• トップ > トップ記事 > 2017年 > 10月

 今日から始まる「菊花シリーズ」は11日(水)~13日(金)と18日(水)~20日(金)の連続3日間×2週の開催。シリーズメインは13日(金)に行われる東海公営のクラシック最終戦 「岐阜金賞」。駿蹄賞、東海ダービーを制した「ドリームズライン」の三冠達成なるかに熱い視線が注がれる。前走は初の古馬との対決に加えて、距離不足というのも重なり1.4秒差4着に敗れているが… 良い叩き台になったと思えば視界は悪くないか、果たしてどんな結果になるだろう。そして、レース以外でもう一つ注目したいのは、この連続開催の終了後の21日(土)、22日(日)の2日間で行われる「笠松競馬秋まつり」。昨年大盛況の中で幕を閉じ、今年はイベントもさらにパワーアップしてお出迎え。このシリーズでは「笠松競馬秋まつりまであと●日」なるカウントダウン競走も組まれているので、お祭りへの気持ちも高めていただければと思います。弊社も協賛してます…ささやかながらですが。というわけでこの2週間は笠松競馬で大いに盛り上がって下さい。

 

 さて、初日(10/11)のメインはA3組とB3組混合の1,600メートル 「白菊特別」(12R)

 

 人気上位は3走前にB1組特別勝ちがある⑨ワンソックワンダー、安定した末脚を繰り出す⑤マユノジャスター、最近の充実ぶりが光る⑧クロノスバローズだが抜けた馬はいない。人気ではその一つ下あたりに落ち着きそうな昨年の東海ダービー2着①キタノアドラーブル、笠松の流れが向く名古屋⑦ボールドハート、5月の「AGI競走」の勝ち時計が光る⑩オヤカタ、堅実な④メディタレーニアンあたりまではほとんど差はない。さーて、どの馬を狙おう。

 

 ◎は⑩オヤカタ(写真)にした。AGI競走の勝ち時計「1分41秒7」はオープンでも通用するもの。それだけにここ最近の低迷には疑問符???だが、夏負けだったと聞いて納得。涼しくなって徐々に上向いてきているようだし、そろそろ巻き返しがあっても驚けない。思えばAGI競走も単勝6番人気で穴をあけた馬。もともとつかみどころのないタイプだからこのぐらい印が薄い時の方が怖い。 

単勝⑩オヤカタ(2,000円)

三連単⑩⇔⑧⑤⑨→⑧⑤⑨⑦(100円×18点)

(215,080/277,200=回収率77.59%)

(井本秀一)