• トップ > トップ記事 > 2018年 > 6月

 ラブミーチャンの仔が、ついに笠松競馬場で走る日が来た。今日の第2R「サラ系3歳10組」。残念ながら、中央での2戦で結果を出すことができなかった。が、初戦は10着とはいえ勝ち馬と0.6秒差。大きな差ではないし、上り3Fもメンバー中最速だから間違いなく能力はある。順調に勝ち上がっていたらこの移籍はなかったはずなので、ラブミーチャンの仔が笠松で走る日を夢見てきた我々としてはむしろこの2走には感謝しなければいけないか。笠松に来たことがきっかけになって、母と同じように当地の競馬を盛り上げてくれたらこんなに嬉しいことはない。注目のラブミーボーイ、発走は11時30分です。

 

 さて、最終12R(16時50分発走)がメインの「東海クラウン」。今回は1,600メートルで行われる。蹄のケアで4カ月ぶりとなる実力馬ダイヤモンドダンスの取扱いがポイントだが、陣営と筒井騎手の話では「状態は7分程度」とのこと。すでに9歳とこれ以上を求めるのは難しい年だけにあまり積極的には買えないか。やはり買いたいのは状態がいい馬。①ラモントルドール(写真)は前走名古屋でA5組を勝ったばかりだが、2着リップルトウショウにつけた着差はナント2.3秒。そして、この中間の追い切りでは馬なりで好タイムを連発しており、さらに状態が上がっているのが明らか。陣営は「力試しの一戦」と捉えているようだが、十分に勝ち負けになりそうな感触だ。

単勝 ①ラモントルドール 3,000円

91,720/158,800=回収率57.76%(前開催終了時点)

 

僚馬との兼ね合いもあり今回は笠松に矛先 ラモントルドール

 

 次週は名古屋けいば開催。「ルビーシリーズ」と銘打ち、7月2日(月)・4日(水)~6日(金)の4日間で開催される。そして、次の笠松開催は翌週の7月10日(火)~13日(金)の連続4日間で「サマーカップ(SPⅢ)シリーズ」と題して行われる。シリーズメインの「サマーカップ・SPⅢ」は3日目の12日(木)発走。次週からの開催もどうぞお楽しみに!

(井本秀一)