• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2015年度

 

 

名古屋・第19回 名港盃(SPⅡ)

 

 2015年07月20日9回名古屋4日11R サラ系3歳以上・オープン・SPⅡ 稍重 1900m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

6

アップアンカー

名古屋

57.0

佐藤友

514

2.01.5

 

4

2着

11

サウスウインド

兵庫

57.0

大柿一

466

2.02.0

2 1/2

6

3着

5

ノゾミダイヤ

名古屋

57.0

大畑雅

483

2.02.4

2

1

4着

7

エーシンクリアー

兵庫

57.0

東川公

486

2.02.4

3

5着

9

ブルースイショウ

兵庫

57.0

下原理

492

2.02.7

1 1/2

7

6着

12

マヤノクレド

名古屋

57.0

戸部尚

505

2.02.8

3/4

2

7着

2

メモリージルバ

名古屋

57.0

藤原良

469

2.03.3

2 1/2

10

8着

1

ゴールドピューマ

名古屋

57.0

八木直

480

2.03.6

1 1/2

11

9着

4

ティアモブリーオ

兵庫

57.0

川原正

445

2.03.9

1 1/2

5

10着

10

ブライトシンプー

名古屋

57.0

持原大

498

2.04.9

5

9

11着

8

ラヴァリーオステル

名古屋

57.0

木之前葵

513

2.05.0

3/4

12

12着

3

グロリアスカフェ

名古屋

57.0

今井貴

509

2.05.7

3

8

 

【短評】 1着 アップアンカー…発馬が良かったし、包まれるのを嫌っての先行策は佐藤Jの作戦どおり。道中でプッシュされることもなく淡々としたペースに持ち込み、上りの競馬。してやったりといったレース内容。 2着 サウスウインド…長手綱でうまく折り合い、気分良く追走。思惑どおりのレース運びになったので は!? ただそれでも直線で勝ち馬に並びかけるまでには至らず、最後は同じ脚いろになってしまった。 3着 ノゾミダイヤ…スタートで内外から挟まれ位置取りを下げた。また、挟まれたことで馬にスイッチが入ってしまい、道中余計なスタミナを消耗。4番手の内々を追走と、位置取りとしては悪くないように映るが、結果としてスタート直後のロスが響き、始動を開始してからの反応がもうひとつで、伸びずバテずの走りになってしまった。単勝1・6倍の圧倒的に人気に応えることができなかったのは残念だが、それでも馬券内を確保したのはこの馬の地力の高さだろう。
 

【レース後のコメント】

1着 アップアンカー
佐藤友則騎手
…ハナに立つのは返し馬の段階で決めていました。枠順も良かったし、作戦がうまくハマりましたね。前回に乗せてもらったときに平均的にいい脚を使えるのは分かりましたが、正攻法では勝てないんじゃないかと思っていました。今回もあくまで代打での騎乗ですが、思い切った競馬で結果を残せたのは良かったですね。それからしっかり仕上げて下さった関係者の方々に感謝しています。

 

 

 

笠松・第39回 クイーンカップ(SPⅢ)

 

 2015年07月01日6回笠松2日9R サラ系3歳・牝馬・オープン・SPⅢ 不良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

1

メモリードルマン

名古屋

54.0

今井貴

428

1.41.4

 

6

2着

7

ミトノレオ

名古屋

54.0

岡部誠

467

1.41.8

2

1

3着

6

アイナ

兵庫

54.0

山崎雅

445

1.41.8

5

4着

10

フェードロワ

笠松

54.0

島崎和

417

1.42.0

1 1/2

7

5着

8

ツリーハウス

笠松

54.0

向山牧

435

1.42.4

2

2

6着

2

ルーヴルヴォイス

笠松

54.0

花本正

429

1.42.7

1 1/2

3

7着

3

ナナミ

笠松

54.0

池田敏

418

1.43.2

2 1/2

4

8着

5

ユニークベニュー

笠松

54.0

佐藤友

489

1.45.1

9

8

9着

9

ランデックハナコ

笠松

54.0

森島貴

427

1.47.3

大差

9

 出走取消

4

マルヨバナーヌ

笠松

54.0

吉井友

 

左前肢跛行

取消 

 

 

【短評】 1着 メモリードルマン…いつもよりスタートが良く、少しテンに気合をつけて好位を確保。1枠だったがモマれない外にうまく切り替えられたのも大きかった。3角から仕掛けて4角先頭の教科書通りの競馬。最後までしぶとく伸びていたし、今後も位置取りがよければ好勝負できそう。 2着 ミトノレオ…出遅れたわけではないが、もうひとつダッシュに乗り切れず中団から。持ち味である息の長い脚を使ってよく追い上げていたが、勝ち馬のは位置取りの差があったし、道悪もプラスとはいえなかった。 3着 アイナ…2着馬と同じような位置からの競馬。最後までじわじわと伸びてはいたが、器用さに欠けるのかコーナーで置かれ気味になっていた。力量差は感じないものの、小回りコースでは展開利が必要なタイプだ。

 

【レース後のコメント】

1着 メモリードルマン
今井貴大騎手
…レースでの乗るのは今日が初めてでしたが、調教で乗った感じから調子は悪くなさそうだったのでチャンスはあるかなと思ってました。ゲート内の所作が悪いと聞いていましたが、今日は落ち着いていましたね。好スタートが切れたので少し仕掛けていい位置を取りに行きました。あとは後ろの動きに合わせて出て行こうと。バテる感じはなかったし直線では何とかなるかなと思いました。走りそうな馬ですから、今後も機会があれば乗りたいですね。
塚田隆男調教師…暑い時季になって調子が上向いてきた。課題のゲートもきょうはよかったし、しぶとい競馬をしてくれたね。食いが細い馬だから、間隔に気をつけながらになるので現時点ではまだ次走は未定です。