• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2011年度

 

 

名古屋・第50 駿蹄賞(SP

 

2011/05/05 3回名古屋4日11R サラ系3歳・オープン・SPⅠ 良 1900M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

5

ミサキティンバー

名古屋

56.0

山本茜

513

2.05.4

 

5

2着

3

モエレウェバリング

名古屋

56.0

安部幸

451

2.06.1

3

8

3着

2

ラヴィドール

名古屋

56.0

佐藤友

475

2.06.3

1 1/2

3

4着

4

マルヨコンバット

笠松

56.0

尾島徹

471

2.06.3

1

5着

1

オーナーシップ

笠松

56.0

東川公

467

2.06.5

1

6

6着

11

ジーエスデニーロ

名古屋

56.0

大畑雅

455

2.07.1

3

7

7着

12

アムロ

名古屋

56.0

戸部尚

463

2.07.2

2

8着

6

ブライトヒーロー

名古屋

56.0

宇都英

418

2.07.8

3

11

9着

9

バーンバーンバーン

名古屋

56.0

丸野勝

455

2.07.9

3/4

10

10着

10

ゼニトッタ

名古屋

56.0

吉田稔

461

2.09.6

8

4

11着

7

サカジロタイヨー

名古屋

56.0

岡部誠

430

2.10.4

4

9

12着

8

サウスギャラクシー

名古屋

54.0

柿原翔

456

2.11.3

4

12

 

【寸評】  ミサキティンバー……いつものように後方待機。出入りのない流れで前半の半マイルが51秒台と、予想外にゆったりとしたペースを豪快に差し切ってみせた。上り39秒0は、2番目に速いオーナーシップの40秒8を1秒8上回る数字。2、3着が前へ行った馬ということを考えると、ハマったとはいえ地力強化は本物。  モエレウェバリング……ペースが向いたし待機勢が伸びあぐねた面こそあったが、古馬にモマれた経験がいかせた感。コツコツした面がなく状態もベストに近かった。  ラヴィドール……淡々とした流れが幸いしたが、しぶとさが光ったし、勝ち馬同様に地力強化の賜物といったレース内容。  マルヨコンバット……3・1倍の1番人気。直前の攻め気配もよく、前走の新緑賞勝ちで波に乗ったかに思えたが…。大跳びゆえにピリッとした脚が使えず。小回り名古屋は合わないか?

 

【レース後のコメント】
1着 ミサキティンバー
櫻井今調教師……ローテは詰まっていたけど、1400mを使っていたことで反応も良かったし、太めも残らなかったね。次は(東海)ダービーだけど、ワイティタッチのときより手応えは感じているよ。太めを残さないようにしっかり乗って臨みたい。

 

 

  

 

 

 

名古屋・第10 尾張名古屋杯(SP

 

2011/05/04 3回名古屋3日11R サラ系4歳以上・クラス混合・SPⅡ 良 1600M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

2

バンブーアズーリ

名古屋

57.0

戸部尚

519

1.42.0

 

1

2着

6

ザッツファイン

名古屋

55.0

持原大

425

1.42.2

1 1/2

3

3着

5

マコトバンクウ

笠松

57.0

佐藤友

469

1.42.6

2

6

4着

9

デルマジョン

名古屋

57.0

丹羽克

467

1.42.8

1 1/2

7

5着

3

ケイウンヘイロー

名古屋

57.0

竹下太

506

1.43.1

1 1/2

8

6着

8

パラダイスラビーダ

名古屋

57.0

横井将

507

1.43.4

1 1/2

4

7着

10

サンキストゴールド

名古屋

57.0

柿原翔

473

1.44.1

3

9

8着

1

ニホンピロルーシー

名古屋

51.0

今井貴

419

1.44.1

5

9着

7

レッドブリッツァー

名古屋

55.0

岡部誠

499

1.44.2

1/2

2

10着

11

マサアンビション

名古屋

57.0

宇都英

492

1.45.4

6

11

11着

4

コスモルアノーヴァ

名古屋

53.0

丸山真

442

1.46.8

7

10

 

