• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2014年度

 

 

笠松・第42回 ジュニアクラウン(JRA認定競走、P)

 

 2014年10月31日12回笠松4日10R サラ系2歳・オープン・P 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

1

ティープリーズ

笠松

55.0

横川怜

496

1.28.5

 

1

2着

4

ユーセイシリウス

笠松

54.0

佐藤友

434

1.28.9

2

3

3着

9

マルヨバナーヌ

笠松

54.0

吉井友

438

1.29.1

1 1/2

6

4着

10

イザマイラン

笠松

54.0

池田敏

416

1.29.3

1 1/2

5

5着

2

ネイチャークルーズ

笠松

55.0

尾島徹

465

1.29.5

1

2

6着

5

オーベルジーヌ

笠松

54.0

向山牧

443

1.29.6

3/4

4

7着

8

ステイシーファレル

笠松

54.0

東川公

430

1.29.8

1

9

8着

7

ミルクティー

笠松

54.0

山下雅

417

1.29.8

8

9着

6

エステバン

笠松

56.0

藤原幹

474

1.30.1

1 1/2

7

10着

3

ミツアキター

笠松

55.0

筒井勇

435

1.32.2

大差

10

 

【短評】 1着 ティープリーズ…少し仕掛けてハナへ。決してスローペースに持ち込めたわけではないが、最後まで全く脚いろが衰えず。終わってみれば完勝といえる内容だった。 2着 ユーセイシリウス…さほど無理なく2番手を確保できた。大名マークだっただけに交わせてもよかったが、初重賞で踏ん張れたことを評価したい。 3着 マルヨバナーヌ…道中3番手からそのまま流れ込んだだけだが、この相手でスッと好位へ行けたのは体調の証拠。欲を言えばもう少し決め手がほしい。

 

【レース後のコメント】

1着 ティープリーズ
横川怜央騎手
…スタートが速い感じはなかったですが、モマれないようにと押っつけたらすぐに反応してくれました。4コーナーの感じも楽でしたし、こちらで重賞を勝ててよかったです。
笹野博司調教師…転入時よりしっかり乗り込めるようになり、体調はかなり上向いてきましたね。乗り役さんがうまく乗ってくれたし、今日は強かったですね。メンバー次第で流動的な面はありますが、一応はラブミーチャン記念(11月11日)に使うプランが現時点では最有力です。
 

 

 

名古屋・第53回 ゴールドウィング賞(未来優駿2014、SPⅠ)

 

 2014年10月22日16回名古屋2日10R サラ系2歳・オープン・SPⅠ 不良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

5

ヒメカイドウ

名古屋

54.0

大畑雅

388

1.42.9

 

6

2着

6

ネイチャークルーズ

笠松

54.0

佐藤友

465

1.43.1

1

5

3着

9

ホウライショコラ

名古屋

54.0

宇都英

457

1.44.3

6

8

4着

3

メモリードルマン

名古屋

54.0

東川公

434

1.45.0

3

1

5着

7

ファストボーイ

名古屋

55.0

丸野勝

439

1.45.1

3/4

4

6着

12

ミトノレオ

名古屋

54.0

岡部誠

455

1.45.3

1

3

7着

4

ユウクン

名古屋

55.0

今井貴

419

1.45.4

1/2

7

8着

2

ミルクティー

笠松

54.0

山下雅

415

1.45.6

1 1/2

9

9着

11

ステイシーファレル

笠松

54.0

柿原翔

429

1.45.7

10

10着

1

オーベルジーヌ

笠松

54.0

尾島徹

443

1.46.2

2 1/2

2

出走取消

8

カツゲキグロリア

笠松

54.0

筒井勇

 

 右前繋靭帯炎

出走取消 

 

出走取消

10

ユメハオオキク

笠松

54.0

池田敏

 

熱発 

出走取消 

 

 

