• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2016年度

 

笠松・第45回 くろゆり賞(SPⅠ)

 

 2016年08月12日8回笠松2日10R サラ系3歳以上・オープン・SPⅠ 良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

8

サルバドールハクイ

笠松

57.0

東川公

460

1.40.5

 

3

2着

9

ヴェリイブライト

名古屋

57.0

今井貴

485

1.41.1

3

5

3着

1

バズーカ

兵庫

57.0

吉原寛

478

1.41.4

1 1/2

1

4着

10

クワイアーソウル

笠松

57.0

佐藤友

499

1.41.4

6

5着

6

ホッコージョイフル

笠松

57.0

吉井友

509

1.41.8

2

4

6着

3

アラートミノル

笠松

57.0

向山牧

474

1.41.8

8

7着

2

アップアンカー

名古屋

57.0

岡部誠

514

1.41.9

1/2

2

8着

4

アロマベール

名古屋

57.0

宇都英

451

1.42.1

1 1/2

7

9着

5

ビービーガザリアス

笠松

57.0

藤原幹

499

1.42.7

3

9

10着

7

コスモフィナンシェ

笠松

57.0

山下雅

480

1.43.7

5

10

 

【短評】 1着 サルバドールハクイ……きょうはスタートから馬任せにうながす感じでサッと2番手をキープ。スローでも掛かるところがなかったし、4コーナーでの手ごたえも抜群だった。この競馬ができれば、今後もさらに活躍してくれそう。 2着 ヴェリイブライト……体調がいいのか道中はなかなかの行きっぷりで中団を追走し、向正面から自ら仕掛けて長くいい脚を使った。外々回ったコースロス、前残りの流れを考えると上々の内容だ。 3着 バズーカ……スローペースのインで包まれて、行きたがるなどちぐはぐは面があったのは確かだが、結局はじわじわとしか伸びず。岐阜金賞で見せたような爆発力、迫力はなかった。

 

【レース後のコメント】

1着 サルバドールハクイ
東川公則騎手
……やっとこの馬本来の力を出すことができてよかったです。ブリンカーを取ってから行きっぷりがよくなったし、今日は無理に抑えずに前に行くつもりでした。掛かる面もみせなかったし、道中の手ごたえも楽で強かったですね。
伊藤強一調教師……遠征帰りで間隔はなかったけど馬は元気いっぱいで問題はないと思ってました。折り合いに不安がなくなってきたのは大きな収穫で、これなら短距離にこだわらなくてもいいかな。この後は少し休ませるかもだけど、当面の目標は11月の笠松グランプリに置いています。