• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2015年度

 

 

笠松・第44回 東海ゴールドカップ(SPⅠ)

 

 2015年12月31日16回笠松4日10R サラ系・オープン・SPⅠ 良 1900m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

2

マヤノクレド

名古屋

55.0

今井貴

503

2.02.5

 

1

2着

1

ノゾミダイヤ

名古屋

56.0

大畑雅

495

2.02.8

1 1/2

3

3着

8

メモリージルバ

名古屋

55.0

藤原良

466

2.02.9

1/2

6

4着

5

アップアンカー

名古屋

56.0

安部幸

514

2.03.1

1 1/2

5

5着

3

ヤマニンシュワイエ

笠松

52.0

吉井友

500

2.03.2

1/2

4

6着

10

クワイアーソウル

笠松

54.0

佐藤友

509

2.03.3

2

7着

4

トミシノドラゴン

笠松

54.0

東川公

491

2.04.4

5

9

8着

9

ブルータンザナイト

笠松

54.0

花本正

557

2.04.4

8

9着

7

ジャーサンプラーン

笠松

53.0

筒井勇

440

2.04.4

7

10着

6

ダノンミル

笠松

54.0

藤原幹

475

2.05.3

4

10

 

【短評】 1着 マヤノクレド……道中は無理せず後方3番手から。向正面半ばから馬群を一気にマクリ切り4角で先頭へ。そのまましっかり押し切った。今日は力通りの快勝といえる。 2着 ノゾミダイヤ……外から来る馬もいたが、1枠から突っ張って最初のコーナーに入りペースを握る。その後はうまくペースを操ったが、結果的には勝ち馬に力でネジ伏せられた。 3着 メモリージルバ……ソツなく4番手をキープし好位で流れに乗れた。バテずに頑張ってはいたが、現状、この相手では精いっぱいの競馬でもあったか。

 

【レース後のコメント】

1着 マヤノクレド
今井貴大騎手
……今年最後のビッグレースを勝てて良かったです。そんなに離れていない位置で回れたし予定通りの競馬でした。少しスパートは早めにしましたが、直線も頑張ってくれました。やはり強い馬ですね。
川西毅調教師……ここを目標にしていたから中間はビッシリ追い切って仕上げたし、調子は前走以上だったよ。この秋はコンスタントに使ってきたから、この後はひと休みするつもり。春の名古屋大賞典あたりを目標にできればいいね。
 

 

 

 

笠松・第19回 ライデンリーダー記念(SPⅠ)

 

 2015年12月30日16回笠松3日10R サラ系2歳・牝馬・オープン・SPⅠ 良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

3

キニナルーイ

名古屋

54.0

安部幸

463

1.42.2

 

2

2着

2

ベッロポモドーロ

笠松

54.0

筒井勇

439

1.42.5

1 1/2

5

3着

1

メガホワイティ

笠松

54.0

東川公

445

1.42.6

1/2

3

4着

10

ワタシヲミテネ

名古屋

54.0

今井貴

368

1.42.7

1/2

4

5着

9

サカジロゴーゴー

名古屋

54.0

丸野勝

457

1.44.2

7

1

6着

5

ナムラマロン

笠松

54.0

吉井友

477

1.44.3

1/2

8

7着

4

ローズクォーツ

笠松

54.0

向山牧

420

1.44.4

1/2

6

8着

6

ツリーナッツヒメ

笠松

54.0

藤原幹

402

1.44.8

2

7

9着

7

アンジェーリカ

笠松

54.0

大塚研

456

1.45.4

3

9

10着

8

ロンリーウーマン

笠松

54.0

大原浩

518

1.46.1

3

10

 

【短評】 1着 キニナルーイ……相変わらずのスタートセンスでハナからの競馬。2番手につけた馬が同厩舎ということもあり、あとは折り合いに専念。内を2、3頭分開けた作戦も見事に決まり、非凡なスピードを本日もアピール。 2着 ベッロポモドーロ……道中は好位で折り合いに専念。終始いい手ごたえで末脚勝負に徹した一戦。その末脚も勝ち馬をとらえるまでには至らなかったが、メンバー中最速。負けて強しと言える内容で、今度の重賞取りにメドはついた。 3着 メガホワイティ……いつも通りといえばいつも通り。勝ち切ることはできなかったが、ソツのない取り口で、自身の力はしっかり出し切った印象。平均ペース型で距離適性が高い印象も受けた。

 

【レース後のコメント】

1着 キニナルーイ

安部幸夫騎手……先生から内が深いと聞いていましたから、2、3頭分くらい開けて逃げました。あとはもう馬の気分を損ねないように折り合いに専念するだけでしたね。直線に向いてからも手ごたえが良かったですし、心配していた距離もこなしてくれました。まだまだこれからの成長力にも期待できそうな馬ですし、本当に楽しみです。
角田輝也調教師……まずは強い馬を預からせていただいたオーナーに感謝します。それから結構気難しいところがある馬ですから、それを管理してくれたスタッフにもお礼を言いたいです。あとやはり安部騎手はさすがの騎乗でしたね。見事に馬の力を引き出してくれたと思います。今回初めてバシュファイヤーを装着してみましたが、それなりに効果はあったようですね。距離も1600mまでならこなせると手ごたえをつかめました。次走は名古屋か笠松の重賞と思っていますが、それもまたオーナーと相談しながら。いずれは全国区への挑戦も視野に入れてますので、応援よろしくお願いします。

 

 

名古屋・第15回 名古屋グランプリ(JpnⅡ)