【短評】 1着 ヒメカイドウ…先行すると思われた馬が出遅れ。少し気合を入れた程度で楽々と先行。テンからスロー。道中で押し上げてくる馬もいなくて、淡々とした流れ。上りの競馬に持ち込み、まんまと逃げ切り。 2着 ネイチャークルーズ…すんなり2番手。道中も楽に追走できていたが勝負どころで持ったままの勝ち馬と比べ余裕がなく、ゴール前で詰め寄るのがいっぱい。 3着 ホウライショコラ…うまく運べていたが、前の2頭との差が縮まる場面はなく、ペースが向いたこともあり粘り込んだ程度。 4着 メモリードルマン…まさかの出遅れ。ただでさえ追い込みがききにくいこの泥んこ馬場ではさすがに厳しすぎた。なんとか掲示板を確保したのはそれでもの意地といったところだが、単勝1番人気の責任を果たすことはできず。
 

【レース後のコメント】

1着 ヒメカイドウ

大畑雅章騎手…位置取りは出たなりでいいと先生にいわれていましたが、有力どころが出遅れましたからね。思い切って出ていきました。道中は緩いペースでしたし、手応えも抜群でしたよ。この馬のセールスポイントは真面目に走ってくれるところ。小さな馬ですが、まだまだ先があると思っています。応援よろしくお願いします。

 

 

 

笠松・第38回 岐阜金賞(SPⅠ)

 

 2014年10月16日11回笠松3日10R サラ系3歳・オープン・SPⅠ 良 1900m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

4

ノゾミダイヤ

名古屋

56.0

大畑雅

487

2.00.8

 

1

2着

6

キーアシスト

名古屋

56.0

丸野勝

482

2.00.8

4

3着

2

トーコーガイア

兵庫

56.0

木村健

456

2.01.1

1 1/2

2

4着

5

ケージーキンカメ

金沢

56.0

平瀬城

470

2.01.2

1/2

3

5着

1

ナムラユキヒメ

名古屋

54.0

岡部誠

436

2.01.5

1 1/2

8

6着

10

デモクラシー

笠松

56.0

向山牧

456

2.02.2

3

7

7着

8

リックタラキチ

笠松

54.0

吉井友

472

2.05.6

大差

6

8着

7

トーコーポセイドン

兵庫

56.0

小谷周

526

2.08.8

大差

5

9着

9

ゼンノジェネラル

笠松

56.0

筒井勇

439

2.13.2

大差

9

競走除外

3

ヒシエクストリーム

名古屋

56.0

東川公

523

馬体故障 

競走除外

 

 

【短評】 1着 ノゾミダイヤ…少し強引に2番手を確保。道中のペースも速く厳しい展開になったが、後方から差してきた馬に再度併せて脚を伸ばした。同じような位置取りで競馬をした馬たちが大敗した点から考えても、相当に強い内容だった。 2着 キーアシスト…馬っぷりの良さが目立つ好仕上げ。後方集団の外々を回り、勝負どころからの外を通るコースロス。流れそのものは向いたが、やや荒削りなレースぶりでここまで詰め寄ったのは立派。 3着 トーコーガイア…道中は馬任せの追走。向正面からインをついて一気に進出し、4コーナーではいい手ごたえで外を持ち出したが、そこから思ったほど弾けなかった。3コーナーで少し詰まり、スピードに乗り切れなかった面が響いたか?

 

【レース後のコメント】

1着 ノゾミダイヤ

大畑雅章騎手…モマれる競馬もこなせないことはないけど、やはり好位の外で流れに乗りたかった。想定外の馬も先行争いに絡んできたし、かなり早めに先頭に立つことになって、ソラを使うような面も出た。正直、最後まで粘れるか不安だったけどよく頑張ってくれました。本当に強い馬ですね。これからも大きいところを狙っていきたい。
錦見勇夫調教師…いや~、先行争いが激しかったし、意外に馬体が増えていたからヒヤヒヤしたよ。ただ、終わってみれば強かったね。今後はまだ未定だけど、とりあえずはどこかひと叩きして東海菊花賞を目指すことになるかな。