• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2016年度

 

 

笠松・第40回 クイーンカップ(SPⅢ)

 

 2016年06月29日6回笠松2日10R サラ系3歳・牝馬・オープン・SPⅢ 稍重 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

7

ヘイハチハピネス

笠松

54.0

藤原幹

443

1.41.7

 

3

2着

6

チェンジイット

名古屋

54.0

佐藤友

385

1.41.9

1 1/2

7

3着

9

モズキンボシ

兵庫

54.0

大柿一

453

1.42.0

1/2

5

4着

4

キタノアドラーブル

笠松

54.0

大畑雅

409

1.42.2

1 1/2

2

5着

8

メガホワイティ

笠松

54.0

東川公

449

1.42.5

1 1/2

4

6着

2

シュシュ

金沢

54.0

栗原大

403

1.42.6

3/4

9

7着

1

キタノシャーロット

名古屋

54.0

今井貴

455

1.42.6

1

8着

10

ケイティマーヤ

金沢

54.0

丸野勝

458

1.43.0

2

8

9着

5

ノアナイト

笠松

54.0

向山牧

406

1.44.5

7

6

競走除外

3

ラブミーリバティー

名古屋

54.0

戸部尚

 

左後管挫創 

除外

 

 

【短評】 1着 ヘイハチハピネス……きょうもパドックは早々と切り上げて装鞍所騎乗。バラけた4番手を追走し、坂下では鞍上の手が動きはじめる。苦しくなったかに見えたが、直線で前に取りつくとそこからもうひと伸び。初の一線級相手で強い内容。 2着 チェンジイット……小柄ながらまとまりのある馬体。鞍上がうまくなだめて前2頭の競り合いを見ながら運ぶ。直線で自身もきっちり抜け出したが、きょうは勝ち馬が一枚上手だった。 3着 モズキンボシ……パドックからテンションが高く装鞍所騎乗。いっしょに先行したケイアイマーヤが8着にバテたことを考えるとよく踏ん張ったし、やはり力がある。 7着 キタノシャーロット……スタートから掛かりが悪く見せ場なし。初コース、激しい雨に戸惑った?

 

【レース後のコメント】

1着 ヘイハチハピネス

笹野博司調教師……そんなに切れる脚はないのですが、しぶとい馬ですからね。きょうはこの馬の持ち味が生きる展開になりました。相変わらずテンションの高いところはありますが、それでもきょうはここ数走ではマシな方だったと思います。この後は一応ジャパンダートダービーに登録してありますが、間隔がありませんからね。馬の状態、回復具合をみながら判断したいと思います。

 

 

名古屋・第6回 名古屋でら馬スプリント(SPⅠ)

 

 2016年06月21日7回名古屋1日11R サラ系3歳以上・オープン・SPⅠ 重 800m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

10

ハナノパレード

名古屋

55.0

大畑雅

490

0.48.3

 

2

2着

1

イワクラギンガ

名古屋

55.0

今井貴

459

0.49.0

3

1

3着

9

トゥルーカラーズ

名古屋

55.0

丸野勝

425

0.49.1

1/2

4

4着

6

ゴールドブラザー

名古屋

57.0

戸部尚

510

0.49.6

2 1/2

3

5着

7

オグリノース

笠松

55.0

山下雅

499

0.50.1

2 1/2

8

6着

2

サンジョ

笠松

53.0

筒井勇

474

0.50.2

6

7着

4

ニロティカス

名古屋

57.0

丹羽克

472

0.50.9

3

10

8着

5

カミノアシ

笠松

52.0

池田敏

429

0.50.9

5

9着

8

リージュ

名古屋

53.0

木之前葵

447

0.51.5

3

9

10着

3

コスモフィナンシェ

笠松

57.0

佐藤友

484

0.51.7

1 1/2

7

 

