• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2015年度

 

名古屋・第26回 秋の鞍(SPⅠ)

 

 2015年09月23日13回名古屋1日10R サラ系3歳・オープン・SPⅠ 良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

3

バズーカ

兵庫

56.0

赤岡修

472

1.42.8

 

1

2着

9

ウイズキッド

浦和

56.0

矢野貴

520

1.44.9

大差

2

3着

6

コスモアルバトロス

名古屋

56.0

今井貴

484

1.45.3

2

4

4着

5

アイナ

金沢

54.0

山崎雅

434

1.45.3

10

5着

1

ミトノレオ

名古屋

54.0

岡部誠

483

1.45.3

7

6着

7

カスミチャン

名古屋

54.0

宇都英

432

1.46.3

5

5

7着

12

コパノジョージ

兵庫

56.0

下原理

493

1.47.3

5

6

8着

4

メモリードルマン

名古屋

54.0

東川公

450

1.47.4

1/2

12

9着

2

ハナノパレード

名古屋

54.0

大畑雅

491

1.47.9

2 1/2

8

10着

11

アポロメイン

名古屋

56.0

丸野勝

503

1.48.0

11

11着

10

デルマチハヤ

名古屋

54.0

安部幸

440

1.48.9

4

9

12着

8

アロマベール

大井

56.0

澤田龍

441

1.49.5

3

3

 

【短評】 1着 バズーカ……2着馬に2秒1の差。展開が向いた面こそあったが、始動を開始してから脚は他馬とは次元が違っていた。 物の違いを見せる内容。 2着 ウイズキッド……好発。ハナは②に譲り余裕で番手を追走も、直線を向いた時は完全に脚が上がり、いっぱいいっぱいの走り。たとえスローでも、脚いろや着差を考えれば勝ち馬に先着することは難しいかった印象。 3着 コスモアルバトロス……出負けをしたがラチ沿いをスルスルと上り向正面あたりでは射程圏。相手なりの持ち味を発揮。

 

【レース後のコメント】

1着 バズーカ

赤岡修次騎手……初めて跨った印象としては、力のあるいい馬だと思いましたね。レースのVTRはすべて見たんですが、枠順から内めの3、4番手に潜り込む競馬をイメージ。少し掛かるかもという危惧も、よどみのないペースで進行したことで、すんなりと外めに持ち出すことができました。あとはいつ弾けるかという手応えで、最近ではあまり経験のないいい伸びを見せてくれましたね。今後のことはまだ分からないですが、また依頼があればぜひ乗りたいです。

 

 

 

 

笠松・第42回 オータムカップ(SPⅡ)

 

 2015年09月17日10回笠松2日10R サラ系3歳以上・オープン・SPⅡ 不良 1900m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

4

マヤノクレド

名古屋

57.0

今井貴

505

2.02.6

 

3

2着

10

トウショウプライド

金沢

57.0

向山牧

513

2.02.8

3/4

5

3着

6

メモリージルバ

名古屋

57.0

藤原良

468

2.04.1

6

9

4着

9

アップアンカー

名古屋

57.0

安部幸

517

2.04.6

2 1/2

1

5着

2

プラチナタイム

金沢

57.0

吉井友

459

2.04.6

7

6着

1

サイモンロード

名古屋

57.0

丸野勝

514

2.05.1

2 1/2

2

7着

7

ランフォージン

名古屋

57.0

岡部誠

466

2.06.5

7

8

8着

3

ドリームカトラス

笠松

57.0

高木健

452

2.06.6

6

9着

5

オグリヒーロー

笠松

57.0

森島貴

461

2.07.0

2

10

10着

8

ドリームバスケット

笠松

57.0

佐藤友

462

2.07.4

2

4

 

【短評】 1着 マヤノクレド……スタートは良かったが、無理に先行争いには加わらず、折り合いに専念して中団から。前が少しやり合ったのもあってか、3角手前からスパートするとグイグイと伸びた。直線の叩き合いもきっちり制して、着差以上に強かった。 2着 トウショウプライド……道中は掛かりそうになったが、鞍上が前に馬を置いてうまくなだめていた。勝ち馬より先手先手の競馬で見せ場たっぷりだったが、最後は勝ち馬にネジ伏せられた格好。 3着 メモリージルバ……好位キープできたとはいえ、積極的に逃げ馬に絡んでレースを作れた。直線では失速してしまったが、重賞戦線でやれる力をつけたのは間違いない。今後が楽しみ。

 

【レース後のコメント】

1着 マヤノクレド
今井貴大騎手
……スタートは良かったですよ。ただ、外から寄られ気味になったんで無理はしませんでした。3コーナーで上がってきった時の手ごたえも良かったですし、4コーナーでは勝てるだろうなあと思いました。
川西毅調教師……状態は前回の笠松より上向いていたと思う。強い競馬だったね。次は金沢の白山大賞典に申し込んであるので、そこを目標にしようかと思っています。

 

 

 

名古屋・GDJ 第9回 秋桜(あきざくら)賞(SPⅠ)

 

 2015年09月10日12回名古屋3日11R サラ系3歳以上・牝馬・オープン・SPⅠ 重 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

