• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2012年度

 

名古屋・第14回 かきつばた記念(JpnⅢ)

 

 2012年05月04日3回名古屋5日11R サラ系4歳以上・オープン・JpnⅢ 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

5

セイクリムズン

栗東

57.0

岩田康

519

1.26.1

 

1

2着

9

ダイショウジェット

栗東

54.0

柴山雄

561

1.26.5

2

2

3着

11

ラブミーチャン

笠松

52.0

濱口楠

515

1.26.8

1 1/2

3

4着

6

エーシンクールディ

笠松

52.0

尾島徹

494

1.27.1

1 1/2

7

5着

10

セレスハント

栗東

55.0

福永祐

484

1.27.1

4

6着

4

ジーエスライカー

名古屋

54.0

吉田稔

492

1.27.3

1

6

7着

1

サマーウインド

栗東

60.0

藤岡佑

524

1.27.8

2 1/2

5

8着

8

ニシノコンサフォス

名古屋

54.0

大畑雅

532

1.28.1

1 1/2

10

9着

3

ナイキハイグレード

高知

54.0

川島正

485

1.28.3

1 1/2

8

10着

7

トウショウジオン

金沢

54.0

吉田晃

508

1.29.1

4

9

11着

2

テイエムカゲムシャ

船橋

54.0

東川公

509

1.29.8

3

12

12着

12

コロニアルペガサス

笠松

52.0

大原浩

491

1.30.7

4

11

 

【寸評】  1着 セイクリムズン……単勝オッズ1.3倍の圧倒的な1番人気に支持された。レースは3番手につけたラブミーチャンを見る絶好位をキープ。3コーナーでラブミーチャンが勢いよくまくっていったが、それに馬体をピッタリ併せに行き、プレッシャーを与える岩田騎手は抜かりなし。直線では粘るラブミーチャンを地力の違いで振り切って悠々とゴールイン。09~10年のスマートファルコン以来となる、史上2頭目の連覇を達成した。    2着 ダイショウジェット……54キロで出られるのは、2009年3月のポラリスS以来、実に2年ぶり。それだけに力を存分に発揮できる期待感はあった。実際に、直線は勝ち馬を凌ぐ伸び脚を見せていた。まあ、早めに立ち回れるセイクリムズンに比べると器用さのないので、その辺がこの着差ということなのだろう。  3着 ラブミーチャン……スタートは決めたが、外枠ということもあり先手争いには加わらず、その後ろののの3番手は予定通り。あとは前の2頭をいつ仕留めようかといったレースに徹した。ただ、セイクリムズンのプレッシャーがきつく早めに動かざるを得ない展開で4角先頭。もうちょっと遊んでくれればさらにやれただろうが、それでも渋太く粘り込んで3着。やはり地方の短距離では力は抜けている。  4着 エーシンクールディ……前走東海桜花賞に続き、ジーエスライカーとの激しい競り合いとなったが、今回は内枠ジーエスがコーナーを利してハナを取りきり、同馬は2番手に譲った。まあこの距離では先手争いが熾烈になるのは仕方がないが、直線では再度伸びてきていただけに、すんなり先手が取れていたならと思わせる内容だった。

 

【レース後のコメント】 

1着 セイクリムズン
岩田康誠騎手……結構、テンに速い馬がそろっていたので、それらを見る形で競馬がしたいと思っていたし、いい展開になったと思います。ラブミーチャンをマークする感じで道中はいきました。こんな馬場(前残り)の馬場ですし、後ろから差してくる馬はいないとみて、早めにスパート。強かったですね。本当男前な馬です。これから秋のJBCスプリントまでは無敗でいきたいと考えています。これからもセイクリムズンを応援してください 

 

  

   

 

 

  

名古屋・第51回 駿蹄賞(SPⅠ)

 

 2012年05月03日3回名古屋4日10R サラ系3歳・オープン・SPⅠ 重 1900m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

5

アウヤンテプイ

笠松

56.0

尾島徹

463

2.03.9

 

