• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2014年度

 

 

笠松・第39回 秋風ジュニア(P)

 

 2014年08月28日9回笠松3日9R サラ系2歳・オープン・P 稍重 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

4

ティープリーズ

笠松

55.0

尾島徹

499

1.30.4

 

1

2着

3

カツゲキグロリア

笠松

54.0

筒井勇

451

1.30.4

3

3着

9

インヘリットライン

笠松

54.0

藤原幹

442

1.30.6

1

6

4着

5

イザマイラン

笠松

54.0

池田敏

409

1.31.0

2

4

5着

6

ミツアキター

笠松

55.0

大原浩

432

1.31.2

1

8

6着

8

カミノアシ

笠松

54.0

向山牧

437

1.31.4

1 1/2

2

7着

7

ピースタイム

笠松

55.0

佐藤友

466

1.31.4

5

8着

10

トラキアンオーヒ

笠松

54.0

横川怜

451

1.31.6

1

10

9着

2

ユーセイエンジェル

笠松

54.0

戸部尚

427

1.32.8

6

9

10着

1

キュアソング

笠松

54.0

島崎和

404

1.36.4

大差

7

 

【短評】 1着 ティープリーズ…スタートとひと息も、モマれない位置を確保して4番手からレースの流れに乗る。手ごたえは決してよくなかったが、追われてからゴールまでしっかり伸びて後続の追撃を振り切った。結果的に抜かせなかったことを評価したい。 2着 カツゲキグロリア…ヨレ気味のスタートでダッシュがつかず。向正面からジワジワと進出して4角で先頭に並びかける。そのまま突き抜けるかに思えたが、少し脚いろが鈍り勝ち馬を交わせなかった。 3着 インヘリットライン…3番手の外でスムーズにレースの流れに乗れた。前2頭がバテて早めに先頭に立たされたのが応えて最後は失速したが、積極的な競馬で見せ場は作れただけに今後が楽しみ。

 

【レース後のコメント】

1着 ティープリーズ

尾島徹騎手…前かきをした時にスタートが切られて少し位置取りが悪くなりましたが、インで包まれるよりはと思ってそのまま外を追走しました。思ったほどガツンと行かなかったし、距離の融通はききそうです。今日はまだ体調が万全とはいえない状況。これからどんどん良くなってくると思います。

笹野博司調教師…転入時よりは上向いてきたとはいえ、今日は乗り込み不足だったかな。上積みはあると思うし実績的にも楽しみです。次は園田のプリンセスカップ(9月18日)を予定しています。

 

 

 

 

笠松・第43回 くろゆり賞(SPⅠ)

 

 2014年08月15日8回笠松4日10R サラ系3歳以上・オープン・SPⅠ 重 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

6

タッチデュール

笠松

55.0

佐藤友

433

1.40.4

 

5

2着

3

クリスタルボーイ

名古屋

57.0

戸部尚

487

1.40.7

1 1/2

1

3着

7

リックタラキチ

笠松

54.0

吉井友

471

1.41.1

2

2

4着

4

エーシンユリシーズ

兵庫

57.0

安部幸

522

1.41.3

1 1/2

3

5着

2

バンダムミュートス

笠松

57.0

向山牧

487

1.42.1

4

7

6着

1

ドリームカトラス

笠松

57.0

尾島徹

460

1.42.1

4

7着

5

エーシンサンダー

笠松

57.0

花本正

512

1.42.3

1 1/2

6

 

【短評】 1着 タッチデュール…好位の外でスムーズに流れに乗れた。3コーナーから先行2頭を捕まえに行き、4コーナーで並んで直線で突き放す教科書通りの勝ちっぷり。地力アップと体調の良さがあってこそといえる。 2着 クリスタルボーイ…堂々と先手を主張。砂の深い内目をさけて1、2頭ぶん外を回ったが、それでも押し切れなかったのは距離と通ったコースの差があるのかも。 3着 リックタラキチ…クリスタルボーイをぴったりマーク。勝ち馬に歩調を合わせるように4コーナーで先頭に立ったが、最後は力負けということか。

 

【レース後のコメント】

1着 タッチデュール

佐藤友則騎手…レース前から記者さんに言っていたように、前走の勝ちっぷりと中間の体調から本当に自信があった。今日のレースで内が深い感じがあったので、外の好位を通れたのもよかったですね。3コーナーの手ごたえも良くて、あの時点で勝てると思っていました。これで僕が乗って3戦2勝、3着1回。相性がいいみたいですし、これからも大きいところをこの馬と狙っていけたらいいですね。

笹野博司調教師…このところ、ずっと調子がいいですね。このあとはグランダムシリーズを狙って、9月1日の水沢・ビューチフル・ドリーマーカップから9月15日名古屋・秋桜賞というプランを持っています。