を封じ込めることができたのが大きいと思います。大山君も手の内に入れてきたようですね。この後は当初の予定通りに大井のレディスプレリュードへ向かいます。中央馬を負かすのは難しいことですが、地方馬最先着を目指してタイトルを獲得できればと思っています。