• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2012年度

 

笠松・第35回 サマーカップ(SPⅢ)

 

 2012年07月27日7回笠松4日10R サラ系3歳以上・オープン・SPⅢ 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

2

シンボリバッハ

兵庫

57.0

木村健

518

1.26.8

 

1

2着

7

エーシンエフダンズ

兵庫

57.0

川原正

494

1.26.8

2

3着

4

エーシンホーマー

笠松

57.0

岡部誠

478

1.26.8

3

4着

3

トウホクビジン

笠松

55.0

吉井友

437

1.27.1

1 1/2

7

5着

1

エーシンアクセラン

笠松

57.0

尾島徹

498

1.27.3

1 1/2

6

6着

5

アンシャンレジーム

笠松

57.0

筒井勇

536

1.27.3

10

7着

10

ニシノコンサフォス

名古屋

57.0

阪野学

514

1.27.5

1 1/2

5

8着

8

バンダムミュートス

笠松

57.0

向山牧

488

1.27.7

1

4

9着

6

マヤノバルトーク

金沢

57.0

吉田晃

505

1.27.9

1

9

10着

9

イーグルビスティー

金沢

57.0

郷間勇

461

1.27.9

8

  

 

【寸評】  1着 シンボリバッハ……スタートひと息。道中も押して押しての追走で手応えがよくなかったのは、初めての遠征の影響か。それでも直線では外を回ってしぶとく伸び、残り30メートルで前2頭を一気に抜き去った。やはり力は相当で、見事単勝1番人気の支持に応え重賞初制覇。  2着 エーシンエフダンズ……多少、テンに仕掛けたとはいえ、2番手でうまく流れに乗れた。4角先頭の勝ちパターンで押し切れなかったのは、本調子でないせいかも。  3着 エーシンホーマー……強敵を相手に堂々と正攻法の逃げ。強敵に3角から並びかけながら、よく踏ん張った。重賞制覇も遠い話ではなさそうだ。

 

【レース後のコメント】 

1着 シンボリバッハ
木村健騎手……いつもなら掛かり気味の追走になるくらいなのに、今日は反応が悪かった。なれない遠征の影響もあったかな。スタートも悪かったけどそれでも勝てたし、今日はよく頑張ってくれたね。
吉行龍穂調教師……夏場が得意なタイプではないし、輸送の影響で本来の馬力ではなかったみたいだね。今後のことは未定だけど、これまで通り短いところを中心に狙っていきますよ。

 

  

 

 

名古屋・第16回 名港盃(SPⅡ)

 

 2012年07月19日9回名古屋3日11R サラ系3歳以上・オープン・SPⅡ 良 1900m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

11

ミヤジメーテル

名古屋

55.0

大畑雅

481

2.01.9

 

6

2着

3

エーシングレーソロ

笠松

57.0

丸野勝

495

2.02.5

3

1

3着

4

マルヨフェニックス

笠松

57.0

尾島徹

484

2.03.1

3

3

4着

1

ヒカルマンテンボシ

金沢

57.0

吉田晃

483

2.03.3

1

5

5着

5

ヒカルプリンス

金沢

57.0

吉原寛

472

2.03.8

2 1/2

9

6着

2

キョウワシャドー

兵庫

57.0

吉村智

451

2.03.9

8

7着

9

ホウライエイブル

名古屋

57.0

柿原翔

422

2.04.2

1 1/2

4

8着

6

デジタルゴールド

名古屋

55.0

岡部誠

452

2.04.6

2

2

9着

8

ミサキティンバー

名古屋

57.0

横井将

528

2.04.6

10

10着

7

キングスゾーン

名古屋

57.0

今井貴

508

2.05.0

2

7

11着

10

スペースシャトル

福山

57.0

周藤直

459

2.05.0

11

  