【寸評】  バンブーアズーリ……単勝1・6倍の1番人気。内枠を利してすんなりハナに立つと、道中は他馬とは推進力が違う走りでラクラクの逃げ。能力を考えるともっと突き離してほしかったが、それでも2年ぶりの実戦なら上出来か。さすがJRA1000万クラスを圧勝した馬はモノが違う。今後どれくらい出世できるか大いに楽しみ。  ザッツファイン……持原大志騎手のテン乗り。終始内目で脚をため、最後にかけたが勝ち馬の背中は遠く・・・・。とにかく相手が悪かった。  マコトバンクウ……昨年暮れの覇者で、中間は好調教が目立った。モサッと出て後方から。向正面で外に出し、直線でもさほどふくらまずメンバー最速の脚で追い込んだが3着まで。やはり課題はスタート。

 

【レース後のコメント】

1着 バンブーアズーリ
川西毅調教師……2番枠が当たったので、すんなりハナに立てればと思っていましたが、思惑通りの展開に持ち込めました。ブランク明けでもできることはやってきたつもりでしたが、結果を出してくれてホッとしています。やはり力はありますね。ただ、この程度の内容ではオープンで勝ち負けするのは難しいでしょう。今回から初めて預かった馬で、現段階でこの馬の状態がどれくらい戻っているのか把握できていませんし、まだ手探りなわけですから、今後は体調を見ながらのローテーションになります。まずは無事にレースを使っていくことが何よりも大事だと思っています。

 

 

   

 

 

 

名古屋・第13 かきつばた記念(Jpn

 

2011/05/03 3回名古屋2日10R サラ系4歳以上・オープン・JpnⅢ 稍重 1400M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

9

セイクリムズン

栗東

55.0

幸英明

520

1.25.9

 

1

2着

1

ミリオンディスク

栗東

55.0

蛯名正

533

1.26.3

2

3

3着

4

ラブミーチャン

笠松

52.0

濱口楠

514

1.26.3

4

4着

3

セレスハント

栗東

55.0

福永祐

482

1.27.5

6

2

5着

12

マルカハンニバル

名古屋

54.0

児島真

504

1.27.6

1/2

6

6着

6

ナイキハイグレード

船橋

54.0

川島正

497

1.27.9

1 1/2

7

7着

7

フィオーレハーバー

兵庫

54.0

岡部誠

487

1.28.0

1/2

8

8着

8

ガブリン

栗東

54.0

ウィリア

466

1.28.1

3/4

5

9着

11

シルバーウインド

名古屋

52.0

宇都英

515

1.28.2

11

10着

5

シルクウィザード

福山

54.0

野田誠

508

1.28.5

1 1/2

10

11着

10

タガノブリガデイロ

兵庫

54.0

木村健

491

1.28.6

9

12着

2

ゴールドネオ

名古屋

54.0

丸野勝

495

1.29.5

4

12

 

【寸評】  セイクリムズン……単勝1・2倍の圧倒的な1番人気。レースはじんわりと出て行って難なく2番手をキープすると、道中の折り合いもバッチリで余裕の追走。直線できっちりラブミーチャンをとらえ突き放した。初めての地方馬場も苦にせず圧勝。  ミリオンディスク……パドックでの気配はナンバー1。勝ち馬をマークする形で思惑どおりのレース運びも、勝負どころではやや置かれ気味。2着確保が一杯。ビュッとは切れぬが、そこそこいい脚を長く使うタイプでやはり地方の馬場はぴったり。  ラブミーチャン……プラス16キロと余裕残しの馬体ではあったが、天性のスタートセンスはさすが。淡々とした流れでマイペースに持ち込みあわやのシーンを演出した。最後はミリオンディスクにも交わされ3着となったが、次走に向けメドがつく内容だった。完全復活も間近!?  マルカハンニバル……スタートから積極的にレースを進めるが、上位との差は明らかで離れた5着が精一杯だった。

 

【レース後のコメント】
1着 セイクリムズン
幸英明騎手……落とせない一戦だと思っていたので勝てて良かったです。ウイニングランでは勝利をかみしめていました。レースはゲートを出てから組み立てようと思っていましたが、うまくスッと出てくれていい位置を取れましたからね。ラブミーチャンが前にいましたが、馬の手応えも良く、交わせると思っていました。どんどん力をつけていますね。きょうは1番人気に支持してくれてありがとうございました。