1

2着

7

オーリーライアン

名古屋

56.0

佐藤友

428

2.04.1

1 1/2

6

3着

1

ヴィグラスサウンド

名古屋

56.0

戸部尚

450

2.04.3

1

4

4着

9

ブライトシンプー

名古屋

56.0

宇都英

471

2.04.9

3

8

5着

11

ノゾミカイソク

名古屋

56.0

丸野勝

447

2.04.9

2

6着

12

ネオンオーカン

名古屋

56.0

大畑雅

483

2.05.1

1 1/2

11

7着

3

マイネルセグメント

名古屋

56.0

今井貴

454

2.05.2

3

8着

6

オンワードモンテ

名古屋

56.0

竹下太

463

2.05.7

2 1/2

10

9着

8

グレンダウザー

名古屋

56.0

柿原翔

529

2.05.8

5

10着

10

トミシノドラゴン

笠松

56.0

東川公

474

2.06.3

2 1/2

9

11着

2

タキカズ

名古屋

56.0

向山牧

409

2.06.5

1 1/2

12

12着

4

マイネルスクデット

名古屋

56.0

児島真

503

2.07.0

2 1/2

7

 

【寸評】  1着 アウヤンテプイ……前走から馬体重15キロ減だったが、そこまで細くは映らなかった。発馬で少しプッシュして行く構えも見せたが、内のヴィグラスサウンドが主張したのですんなり2番手に下げて折り合った。道中は後続がゴチャつく展開とは対照的に終始マイペースの流れになったのは幸いしたが、3角で先頭に並びかける磐石のレース運びで完勝。まずは一冠。  2着 オーリーライアン……終始インでロスなく追走できた半面、もう少し早めに外へ出せていれば、もっと詰め寄れたかも、といったレース内容。それでもアウヤンテプイをしのぐ37秒8の最速上りで、東海ダービーに向けてもメドがついた。  3着 ヴィグラスサウンド……最内枠を利してマイペースで行けたし先行有利の馬場状態をいかし、持ち味を出し切っての結果。  5着 ノゾミカイソク……アウヤンテプイをマークするように3番手でレースを進めたが、3コーナーでは振り切られてしまった。勝ち馬とは力差を見せ付けられたかたち。  7着 マイネルセグメント……スタート後にぶつけられたり、1コーナーでも狭くなるなどスムーズさを欠いた。おまけに、最終コーナーであそこまで大外を回すロスがあっては。きょうは参考外といっていい内容。

 

【レース後のコメント】 

1着 アウヤンテプイ
尾島徹騎手……距離が距離だけに折り合いを心配していたけど、スローペースでも折り合いはついていました。むしろ、つきすぎて元気がないのかと心配になったくらい(笑)。まだまだ気性的にアテにしづらい面はあるけど、まともなら力上位は間違いないですからね。体調面ではさらに伸びシロがあるだろうし、ダービーも期待しています。

 

  

 

 

 

  

名古屋・第12回 尾張名古屋杯(SPⅡ)

 

 2012年05月02日3回名古屋3日11R サラ系A・B・Cクラス混合・SPⅡ 不良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

9

デジタルゴールド

名古屋

55.0

丸野勝

463

1.40.3

 

2

2着

2

エーシンサンダー

笠松

57.0

東川公

503

1.40.7

2

1

3着

3

ミサキティンバー

名古屋

57.0

横井将

526

1.41.1

2

3

4着

7

セイピーシーズ

名古屋

55.0

竹下太

466

1.42.3

6

4

5着

10

モエレウェバリング

名古屋

55.0

今井貴

454

1.42.6

1 1/2

5

6着

1

マスターバリスタ

岩手

53.0

吉井友

407

1.43.4

4

11

7着

5

ヒカルアヤノヒメ

名古屋

53.0

丸山真

472

1.43.7

1 1/2

9

8着

11

デルマジョン

名古屋

57.0

丹羽克

475

1.44.5

4

6

9着

6

オグリピッコロ

笠松

51.0

藤原幹

399

1.44.5

8

10着

4

テイエムカルチェ

笠松

53.0

筒井勇

454

1.45.0

2 1/2

7

11着

8

アオイフェアリー

名古屋

53.0

友森翔

422

1.47.3

大差

10

 