【短評】 1着 ハナノパレード……好発。二の脚も速くあっさりハナへ。これが大きな勝因。今思えば、大外枠を引けた時点でこの馬に風も吹いていた!? 2着 イワクラギンガ……1、2か月前の動きを思うと、ピークは過ぎた感じ。それでも1番人気に支持されるだけはあり、底力で何とか2着に持ってこれた。あとは枠順。勝ち馬と逆だったらもう少し際どくなっていただろう。 3着 トゥルーカラーズ……行って粘るしかない。持ち味を発揮できたが、4角で力上位のイワクラギンガに並ばれたのでは3着も仕方なし。
 

【レース後のコメント】

1着 ハナノパレード
迫田清美調教師
……重賞でも多少相手に恵まれたかな。それでも最近はレースでの行きっぷりがいいし、この暑い季節も合うんだろうね。調子が良かったから結果が出せてよかったよ。それに今日は外枠じゃなくてもハナに行けただろうし。次走は金沢の読売レディス杯(8/9)を予定。昨年は結果を出せなかったけど、コースを一回経験しているのは強みだと思う。期待を持って遠征したいね。

 

 

 

名古屋・愛知県知事杯 第46回 東海ダービー(SPⅠ)

 

 2016年06月07日6回名古屋1日11R サラ系3歳・オープン・SPⅠ 良 1900m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

6

カツゲキキトキト

名古屋

56.0

大畑雅

493

2.06.8

 

1

2着

10

キタノアドラーブル

笠松

54.0

木之前葵

403

2.08.2

7

5

3着

12

ザウアー

金沢

56.0

堀場裕

469

2.08.7

2 1/2

6

4着

8

メガホワイティ

笠松

54.0

東川公

445

2.09.0

1 1/2

8

5着

9

チェンジイット

名古屋

54.0

戸部尚

388

2.09.3

1 1/2

12

6着

7

キタノシャーロット

名古屋

54.0

今井貴

454

2.09.6

1 1/2

3

7着

5

マイネルアクティヴ

名古屋

56.0

丸野勝

453

2.09.8

3/4

9

8着

1

シュシュ

金沢

54.0

栗原大

408

2.09.8

11

9着

2

ミスターダヴィンチ

金沢

56.0

吉原寛

496

2.09.9

1/2

4

10着

4

リックカグラ

笠松

56.0

吉井友

473

2.10.3

2

7

11着

11

バーバリライオン

金沢

56.0

田知弘

465

2.10.6

1 1/2

2

12着

3

ビューティ

笠松

56.0

佐藤友

444

2.15.9

大差

10

 

【短評】 1着 カツゲキキトキト……出遅れてやや慌てた騎乗になったが、道中は余裕の追走。4角先頭で差は開く一方で、単勝1.2倍のオッズが示すとおり、まさに次元の違う勝ち方だった。当日応援に駆けつけていた長女の雅(みやび)ちゃんも「パパ強かったね。うれしー」と大喜び。 2着 キタノアドラーブル……じっくり待機で末脚勝負。3角から押し上げた時の脚はなかなかの切れ味。 ガサのない牝馬でこれだけ安定した走りができるのは立派のひと言。 3着 ザウアー……前を壁にしてうまく追走。直線と向いたところで余裕はなかったが、バテそうでバテないしぶとさを発揮。 11着 バーバリライオン……ゴムのように柔らかそうな筋肉で見栄えがするが、作り自体は胴が詰まり気味で短距離馬のそれ。距離も長すぎたし、激しくなった先手争いに巻き込まれては大敗も仕方なし。

 

【レース後のコメント】

1着 カツゲキキトキト

錦見勇夫調教師……出遅れてしまって…。馬が強いから勝ったようなものだし、勝つと思っていたけどね。厩舎のノゾミダイヤと現時点で遜色ない地力を備えていると思うし、同期相手では当然の結果でしょ。 
大畑雅章騎手……スタートはまさかの出遅れで、「やってもうた!」と思いましたが、道中の手ごたえは良くて、あとはどこでスパートするかだけを考えていました。前が楽をしていたので、早めに動いたんですよ。ゴール前では突き放してその瞬間は気持ちよかったですね。ダービージョッキーになりましたから、今後はその名に恥じない競馬をしていきたいと思います。次はJDDに向かう予定ですが、葵が乗るので、また応援してください。