• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2012年度

 

笠松・第40回 ジュニアクラウン(P)

 

 2012年10月26日12回笠松4日10R サラ系2歳・オープン・P 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

9

エイシンルンディー

笠松

54.0

尾島徹

430

1.29.9

 

1

2着

2

マユノプーリン

笠松

54.0

今井貴

398

1.30.2

1 1/2

8

3着

6

ササノハサラサラ

笠松

54.0

筒井勇

406

1.30.7

2 1/2

2

4着

7

コットンリリー

笠松

54.0

濱口楠

438

1.30.8

5

5着

8

アナタナラドウスル

笠松

54.0

佐藤友

413

1.31.2

2

4

6着

1

デザートフラワー

笠松

54.0

藤原幹

456

1.31.6

2

7

7着

5

エールオブロビン

笠松

54.0

尾崎章

422

1.31.6

10

8着

10

トーセンリキマル

笠松

55.0

東川公

410

1.31.8

1

6

9着

4

オグリシチヘンゲ

笠松

54.0

吉井友

385

1.32.1

1 1/2

9

10着

3

セナリオヒル

笠松

54.0

向山牧

458

1.32.9

4

3

 

【寸評】  1着 エイシンルンディー……スッと2番手につけて、あとは折り合いに専念。しっかり脚をタメて4コーナーあたりから仕掛けるとぐいぐい伸びて1着。勝ち時計も優秀だし、今後も楽しみな素材だ。  2着 マユノプーリン……内々でうまく脚をタメていたのが同馬。好騎乗による結果だが、砂を被ってもヒルまなかった同馬の勝負根性も見事。  3着 ササノハサラサラ……前走で減らした馬体を回復させての出走。やや厳しいローテではあったが、いつも通りの堅実な脚を駆使して3着。展開次第では勝ち負けできる脚力がある馬だけに、今後も注目。

 

【レース後のコメント】

1着 エイシンルンディー

尾島徹騎手……先生に2番手から行くように指示を受けていましたし、思った通りの競馬ができました。すごく素直で癖とかもないですし、追ったあともしっかり伸びましたからね。先々も楽しみな馬だと思います。

伊藤強一調教師……ソエも治まったし、今日は自信を持てる状態だったので、十分チャンスがあると思っていたよ。とりあえずまだ気性的にうるさいところがあるので、当面は地元中心のローテにするかな。次走は11月20日のプリンセス特別を使う予定だよ。
 

  

 

 

笠松・第36回 岐阜金賞(SPⅠ)

 

 2012年10月12日11回笠松4日11R サラ系3歳・オープン・SPⅠ 良 1900m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

6

ブライトシンプー

名古屋

56.0

宇都英

476

2.04.4

 

1

2着

7

サカジロスイセイ

名古屋

56.0

岡部誠

474

2.04.4

2

3着

8

マルヨレギュラー

笠松

56.0

尾島徹

487

2.05.5

5

3

4着

9

マイネルセグメント

名古屋

56.0

今井貴

467

2.05.8

1 1/2

4

5着

10

エーシンスコルピオ

笠松

56.0

花本正

475

2.05.9

1/2

5

6着

1

ノゾミカイソク

名古屋

56.0

大畑雅

461

2.06.0

3/4

6

7着

2

タッチデュール

笠松

54.0

大原浩

436

2.06.2

1

9

8着

4

ボクノタカラモノ

笠松

54.0

吉井友

457

2.06.4

1 1/2

7

9着

3

セントウイナー

笠松

54.0

筒井勇

433

2.06.6

1 1/2

10

10着

5

スプリームブルー

名古屋

54.0

柿原翔

483

2.10.9

大差

8

 

【寸評】  1着 ブライトシンプー……出遅れたが、じんわりとポジションを上げ、向正面では射程圏内へ。3~4コーナーで出入りが激しくなったところをうまくさばいて最後までしっかり伸び切った。  2着 サカジロスイセイ……道中は折り合いに気を配りながらも、先行勢を見る好ポジションをキープ。定石通り3角で前を捕まえにかかり4角先頭。ただ、ソラを使うのか1頭になってから少し伸びがとまった印象。  3着 マルヨレギュラー……戦前の宣言通りの後方待機策。先着2頭には離されたものの、初重賞という事を考えるとよく伸びている。今後の成長次第では古馬になっても上位レベルで戦えそうだ。

 

【レース後のコメント】

1着 ブライトシンプー

宇都英樹騎手……僕自身が久しぶりの重賞勝ちだし、この馬にひとつ重賞を勝たせてあげることができてよかった。出遅れたけど、道中はそれなりのペースで流れていたから結果的に影響はなかった。2着馬がソラを使った感じもあったけど、いつもに比べればこちらも気を抜くことなく伸びてくれたのがよかったね。

伊藤定幸調教師……もう少し馬体が増えてくれることが理想だけど、馬自身は力をつけてくれているね。惜敗続きだったけど、3歳最後の重賞を勝てたのも嬉しいよ。これからは他地区の重賞も視野に入れていきたいね。