• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2013年度
 

 

笠松・第40回 オータムカップ(SPⅡ)

 

 

 2013年09月27日10回笠松6日10R サラ系3歳以上・オープン・SPⅡ 良 1900m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

2

ドリームマジシャン

笠松

57.0

尾島徹

500

2.02.0

 

2

2着

6

タイガースラム

兵庫

57.0

永島太

578

2.02.1

1

3着

9

タッチデュール

笠松

55.0

東川公

430

2.03.4

6

6

4着

3

エーシンハッブル

名古屋

57.0

戸部尚

487

2.03.8

2

3

5着

10

バイオレントナイト

笠松

57.0

花本正

466

2.04.2

2

5

6着

7

ヤマニンデューン

笠松

57.0

吉井友

486

2.04.5

1 1/2

7

7着

8

アドマイヤアゲイン

名古屋

57.0

丸山真

481

2.07.0

大差

8

8着

4

ネガイヲコメテ

笠松

57.0

大原浩

465

2.09.5

大差

8

9着

5

マイニングゴールド

笠松

57.0

島崎和

473

2.15.0

大差

10

競走中止

1

エーシングレーソロ

笠松

57.0

筒井勇

490

 

 

4

 

 

【寸評】  1着 ドリームマジシャン……スタートで後手を踏んで決して楽な流れではなかったが、道中はしっかり折り合いがついていたし、ゴール前の叩き合いも見事制して優勝。額面以上に強い内容だったといえるか。  2着 タイガースラム……予測はされていたが、同型が手薄だったため押し出されるようにハナからの競馬。マークされる厳しい立場だったという捉え方もできるが、結果はスローに持ち込みながらの敗退。今日は勝った相手をほめるしかないか。  3着 タッチデュール……逃げたタイガースラムの2番手につけての流れ込み。さすがに1、2着馬には約6馬身差をつけられたが、4コーナーでは一瞬抜け出すかの手応えで十分見せ場を提供できた。

 

【レース後のコメント】

1着 ドリームマジシャン

尾島徹騎手……スタートが良くなかったし、スローで流れていたので不安はありましたが、掛かることもなかったし、なかなか勝負根性もありますね。調教の感触からして走る馬だなあ、という期待感はもともとありましたが、この馬はなかなかですよ。本当に先々が楽しみになってきました。
伊藤強一調教師……身内びいきではないけど、うちのがパドックでも一番目立っていたでしょ。ここに向けて納得の仕上がりに持ってこれていたし、当然はじめから勝ち負けと思っていたよ。でも、評判馬タイガースラムを負かせたことで、本当に視界が広がったと思います。東海ゴールドC狙いでトレードしてきた馬だけど、今日のレースを勝てばJBCに出られる可能性もあると聞いているし、もし選ばれるようならそこでも力を試したいと思っているよ。

 

 

 

 

名古屋・第7回 秋桜(あきざくら)賞(SPⅠ)

 

 2013年09月05日12回名古屋2日10R サラ系3歳以上・牝馬・オープン・SPⅠ 重 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

11

ピッチシフター

名古屋

54.0

大畑雅

---

1.27.6

 

2

2着

2

スウィングダンス

名古屋

56.0

小山信

---

1.28.2

3

3

3着

4

ギオンゴールド

佐賀

56.0

山口勲

---

1.28.6

2

6

4着

5

メビュースラブ

大井

56.0

柏木健

---

1.29.1

2 1/2

4

5着

1

タッチデュール

笠松

56.0

東川公

---

1.29.2

1/2

9

6着

3

トウホクビジン

笠松

56.0

佐藤友

---

1.29.5

1 1/2

5

7着

9

カオカオプリン

高知

56.0

岡村卓

---

1.30.2

3

11

8着

7

エーシンマギー

笠松

56.0

尾島徹

---

1.30.3

7

9着

6

ユーセイクインサー

名古屋

54.0

安部幸

---

1.30.7

2

8

10着

10

マンボビーン

兵庫

56.0

下原理

---

1.31.1

2

1

11着

8

ペニーウエイト

高知

56.0

山中悠

---

1.32.0

4

10

 ※ 浸水による馬体重計故障のため、全馬計測不能

 

【寸評】  1着 ピッチシフター……外からじんわりと出て行き思惑どおりのレース運び。勝負どころでも余裕十分で、危なげない勝ちっぷり。一段と地力が備わってきた印象を受けた。  2着 スウィングダンス……出負けをして窮屈なレースを強いられたが、うまく対応できたしソツなく運べていた。無難に2着は確保できたが、勝ち馬とは力の差を感じる内容だった。

 

【レース後のコメント】

1着 ピッチシフター

川西毅調教師……仕上がりにも自信を持っていましたし、元々短距離でこその馬と思っていたので、地元ならマンボビーンなどの遠征馬には負けないと思っていましたし、期待通りの走りでしたね。このあとの最大の目標は金沢のJBCレディスクラシックに置いてます。