【寸評】  1着 デジタルゴールド……一日中降り続いた雨の影響で、ぐちょぐちょの不良馬場。抜群のスタートを決めマイペースの逃げに持ち込んだ。先行有利の馬場も幸いしたが、軽快な走りで危なげない勝ちっぷり。年始の尾張名古屋杯でも人気で惨敗したりと、なかなか重賞に手が届かなかったが、ようやくこれで重賞初勝利となった。   2着 エーシンサンダー……デジタルゴールドと人気を分けたが、最終的にはこちらが1番人気。スタートでモタつき、前半は内でゴチャついた。マイペースの競馬ができた勝ち馬に比べるとちょっとかわいそうなレースになったし、しかも先行有利が顕著な馬場では…。連勝が止まってしまったのは残念だが、むしろこんな状況下でもしっかり差して2着を確保したことは褒められるべき。  3着 ミサキティンバー……絶好位を追走できたが、伸びずバテず。時計もこの馬にしては速すぎたし、決め手の甘さが出た格好。

 

【レース後のコメント】 

1着 デジタルゴールド
竹川厩務員……丸野さんが追い切りの動きも良かったと言ってくれてましたし、馬体重を減らさないように気を遣いながら、今回を目標に調整してきました。正月の尾張名古屋杯では悔しい思いをしましたから、リベンジができましたね。ボクもこの世界に入って、初めての重賞勝ちになりましたし、本当に嬉しいです。先生からはもっと馬体を増やすように言われているので、今後はそうなるように頑張って仕上げていきたいです。

 

  

 

 

 

名古屋・第18回 東海クイーンカップ(SPⅠ)

 

 2012年05月01日3回名古屋2日11R サラ系3歳・牝馬・オープン・SPⅠ 良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

3

マーメイドジャンプ

笠松

54.0

東川公

411

1.42.0

 

3

2着

6

スズカウインダー

名古屋

54.0

戸部尚

440

1.42.4

2

1

3着

4

オリオンローザ

名古屋

54.0

柿原翔

462

1.44.4

大差

4

4着

1

オグリカントリー

笠松

54.0

吉井友

469

1.44.7

1 1/2

7

5着

11

ロイヤルメイプル

名古屋

54.0

宇都英

421

1.44.9

3/4

5

6着

7

ミヤシンボーラー

名古屋

54.0

今井貴

448

1.45.1

1 1/2

6

7着

8

レコパン

佐賀

54.0

鮫島克

432

1.45.7

3

2

8着

9

アイヴィトウショウ

名古屋

54.0

大畑雅

447

1.46.7

5

9

9着

5

ブラボークリチャン

笠松

54.0

向山牧

418

1.46.7

8

10着

10

ボントショウガツ

名古屋

54.0

丸野勝

518

1.47.2

2 1/2

10

11着

2

リフレイン

名古屋

54.0

丸山真

415

1.47.5

1 1/2

11

 

【寸評】  1着 マーメイドジャンプ……最近は枠内での所作が悪くなっているとのことだったが、スムーズにスタートを切れた。枠順の利で楽々で先手を取った後は絶妙なペース配分の逃げ。他馬に詰め寄られる場面は一度もなく、危なげない勝ちっぷり。  2着 スズカウインダー……単勝オッズ1.3倍の圧倒的な1番人気。レースは逃げるマーメイドジャンプをマークするかたちで追走をするも、プッシュすることができなくて。3角では並びかけようと外からかぶせていこうとしたのだが、追いつくことが出来ず。最後は同じ脚色になってしまった。3着には大差と一応の力は示せたが、勝っておきたかった。  3着 オリオンローザ……前日の落馬で阪野学騎手からの乗り替わり。出脚がもうひとつでテンに置かれたが、いい脚を長く使えていたし、この馬なりの伸び脚を見せた。ただ、追い切りではメンバー1の仕上がりを見せていただけに、上位2頭とは現状での力差を痛感させられた内容ともいえる。

 

【レース後のコメント】 

1着 マーメイドジャンプ
東川公則騎手……調子が上がっていたから期待はしていたけど、この馬はゲート次第のところがあるからね。今日はポンと出てハナを切れたのがよかったね。この後は順調なら園田のグランダムジャパンシリーズ(5月17日・のじぎく賞)を予定しています。