• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2013年度

 

名古屋・第14回 尾張名古屋杯(SPⅡ)

 

 2013年04月30日3回名古屋2日10R サラ系クラス混合・SPⅡ 重 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

5

キクノグラード

名古屋

55.0

岡部誠

488

1.41.0

 

2

2着

2

リバルドホープ

名古屋

57.0

柿原翔

443

1.41.3

1 1/2

1

3着

7

バトルマグマ

名古屋

57.0

丸野勝

468

1.41.5

1 1/2

4

4着

3

マコトカリバーン

名古屋

57.0

宇都英

492

1.42.4

4

3

5着

9

キリマンジャロ

名古屋

57.0

竹下太

533

1.42.7

1 1/2

5

6着

4

タツフレンチ

名古屋

57.0

持原大

489

1.43.0

1 1/2

6

7着

6

セイピーシーズ

名古屋

55.0

小山信

466

1.44.1

5

9

8着

1

サイキョウアサカゼ

笠松

57.0

中野省

440

1.44.3

1 1/2

7

9着

8

ベルモントオメガ

名古屋

57.0

山田祥

512

1.46.5

大差

8

 

【寸評】  1着 キクノグラード……唯一のB級からの参戦。前半はかなり行きたがっていたが、2角でマコトカリバーンの後ろに入れるとようやく折り合った。勝負どころの3角では岡部騎手の合図に瞬時に反応すると、直線ではあっという間に逃げるバトルマグマを捕まえそのまま突き放した。確かに斤量差はあったが、道中掛かったロスも考えるとかなり強い。  2着 リバルドホープ……割れたメンバーだったが、単勝1番人気。前半はやや置かれ気味でいつも通りの中団からとなるが、仕掛けるといい伸び脚を見せた。  3着 バトルマグマ……スタートで出していったため前半はやや行きたがる面が見られたがすぐに折り合った。ただ、道中マコトカリバーンらのプレッシャーもあり楽逃げとはいかず。それでも、直線でも簡単には止まらなかったし、この馬も力は相当。時計的にも十分走っている。  4着 マコトカリバーン……2番手からの競馬で終始逃げるバトルマグマをマークする形。3角で早めに前をとらえに行く競馬を見せたが、結局直線では力尽き、脚が鈍った。

 

【レース後のコメント】

1着 キクノグラード
藤森厩務員……テンに掛かりましたが、岡部騎手がすぐに馬の後ろに入れてくれたので、その後はスムーズな競馬ができました。3、4角でも手応えに余裕があったようです。格上馬相手で、あんな強い勝ち方ができるとは。まだB級の籍ですし、今後がさらに楽しみになりましたね。

 

 

 

名古屋・第15回 かきつばた記念(JpnⅢ)

 

 2013年04月29日3回名古屋1日10R サラ系4歳以上・オープン・JpnⅢ 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

1

ティアップワイルド

栗東

55.0

石橋脩

530

1.26.4

 

1

2着

6

ダノンカモン

栗東

54.0

川田将

530

1.26.8

2

2

3着

10

サイモンロード

名古屋

54.0

丸野勝

520

1.26.8

5

4着

2

ダイショウジェット

栗東

54.0

柴山雄

570

1.26.9

3/4

4

5着

9

コスモワッチミー

高知

54.0

赤岡修

504

1.27.8

4

6

6着

4

セレスハント

栗東

56.0

岩田康

488

1.28.2

2

3

7着

5

ブライトシンプー

名古屋

54.0

竹下太

495

1.28.5

1 1/2

8

8着

11

エーシンエフダンズ

兵庫

54.0

川原正

497

1.28.8

1 1/2

9

9着

7

アポロヴァンドーム

金沢

54.0

今井貴

523

1.29.8

5

10

10着

8

キングコーリンオー

名古屋

54.0

大畑雅

471

1.29.8

11

11着

3

トウホクビジン

笠松

52.0

佐藤友

451

1.30.5

3

7

 

12

クイックリープ

高知

54.0

宮川実

 

 

 

 

 

【寸評】  1着 ティアップワイルド……好スタートを切ったが、行く気を見せるサイモンロードと無理な競り合いは避け2番手からの競馬。3角で前に少し離されかけたが、エンジンが掛ってからはサッと並びかけ、あとは余裕の走りっぷり。混戦のなかの1番人気であったが、勝ちにいく競馬できっちりと期待に応えてみせた。中央では1200m限定といった印象だが、小回りの地方では1400mぐらいの方が4つコーナーを回れるので合っている。  2着 ダノンカモン……初の交流グレード。もともと器用さに欠ける面があるので、小回りでどうかといった印象。レースはその通り、向正面で一瞬置かれかけた。それでもエンジンが掛かると伸びは抜群で、最後は2着まで追い込んできた。  3着 サイモンロード……なにがなんでもの姿勢でハナへ。道中はすぐ後ろにティアップワイルドのプレッシャーと楽ではなかったが、それでも3角では勝ち馬をしのぐ手ごたえで一瞬「やったか!」と思うほど。最後はバタバタになってしまったが、もう少しで2着かという3着。名古屋ナンバー1を強く印象づけるとともに、中央馬のなかでも堂々と渡り合ったのは立派。  4着 ダイショウジェット……プラス9キロ、570キロの馬体ではこの小回りではエンジン全開は難しいようで、内をロスなく回るも最後は思ったほど伸びなかった。  6着 セレスハント……パドックを悠々と周回する姿は目に止まったが、レースでは最初まともにかかってしまい万事休す。かきつばた記念は4→5→6着と年々着順を下げている。

