• トップ > トップ記事 > 2018年 > 2月

 途中、降雪がありながらも前開催は5日間を無事完走することができた。今年はこれでホッとひと安心、なーんて思っていた矢先、日本列島に再び強い寒気が流れ込んでくるというニュースが届いた。ホントにどうなってるんだ!? (4日18時現在)ピンポイント予報を見てみると、7日の笠松競馬場付近は曇り時々雪、最高気温5度・最低気温マイナス3度、降水確率60%。あー、どうか無事に競馬が行われますように…(って前も全く同じこと言ったな。汗)。

 

 さて、本日(2/7)のメインは1,400mで行われるA3組の「うぐいす特別」。第10R。発走16時40分。「白銀争覇」で3着の金沢ディアグリスターと5着ハドウホウが主力を形成。それに24日の吹雪で視界の悪いなか走っていた馬たちがどう巻き返すかがポイントとなりそう。

 

 中でも注目は①ハドウホウ(写真)。ディアグリスターはエンジンの掛かりが少し遅い。前走はスローペースとはいえ重賞の独特な流れで展開が向いた感があっての3着だ。対してこちらは前々で激しいペースに巻き込まれた。着順は能力差によるものでない。自己条件の流れなら先に抜け出すこちらに利。 

三連単①→③⑤⑥②→③⑤⑥② 300円×12点

16,650/39,000=回収率42.69%(2018年・前開催終了時点)

(井本秀一)