• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2014年度

 

 

名古屋・第16回 梅見月杯(SPⅠ)

 

 2015年02月27日25回名古屋5日10R サラ系4歳以上・オープン・SPⅠ 不良 1900m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

1

サイモンロード

名古屋

57.0

丸野勝

514

2.01.8

 

2

2着

9

ノゾミダイヤ

名古屋

57.0

大畑雅

494

2.02.7

4

1

3着

4

ティアモブリーオ

兵庫

57.0

川原正

450

2.03.0

1 1/2

5

4着

8

エーシンクリアー

兵庫

57.0

田中学

486

2.03.1

1/2

4

5着

5

ディアデラバンデラ

笠松

57.0

戸部尚

493

2.05.0

9

3

6着

2

ケントリュウコウ

名古屋

57.0

東川公

501

2.05.3

1 1/2

8

7着

7

メモリージルバ

名古屋

57.0

藤原良

474

2.05.4

1/2

9

8着

6

ビービーガザリアス

名古屋

57.0

安部幸

502

2.05.4

7

9着

3

マイネルコンキスタ

名古屋

57.0

丸山真

509

2.05.4

6

 

【短評】 1着 サイモンロード…先手を取りマイペース。後続が詰め寄りかけたところで突き離し4角でセフティーリード。完全復活を遂げる勝ちっぷり。 2着 ノゾミダイヤ…好発で勝ち馬をマーク。思惑どおりのレース運び。詰め寄るところまでは至らず、ゴール前もいっぱいの脚いろ。完敗といった2着。 3着 ティアモブリーネ…兵庫の2頭はラチ沿いを完璧に乗ったエーシンクリアーに対して、ややロスの多いレース運び。2頭の比較では同馬の力が勝っていた。

 

【レース後のコメント】

1着 サイモンロード

角田輝也調教師…厩舎スタッフ、ジョッキーが一丸となって頑張ってくれたお陰です。まだ8分くらいの状態でしたが、ノゾミダイヤも十分な形で運べての勝利なので大きな自信になりますね。オーナーと話し合って、無理のないローテーションを組んでいますし、去勢した効果はかなりのもの。落ち着きが出てきたのが何よりです。トップの座を簡単に譲るわけにはいきませんし、新しい世代にとって大きな壁となるようにこれからも頑張っていきたいですね。今後は名古屋大賞典に直行することになると思います。
 

 

 

名古屋・第2回 梅桜賞(SPⅡ)

 

 2015年02月11日24回名古屋3日9R サラ系3歳・牝馬・オープン・SPⅡ 重 1800m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

6

トーコーヴィーナス

兵庫

54.0

木村健

481

1.59.2

 

1

2着

8

ブラックスキャット

名古屋

54.0

岡部誠

433

2.00.4

6

2

3着

9

ミトノレオ

名古屋

54.0

大畑雅

454

2.00.6

3/4

9

4着

5

ルックスグー

名古屋

54.0

戸部尚

464

2.01.1

2 1/2

3

5着

11

ヘルキャット

兵庫

54.0

向山牧

461

2.01.3

1

7

6着

12

イザマイラン

笠松

54.0

池田敏

413

2.01.9

3

12

7着

1

ワールドウェーブ

笠松

54.0

東川公

404

2.02.0

1/2

8

8着

10

ホウライショコラ

名古屋

54.0

宇都英

444

2.02.3

1 1/2

4

9着

7

エムティサラ

金沢

54.0

池田敦

481

2.02.3

11

10着

2

メモリードルマン

名古屋

54.0

横井将

426

2.02.5

3/4

5

11着

3

マルヨバナーヌ

笠松

54.0

吉井友

430

2.03.2

3

6

12着

4

ニュアージュドール

名古屋

54.0

丸野勝

512

2.03.4

1

10

 

【短評】 1着 トーコーヴィーナス…発馬直後には手綱をしぼる余裕でスローペース。残り3ハロン手前あたりから徐々にペースアップすると、追いどおしの2番手の馬とは対照的にこちらは余裕の手応え。直線に入って追い出すと2着以下をグングン突き放し6馬身差の圧勝。まったく危なげのない勝ち方はさすが単勝1・2倍といった感じ、性能が違った。 2着 ブラックスキャット…中団あたりに待機して末脚勝負。勝負どころではいい脚を使えたが、勝ち馬に詰め寄るところまでは至らず、ゴール前は脚色が鈍り2着確保がいっぱい。 3着 ミトノレオ…ブラックスキャット(2着)の直後を追走してスタミナを温存。ゴール前の伸びは良かっただけに、ワンテンポ早めに動けていれば2着はあったかもと思える内容。

 

【レース後のコメント】

1着 トーコーヴィーナス
吉行龍穂調教師
…パドックは本当におとなしい馬で、騎手が跨るとスイッチが入ります。返し馬はすっとんでいったので大丈夫かと心配したぐらい。園田では結構目標にされていじめられますが、今日ぐらいのペースなら楽ですねえ。初の輸送もクリアしてくれましたし、次は浦和の桜花賞を目指します。またグランダムで名古屋にも来ますし、期待しといてください。
木村健騎手…後ろからくっついて来られましたが、来るだけいく馬ですし、ペース自体遅かったのでね。それよりも返し馬で跳ぶような面を見せたので、変な面を見せないように気を遣っていただけですよ。現状でなんら課題はありません。次も楽しみにしています。