• トップ > トップ記事 > 2018年 > 9月

 来週は名古屋けいば開催が11日(火)~14日(金)の連続4日間。グランダムジャパン古馬シーズンの一戦にも指定されているシリーズメインの「秋桜賞(SPⅠ)」は初日の11日(火)に行われます。なお、笠松けいば「長月(SPⅡ)シリーズ」後節は1週空いて19日(水)~21日(金)の連続3日間。こちらのメイン「オータムカップ・SPⅡ」は20日(木)発走となっております。秋になり競馬がますます盛り上がる季節。次週からの競馬もどうぞお楽しみに♪

 

 さて、本日の注目レースを。メインは1,600mで行われるC1組特別(イ)の「セプテンバー特別」。第12R、発走16時50分。前走1着馬が全10頭中8頭。残り2頭も2走前に勝っていたり、2走続けて3着だったりと好調馬ぞろいの一戦となった。

 前走C14組を1分42秒3の好タイムで逃げ切ったコノチヲツナイデ。同じタイムで走れば勝てる計算だが、その前走は不良馬場で時計の出やすい一日でもあったし、単騎で行ければ強いが、突かれたりすると2走前のように大きく負けることも考えられるタイプ。迷ったが2番手まで。本命は②ウインスーペリア(写真)。ここへ来ての充実ぶりは目を見張るものがあるし、前走も直線で気合いを入れるための鞭一発、あとは流すだけの余裕のある勝ちっぷり。この馬の伸びしろを上位にとった。 

単勝②ウインスーペリア 2,000円

三連単②⇔⑨①⑧⇔⑨①⑧④ 100円×21点

197,360/218,300=回収率90.41%(前開催終了時点)

 (井本秀一)