 

【レース後のコメント】

1着 ティアップワイルド
石橋脩騎手……内枠だったしハナへいくつもりでいましたが、外のサイモンロードが思いのほか速くて競り合ってもいけないので控えました。前走、馬の後ろに入れて競馬をした際に、気を遣うような素振りを見せたので、モマれない競馬を心がけました。今日は跨った感触もいつも以上に良くて、厩舎の皆さんがきっちり仕上げてくれたのだと思います。道中の手応えは良かったのですが、3、4角で少し気を抜くような面を見せて、しかも前の馬の手応えが相当楽そうに見えたので少し焦りましたが、馬体を併せたときには脚いろが逆転していましたし、後ろからもこられないだろうと思ったので、勝利を確信しました。常に一生懸命に走ってくれるところがこの馬のいいところです。応援ありがとうございました。

 

 

  

 

 

 

笠松・第22回 オグリキャップ記念(SPⅠ)

 

 2013年04月23日2回笠松1日11R サラ系4歳以上・オープン・SPⅠ 良 2500m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

2

ナムラダイキチ

金沢

56.0

畑中信

508

2.41.3

 

1

2着

7

ジャングルスマイル

金沢

56.0

吉原寛

487

2.43.2

9

3

3着

1

トーホウカイザー

名古屋

56.0

岡部誠

500

2.43.4

1 1/2

2

4着

6

サイレントスタメン

川崎

56.0

町田直

487

2.43.8

2

4

5着

4

バンダムミュートス

笠松

56.0

向山牧

494

2.45.4

8

6

6着

3

サイキョウアサカゼ

笠松

56.0

中野省

441

2.47.3

9

8

7着

10

イーグルビスティー

岩手

56.0

高松亮

474

2.47.7

2

9

8着

8

ピュアストーン

名古屋

54.0

阪野学

494

2.48.0

1 1/2

7

9着

9

マイネルファルケ

大井

56.0

東川公

518

2.48.1

5

10着

5

アドマイヤヘッド

名古屋

56.0

森島貴

444

2.50.2

大差

10

  

 

【寸評】  1着 ナムラダイキチ……前走比マイナス3キロ。太めなく仕上がっていた。先行2頭の小競り合いを見る格好で3番手をスムーズに追走。しっかり折り合いもついていたし2周目向正面に入るや否やスパートを開始。3角で楽々と先頭に躍り出て後続に9馬身差の快勝劇。ここではモノが違った。  2着 ジャングルスマイル……昨年の覇者。一周目の向正面でマイネルファルケに絡まれて、思ったほどスローに落とせなかった。勝ち馬との差はいかんともしがたいが、やや厳しい流れになりながらも2着を死守した点は評価できる。  3着 トーホウカイザー……馬なりで中団を追走。先頭集団とはやや差があったが、テンがやや速かったのもあって、残り800mあたりからぐんぐんと前へ接近。3角を回った時には2着はあるかと思えたが、直線でやや脚いろが鈍ってしまった。

 

【レース後のコメント】

1着 ナムラダイキチ
畑中信司騎手……仕上がりは良さそうだったので、息さえもてば何とかなると思っていました。ジャングルスマイルのしぶとさは警戒していましたが、前の2頭がやりあってくれたのもあって、勝負どこでも楽に追い上げることができました。やはり強い馬ですね。
藤木一男調教師……久々の実戦が2500mという点に少しだけ不安はありましたが、仕上げは問題なかった。転入後初めての輸送となった前走は本来の走りができなかったけど、今日は慣れたのか入厩後も元気一杯でした。次走は5月5日の北國王冠の予定。基本的には地元の重賞路線だけど、今日の感じならそろそろ遠征することも視野に入れたいね。

 

  

 

 

 

笠松・第39回 新緑賞(SPⅡ)

 

 2013年04月08日1回笠松1日9R サラ系3歳・オープン・SPⅡ 良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

6

ユーセイクインサー

名古屋

54.0

岡部誠

436

1.42.6

 

