• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2013年度

 

 

 

笠松・第42回 くろゆり賞(SPⅠ)

 

 2013年08月16日8回笠松4日9R サラ系3歳以上・オープン・SPⅠ 良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

9

ドリームカトラス

笠松

57.0

尾島徹

456

1.40.9

 

1

2着

2

エイシンダッシュ

笠松

57.0

佐藤友

473

1.41.0

3/4

9

3着

1

ドリームスカイラブ

笠松

57.0

花本正

507

1.41.2

1

8

4着

6

ミヤジチョビ

名古屋

57.0

大畑雅

471

1.41.4

1

2

5着

5

エーシンマギー

笠松

55.0

筒井勇

457

1.41.5

1/2

7

6着

7

シャインモーメント

兵庫

57.0

丸野勝

487

1.41.7

1 1/2

6

7着

8

タッチデュール

笠松

55.0

東川公

425

1.41.9

1 1/2

3

8着

4

バンダムミュートス

笠松

57.0

向山牧

481

1.42.1

1

5

9着

3

ユーセイクインサー

名古屋

54.0

今井貴

432

1.42.9

4

4

10着

10

ハイパフォーマンス

笠松

57.0

吉井友

447

1.43.2

1 1/2

10

 

【寸評】  1着 ドリームカトラス……スタート直後に内に切れ込んでミヤジチョビ以下に不利はあったが、意欲的にハナを切って結局逃げ切り勝ち。決して楽な流れではなかったが、最後まで脚色が鈍ることはなかったし、出来の良さが直結した一戦だったと言えよう。  2着 エイシンダッシュ……終始ラチ沿いを通っていたとはいえ、上り36秒9はメンバー中最速。スタート直後に不利があったし、それがなければあるいは勝っていたかも?という走りだった。まさに「負けて強し」の内容だ。  3着 ドリームスカイラブ……好発を決め、道中は3、4番手からの競馬。前2頭(ドリームカトラスとミヤジチョビ)がやや競る展開になっていたため、おあつらえの流れ。その中を結局3着では正直物足りないが、体調面が本当でなかった点を踏まえると及第点だろう。

 

【レース後のコメント】

1着 ドリームカトラス

尾島徹騎手……先生から「ハナか2番手の積極的な競馬をしてこい」という指示を受けていたので、今日はそのようなレースを心がけました。結果、ハナへ行くことができましたし、最後まで強い内容だったと思います。乗り味のいい馬ですし、まだ強くなる要素を秘めていると思いますので、今後も応援よろしくお願いします。
伊藤強一調教師……前走以上の状態に持ってこれていたし、その前走も距離不足だったからね。距離が延びれば当然チャンスはあると思っていたし、結果を出せて嬉しいよ。しかもうちのワン・ツーどころか、ワン・ツー・スリーのおまけ付きだからね。今後はとりあえずひと息入れさせて、秋以降、まずは地元を中心のローテを組もうと考えているよ。