 

 2015年12月23日20回名古屋2日10R サラ系3歳以上・オープン・JpnⅡ 稍重 2500m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

11

アムールブリエ

栗東

55.0

浜中俊

495

2.45.7

 

2

2着

10

ニホンピロアワーズ

栗東

58.0

酒井学

549

2.45.9

1

5

3着

5

カゼノコ

栗東

58.0

秋山真

462

2.46.2

1 1/2

1

4着

1

ソリタリーキング

栗東

57.0

戸崎圭

471

2.46.2

4

5着

3

エーシンモアオバー

栗東

57.0

岩田康

516

2.46.9

3

3

6着

12

キッズニゴウハン

高知

56.0

東川公

496

2.49.9

大差

8

7着

8

ピースフルリバティ

名古屋

56.0

柿原翔

502

2.50.9

5

6

8着

7

エアマデレーン

名古屋

54.0

安部幸

467

2.51.5

3

7

9着

4

ゴールドゼウス

高知

56.0

山崎雅

501

2.51.6

3/4

10

10着

6

サンマルボス

高知

56.0

岡村卓

499

2.51.9

1 1/2

12

11着

2

サイモンロード

名古屋

56.0

丸野勝

529

2.53.4

7

9

12着

9

コスモフィナンシェ

岩手

56.0

丸山真

502

2.55.3

9

11

 

【短評】 1着 アムールブリエ……好位からじっくりと追走。自信満々のレース運びといったところか。ペースが上がった残り3ハロンあたりからも余裕の追走。4角でも手ごたえ十分。ほぼ追ったとこなしで着差以上に強い内容。 2着 ニホンピロアワーズ……折り合いはばっちりで余裕の追走。やや早めに動き引き離しにかかったが、勝ち馬に持ったままで並びかけられては仕方ない。 3着 カゼノコ……勝ち馬は別として2着馬とは位置取りの差か。勝負どころでいい脚を使っているが、あまりにもスローで前が楽をした分、差が詰まらなかった。 7着 ピースフルリバティ……JRA勢が固まる先団には無理について行かず、少し離れたところをロスなく追走。自身の持ち味を発揮するのに徹した競馬だった。ただ、それでも上位との力差は大きく、2周目向正面でペースが上がったところでついて行けなくなった。今回の経験が次走以降にどう生きるか見守りたい。

 

【レース後のコメント】

1着 アムールブリエ

浜中俊騎手……このところはずっと馬の状態も良かったですし、JBCなどGⅠ路線を使ってきたことで、さらに成長したいた感じです。サンビスタも負かしたこともある馬ですからね。距離に適性があると思っていたので、元々期待感は持っていました。発馬も決めてくれたことで、3番手から自然に流れに乗れましたし、手ごたえもよく、安心して跨っていましたよ。ニホンピロアワーズのスパートに合わせて動いただけで、それ以外でボクがやったことはありません。馬の力が抜けていて、掴まっているだけでした(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

笠松・JRA認定競走 第2回 岐阜県知事杯 ジュニアキング(P)

 

 2015年12月16日15回笠松2日11R サラ系2歳・オープン・JRA認定・P 良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

4

ハイジャ

笠松

56.0

佐藤友

442

1.42.9

 

3

2着

1

センペンバンカ

笠松

56.0

東川公

506

1.42.9

1

3着

6

メモリーミリオン

笠松

56.0

向山牧

454

1.43.8

4

2

4着

5

シャイニーネーム

笠松

55.0

池田敏

430

1.44.0

1 1/2

6

5着

3

マユノジャスター

笠松

55.0

大畑雅

414

1.44.2

3/4

7

6着

10

リックカグラ

笠松

56.0

吉井友

470

1.44.3

3/4

5

7着

2

ローズクォーツ

笠松

54.0

筒井勇

423

1.45.0

3

9

8着

8

ドリームダークアイ

笠松

55.0

藤原幹

460

1.45.1

4

9着

7

ビナファイター

笠松

55.0

安部幸

508

1.45.3

1 1/2

8

10着

9

アンジェーリカ

笠松

54.0

丸野勝

460

1.47.5

大差

10


【短評】 1着 ハイジャ……2番手につけた相手がアンジェーリカということもあり、息がたっぷり入る流れ。理想的な展開に持ち込めたことが最大の勝因だが、着差以上にゴール前も余裕はあった。完勝といっても過言はない。 2着 センペンバンカ……スタートが甘く、内の3番手。決していい位置取りとはいえず、大跳びのせいかコーナーで置かれるような場面もあったが、直線を向いてからの脚色はなかなか。今後の重賞取りに向けてメドはついた印象。 3着 メモリーミリオン……向正面から早めのスパート。手ごたえの割に最後までしぶとく伸びて、初距離にもしっかり対応できた印象。気配的にはなお良化途上といった感すらある馬体だけに、今後の成長いかんでは大化けの可能性も。

 

【レース後のコメント】 

佐藤友則騎手……理想と思っているハナへ行けましたし、あとはこの馬の力を信じて騎乗するだけでした。しっかり調教を積めるようになればもっと強くなると思いますし、折り合いなんかもいくらでもつく馬ですからね。さらに距離が延びても全く問題ないですし、先々が本当に楽しみです。
井上孝彦調教師……まだ調教でビシッと追えていない状態で、これだけの走りを見せてくれるからね。素質は相当でしょう。上がりを見てみないと次走はどことはいえないけど、全国区での活躍も夢ではないと思っている馬だからね。頑張って成長させていきたいよ。