• トップ > トップ記事 > 2018年 > 11月

 主役は譲らない!ボルドープラージュ

 今日(11/8)4日目は今開催の注目レース、グランダムジャパン2歳シーズンの一戦にも指定されている地方全国交流の 「第5回 ラブミーチャン記念・SPⅠ」が行われる。笠松第9R、発走15時35分。岩手ボルドーシエル、浦和ティーズビーチ、兵庫アヴニールレーヴと全国から遠征馬がやってきて今年も賑やかなメンバーが集まった。

 

 これまでの4年を振り返ると、17年エグジビッツ(北海道)1番人気3着、16年ヤマミダンス(金沢)1番人気1着、15年ミスミランダー(北海道)4番人気1着、14年ジュエルクイーン(北海道)1番人気1着と意外と好成績を残している。が、馬名をよく見てみるとジュエルクイーン、ミスミランダーはダートグレードでも好走するほどの馬だったし、ヤマミダンスも当時は2歳№1とまで言われた逸材だった。今年はアヴニールレーヴこそ兵庫若駒賞2着と重賞級の実力馬だが、例年に比べると少し足りないし、長距離輸送の負担がかかる遠征馬はやはり割り引くべきだろう。 

 

 というわけで、本命は素直に③ボルドープラージュ(写真)。前走後もバリバリ鍛え込んできたのが紙面の調教欄を見ても一目瞭然で、陣営が「悔いのない仕上げができた」というのも納得。鞍上の岡部誠騎手も10/23・西日本ダービー(金沢)に、10/31・マイルグランプリ(10/31)と最近立て続けに大きいレースを勝利しており、目下絶好調。また一つ大きなタイトルを獲得しそうだ。 

三連単③→⑥⑨⑧②①→⑥⑨⑧②① 100円×20点

三連単③⇔⑥⑨⇔⑥⑨⑧②① 100円×22点

204,220/270,700=回収率75.44%(前開催終了時点)

 (井本秀一)