• トップ > トップ記事 > 2018年 > 12月

 好内容続く! ラピッドライズ!!

 前開催を終えて、名古屋リーディング争いは丸野勝虎騎手が現在132勝でトップ。2位の大畑雅章騎手とは7勝差、3位の岡部誠騎手とは9勝差をつけているだけに、ほぼほぼ当確ランプといっていいところだが、そこは名手が揃う名古屋けいば。まだまだ諦めるには早いとばかりに大畑雅・岡部誠両騎手は一気の追い込みで大逆転を狙っていることだろうし、逃げる丸野勝騎手もそんなことは重々承知のはず。今開催で決するハイレベルなリーディング争い。最後の最後まで気を抜けない熾烈なリーディング争いにぜひご注目ください。

 

 本日のメインは「コウヤマキ特別」(10R,15:45、A-3特別)。ここはリーディング快走中の丸野勝騎手が手綱を握る⑥ラピッドライズ(写真)を中心視したい。上位拮抗、実力馬揃いで難解な一戦となったが、こちらは中央2勝、1000万でも3着という実績馬。ここ2走はその実績どおりのパフォーマンスといっていい内容だったし、番手競馬やマイルへの順応も見せてくれたのは大きな収穫だ。もちろん、本質的には短の逃げ馬と見るのが正解。同型を制することができればよりベストな展開に、仮にそれが叶わなくてもここ一連の走りからすればそう簡単には崩れることはないはずだ。 ⑥⇒⑧②⑦⑩

(石井学)