• トップ > トップ記事 > 2017年 > 10月

 本日は「第56回ゴールドウィング賞(SPⅠ)」の発走です!

 第16回名古屋けいば初日。本日は重賞「第56回 ゴールドウィング賞(SPⅠ)」(11R,16:15、2歳オープン・未来優駿2017)が発走! という以前に本日は無事開催できているのでしょうか。それが一番心配なんですが…。ゴールドウィング賞といえば名古屋けいば最初で最後の2歳重賞であり、波乱必至としても知られている一戦。馬場もきっと悪いだろうし、今年もまた波乱は避けられない? さあ、記者お得意の三振かホームラン。結果やいかに―。

 

 今年は③メモリーメディアや⑧サムライドライブといった面々にもチャンス十分。心情的には生え抜き馬には頑張ってもらいたいところだが、コスパ(実力、人気、妙味のバランス)がそれほどなのが馬券的にどうにも…。笠松No.1④ビップレイジングは距離もいいし、やはりV最有力の存在。が、このレースで素直に一番人気から買う気はさらさらないのが記者のイタイところ。狙いたいのは黄色の立派なチークピーシズでおなじみの①クルセイズスピリツ(写真)。転入初戦は攻めに攻めた結果。相手が下がった前走は息を入れる余裕もあったように映ったが、追われてからパッとせず。当地2連敗中でなかなか買いにくい馬だが、先手を取れるスピードは間違いなくもっているし、道営の認定新馬勝ちに加え、その後のオープン特別でも人気を背負うなどといった実績は紛れもない事実。馬場慣れの上積みはまだまだ見込めるだろうし、さらに道悪となれば父サウスヴィグラスという血統的な後押しも追加される。なにより人気薄の逃げ馬の怖さはみなさまが一番よくご存じなのではないでしょうか。人気どころが後ろで牽制しあってくれれば、スイスイと…。コスパもいいだけにここでいい結果をもたらしてくれるようなら、記者にとってそれはさながら幸せの黄色いチークピーシズ?? ・・・え~っと、三振でしょうか? ホームランでしょうか? ①⇒⑤④⑧③

(石井学)