10

ケンブリッジナイス

船橋

56.0

吉原寛

462

1.29.1

 

2

2着

5

エトワールドロゼ

金沢

56.0

田知弘

476

1.29.4

1 1/2

5

3着

8

リノワール

兵庫

56.0

川原正

471

1.29.8

2

4

4着

11

タッチデュール

笠松

56.0

佐藤友

427

1.29.8

6

5着

3

ピッチシフター

名古屋

56.0

大畑雅

442

1.30.2

2

1

6着

6

ボーラトウショウ

高知

56.0

永森大

456

1.30.6

2

10

7着

4

エーシンフルハウス

名古屋

56.0

八木直

488

1.30.8

1

7

8着

9

イワクラギンガ

名古屋

56.0

今井貴

462

1.30.8

8

9着

2

ピンクノサイロ

名古屋

56.0

丸野勝

434

1.31.4

3

9

10着

7

ブレーヴスキー

名古屋

56.0

加藤誓

437

1.31.6

3/4

12

11着

12

ナムラビジン

名古屋

56.0

山田祥

475

1.32.6

5

3

12着

1

エイシンルンディー

笠松

56.0

東川公

432

1.37.5

大差

11

 

【短評】 1着 ケンブリッジナイス……ペースこそ速かったが、行きっぷりが良く手ごたえ抜群で追走。後続の押し上げもなく4角では確勝ムード。危なげない勝ち方。残念なことにゴール後に落馬事故が発生。鞍上の吉原騎手が救急車で搬送された。早期復帰を願うばかり。 2着 エトワールドロゼ……前後半が6秒以上違うハイペースで行きながら粘ったのだから負けて強しといえるか。 3着 リノワール……平均的に長く脚を使えていたが、差しが利きにくい馬場ということもあり射程圏まで押し上げるまでに至らず。3着確保がいっぱい。 5着 ピッチシフター……2連覇中ということで当然のように1番人気。後方からじっくり進めたが、勝負所でいつものようにスーッと上がっていくことができず、直線の伸びもソコソコまで。プラス体重の影響もあったように思うし、やや衰えも感じさせる内容だった。

 

【レース後のコメント】

1着 ケンブリッジナイス
新井清重調教師
……2走前の園田戦が酷暑だったので前走はその影響が残っていたかもしれません。ですが最近涼しくなりましたからね。状態面を上げていたと思いますし、距離もこれくらいが丁度いいですかね。勝ててホッとしています。これでグランダムジャパンでトップにもなれました。ただ、入線後に落馬してしまいました。現時点では問題ないようですが、戻ってからしっかり状態面を見極めないといけませんし、吉原騎手の容体も心配ですね…。
 

 

笠松・JRA認定競走 第40回 秋風ジュニア

 

 2015年09月03日9回笠松3日10R サラ系2歳・オープン・P 重 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

5

ハイジャ

笠松

55.0

安部幸

433

1.29.1

 

1

2着

1

ドリームダークアイ

笠松

55.0

岡部誠

439

1.29.3

1 1/2

2

3着

6

シャイニーネーム

笠松

55.0

佐藤友

435

1.29.3

5

4着

4

メイサ

笠松

55.0

吉井友

438

1.29.5

3/4

4

5着

9

ハッピーガール

笠松

55.0

池田敏

419

1.29.5

6

6着

10

メガホワイティ

笠松

54.0

大原浩

465

1.30.2

3

3

7着

8

チェリーオータム

笠松

55.0

筒井勇

413

1.30.5

1 1/2

6

8着

2

アンニュイ

笠松

54.0

湯前良

435

1.31.3

4

9

9着

3

ダンシングハルク

笠松

55.0

向山牧

461

1.34.8

大差

8

競走除外

7

レイジングトップ

笠松

55.0

東川公

512

 馬体故障

競走除外

 

 

【短評】 1着 ハイジャ……すんなりハナを切ってマイペースに持ち込めた。道悪もプラスに作用した印象はある。ただ、それでもホッカイドウからの移籍組をおさえて、初距離で堂々と押し切ったのだから大したもの。 2着 ドリームダークアイ……転入初戦同様にスタートでヨレて後方から。押して叩いて3角手前から力ずくで進出してきたが、外を回るコースロスもあって2着がやっとだった。ただ、そこまで差してきた脚に能力の高さは感じた。 3着 シャイニーネーム……中団確保から道中は脚をためて、3角からスパートする教科書通りの競馬。勝ち馬のスピード、2着馬の差し脚には屈したが、この馬もバテておらず水準以上の力は示せた。

 

【レース後のコメント】

1着 ハイジャ
安部幸夫騎手
……怖がりな面があると聞いていたけど、ハナを切って気分よく競馬ができたのもあって全くそんな感じはなかった。道中も楽なペースだったし、直線もバテる感じはなかったよ。
井上孝彦調教師……まだ成長途上の段階でこれだけ走ってくれるんだから、やはり能力は高いよ。まだ2歳だしこれからどんどん良くなると思うよ。次走はレース後の状態を見ながら、ゆっくり考えるよ。