2

2着

9

トライアンフバイオ

笠松

56.0

藤原幹

489

1.43.3

3

4

3着

3

ホウライジェントル

名古屋

56.0

柿原翔

500

1.43.4

1/2

3

4着

1

コスモカリヨン

笠松

56.0

濱口楠

464

1.43.6

1 1/2

5

5着

2

マユノプーリン

笠松

54.0

尾島徹

400

1.44.0

2

7

6着

10

ゴールドブラザー

笠松

56.0

佐藤友

460

1.44.2

1

1

7着

4

ハイアンドノーブル

笠松

54.0

向山牧

373

1.45.0

4

6

8着

7

ルード

笠松

54.0

大原浩

418

1.45.6

3

10

9着

8

ササノハサラサラ

笠松

54.0

筒井勇

386

1.47.5

9

8

10着

5

ケンガミネ

笠松

54.0

森島貴

426

1.47.7

1 1/2

8

  

【寸評】  1着 ユーセイクインサー……前2頭が競って、理想的な3番手。全頭中、一番いい手応えで4コーナーを回ってあっさり先着。展開が向いたところもあった一戦だが、それを見越した鞍上の好騎乗、それに応えた馬の力が光った内容だった。  2着 トライアンフバイオ……コスモカリヨンと競り合う形になって大崩れしても不思議はない展開だったが、しぶとく粘って連を死守。距離延長、あるいは一気の相手強化にも対応してみせたし、2着とはいえ中身の濃い一戦だったといえよう。  3着 ホウライジェントル……道中は好位で脚をタメて、折り合いに専念。4コーナー手前で仕掛けを開始し、3着に進出。特筆すべき走りではなかったが、好位から手堅くまとめたのは収穫。馬っぷりがいい馬だし、今後も追いかけて損はない1頭だろう。 

 

【レース後のコメント】

1着 ユーセイクインサー

岡部誠騎手……初めて騎乗する馬で心配な面はありましたが、追い切りの動きが良かったと聞いてましたし、返し馬の感触も良かったですからね。レースでははじめ佐藤騎手の動向(ゴールドブラザー)を気にしてましたが、手応えがあまりよくなさそうだったので、目標を前2頭に切り替えました。ちょうど競り合っていましたし、流れも向いた一戦でしたね。でも気性が素直ですし、この馬自身も走る馬だと思います。先々が楽しみですね。
倉地学調教師……今回はカイ食いが良かったし、追い切りの感触も良かった。前走時と比較すると、臨戦過程に納得できていましたから、結果に繋がって満足しています。距離も不問ですし、このあとのクラシック戦線が楽しみになってきましたね。次走は駿蹄賞か、東海クイーンカップを予定していますが、まずはそこでも結果を出しておきたいところです。

 

  

 

 

名古屋・第53回 東海桜花賞(SPⅠ)

 

 2013年04月05日1回名古屋4日11R サラ系4歳以上・オープン・SPⅠ 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

10

サイモンロード

名古屋

57.0

丸野勝

523

1.27.2

 

1

2着

6

ミヤジメーテル

名古屋

55.0

大畑雅

480

1.28.4

6

4

3着

3

ワールドハンター

兵庫

57.0

吉村智

523

1.28.6

1 1/2

8

4着

1

ブライトシンプー

名古屋

57.0

竹下太

491

1.29.1

2 1/2

5

5着

11

エーシンエフダンズ

兵庫

57.0

尾島徹

498

1.29.3

1 1/2

10

6着

7

トウショウジオン

金沢

57.0

吉田晃

508

1.29.3

11

7着

5

メモリージルバ

名古屋

57.0

藤原良

468

1.29.6

1 1/2

7

8着

4

トウショウクエスト

金沢

57.0

東川公

538

1.29.8

1

3

9着

9

マイネルセグメント

名古屋

57.0

戸部尚

465

1.30.0

3/4

6

10着

2

キングスゾーン

名古屋

57.0

柿原翔

514

1.31.7

8

9

11着

8

デジタルゴールド

名古屋

55.0

岡部誠

469

1.31.7

2

 

【寸評】  1着 サイモンロード……外枠でも小細工などは考えず自分の競馬に徹し、持ち味を存分に発揮。平均ペースに持ち込み楽々と逃げ切る。  2着 ミヤジメーテル……マイペースとはいかなかったが、外へうまく持ち出せたし、気分を害することなく、スムーズに追走。完敗ではあったが、力は出せたレース内容。  3着 ワールドハンター……経済コースをロスなく回り、完璧なレース運び。一旦は2番手に押し上げかけ、伸び切れなかったのは力的なものか。

 

【レース後のコメント】

1着 サイモンロード

丸野勝虎騎手……これまで逃げて強い競馬をしてきましたし外枠でしたが、戦法に迷いはなかったですね。道中はこの馬を気持ち良く走らせることに専念しました。非常に乗りやすいので、うまく運べたと思います。後続に差をつけましたし、強い内容でしたね。まだ5歳という年齢からも今後が楽しみです。