【寸評】  1着 ミヤジメーテル……今回は外枠というのも幸いして楽に好位キープ。緩いペースで折り合いもバッチリ、思惑どおりのレース運びができた。勝負どころでは他馬とは手応えが違い、4角あたりでは勝利を確信するまさに完勝といった内容だった。中央2勝馬で、当地に来てからも5戦3勝、出遅れなければすべて勝っていた実績馬だけに、この6番人気はちょっとなめられすぎた!?   2着 エーシングレーソロ……例によって後方からの競馬。道中2コーナーあたりでは早くも始動し、向正面あたりでは外め外めを反応良く押し上げていった。しかし、緩い流れも相まって、エメラルドオープンの時のように一網打尽とはいかず。2着確保で地力を証明するにとどまった。  3着 マルヨフェニックス……位置取りが後ろすぎた面こそあったが、1番人気のエーシンが動いた向正面では置かれ気味。最後は地力でなんとか3着には来たが、直線の切れにもこの馬らしさが見られなかった。  8着 デジタルゴールド……持ち前のスピードでハナに立てたが、重馬場のときのように他を引き離しての逃げとはいかず。キングスゾーンの横からのプレッシャーも堪えたようで、直線でバタッと止まった。距離も長かったようだ。

 

【レース後のコメント】 

1着 ミヤジメーテル
大畑雅章騎手……勝因は外枠からすんなり3番手の競馬ができたことでしょうね。移籍当時より発馬が良くなっていたのも良かったようです。凡走時はフケの関係で情緒不安定のとき。やはり能力はあります。4歳馬ですし、これからも楽しみな馬ですね。

 

  

 

 

 

笠松・第36回 クイーンカップ(SPⅢ)

 

 2012年07月13日6回笠松3日11R サラ系3歳・牝馬・オープン・SPⅢ 重 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

9

スズカウインダー

名古屋

54.0

戸部尚

438

1.40.7

 

2

2着

4

マーメイドジャンプ

笠松

54.0

筒井勇

410

1.40.7

1

3着

5

オリオンローザ

名古屋

54.0

大畑雅

464

1.42.0

6

3

4着

2

ミカワノウインド

金沢

54.0

尾島徹

438

1.42.7

3

8

5着

1

ボントショウガツ

名古屋

54.0

丸野勝

512

1.43.4

3

6

6着

10

ロイヤルメイプル

名古屋

54.0

柿原翔

418

1.43.6

1 1/2

7

7着

8

セントウイナー

笠松

54.0

吉井友

443

1.43.9

1 1/2

5

8着

7

リフレイン

名古屋

54.0

丸山真

413

1.44.5

3

9

9着

3

ケライノ

笠松

54.0

島崎和

475

1.45.9

7

10

競走中止

6

ヒトメボレ

笠松

54.0

向山牧

481

 

 

4

  

 

【寸評】  1着 スズカウインダー……外枠のぶん少々テンに無理をしたが、2番手を取りに行った。道中も速い流れだったが、最後まで踏ん張った。自分の型に持ち込めるとやはり強い。  2着 マーメイドジャンプ……ゲート内でチャカつき、やや出遅れる。そのぶんテンに脚を使ったのが、直線で脚いろが合った遠因かも。ただ、力のあるところは十分に示せた。  3着 オリオンローザ……最初の4角で前走馬が落馬。その影響で外を回された。それがなくても勝ち負けになったかは微妙だが、末脚は悪くなかった。力はある。

 

【レース後のコメント】 

1着 スズカウインダー
戸部尚実騎手……ゴールした時は勝ったかどうかわからなかったけど、勝ててよかった。今日は外枠からモマれずにすんなりした競馬ができたのと、相手が後ろから追いかけてくれて集中力を切らさず走れたのがよかったね。

川西毅調教師……ペースは速くなってもいいから、積極的な競馬をしてほしいと指示しました。自分のリズムで競馬をするとしぶといからね。相手に合わせるより、自分のスタイルを貫いた方がいいタイプだと思う。今後は秋桜賞を視野に入れながら調整していきたいです。