• トップ > トップ記事 > 2018年 > 2月

 16日に名古屋で行われた「梅見月杯」は宮下瞳騎手のポルタディソーニが優勝。「4角で迷惑を掛けてしまったので…」と自身は喜びよりもまず反省を口にしたが、「牝馬はただ1頭だけだったし、メンバーも前回より強かったから大丈夫かな?と心配していたけど、よう頑張ってくれた。瞳ちゃんとのコンビは最高だね」とオーナーの笑顔ははじけていた。次走は未定とのことだが、今後もこのコンビから目が離せない。

 

 さて、その瞳騎手は本日佐賀競馬場で行われる「レディスヴィクトリーラウンド(LVR)」の最終ラウンドに騎乗。重賞を勝った勢いそのままに抽選では2レースともに当たり(有力馬)を引き当てた。現在トップの別府真衣騎手とは僅かな差。当地区でもこの2レースの場外発売が行われるので、皆さんぜひ佐賀のLVRにもご注目ください。

 

 第20回笠松けいば初日。今日(2/20)のメインはB1組の1,400m戦 「トサミズキ特別」です。第12R。発走16時40分。ほぼ全馬が前走1着、このクラスらしく今回も好調馬が集結した。

 と激戦を匂わす言い方をしてしまったが、このメンバーではハヤブサゲッツマラカイトスターの2頭の素質が上。前でペースを作れる前者が展開的には有利に思うが、ゴムまりのようにギュッギュッと伸びる後者には勝ち味薄で片づけてしまうにはもったいない魅力を感じている。というわけで今回は⑤マラカイトスター(写真)に◎。いずれにせよ2頭の一騎打ちが濃厚だ。

馬連⑤=⑦ 5,000円

39,540/57,400=回収率68.89%(2018年・前開催終了時点)

  (井本秀一)