2018/5/11 - 競馬エース
  • トップ > トップ記事 > 2018年 > 5月

 前開催、自身最多の7勝を挙げ開催リーディングに輝いた山下雅之騎手。兄弟子が全休して有力馬が多数回ってきたこともあるが、それをきっちりものに出来たのは自信になったようで、今開催も初日のメインで単勝ブービー人気(8番人気9頭中)のサムライズムを勝利に導くなど、とてもいいムードで競馬ができている。飛躍のきっかけをつかんだ今、ますます目が離せなくなった。

 

 というわけで、今日(5/11)最終日の「東海クラウン」(第11R、発走16時50分、距離1,400メートル)は山下騎手の⑤ベルボーム(写真)に◎。

 前走であらためて強さを示した⑨アペリラルビー、転入初戦が強烈なインパクトが忘れられない③ドレッドノート、久々のこの距離で持ち味のスピードが生きそうな⑧ライスエイト、他にも⑥フォークローバー②ドリームアロー①ハドウホウ⑦キクノセントロ④ゴールドブラザーと出走馬すべてに馬券絡みのチャンスがありそうな混戦メンバーだが、◎も4走前にJRA交流を勝ったときと同じ距離だし、きっちり勝ち切っておきたい。

単勝 ⑤ベルボーム 2,000円

80,230/120,600=回収率66.53%(前開催終了時点)

 

 

 来週、再来週は名古屋けいば開催。ともに火・水・木・金曜日の連続4日間で行われます。そして、次の笠松けいば開催は2週間あいて、5月28日(月)・30日(水)~6月1日(金)の4日間となります。

(井本秀一)