• トップ > レース回顧 > 2歳戦 > 2019年度

 

 

 

名古屋・ 第46代カツゲキキトキト賞 スーパー新馬戦

 

 2019年06月11日6回名古屋1日8R サラ系2歳新馬 重 800m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

7

ユーセイシューター

名古屋

55.0

丸山真

407

0.51.3

 

6

2着

8

ポルティエーレ

名古屋

55.0

岡部誠

480

0.51.5

1

1

3着

6

ヒーローニシキ

名古屋

53.0

木之前葵

418

0.51.7

1

5

4着

2

クロノエンプレス

名古屋

54.0

柿原翔

438

0.52.0

1 1/2

2

5着

5

ユキスティンガー

名古屋

54.0

宇都英

447

0.52.3

1 1/2

4

6着

4

メタリフェル

名古屋

52.0

宮下瞳

455

0.52.3

3

7着

3

カナグランプリ

名古屋

54.0

加藤聡

423

0.53.8

7

7

取消

1

ミテナハレ

名古屋

55.0

大畑雅

 

右前打撲症

出走取消

 

 

 

ユーセイシューター  倉地 学きゅう舎

  牡・鹿毛・2017年3月29日生まれ

  父 オーシャンブルー 母 ステラシスネ(母父 ルールオブロー) 

  生産牧場: 長浜 忠 氏(北海道新冠郡新冠町)  馬主: 浅井 隆夫 氏

 

【短評】 危惧れさたイレ込みはなかったし、やや寂しかった馬体も能力試験から大きく増やすことができた。レースではスタート五分も3番手からの競馬。ただ、気難しい面は出さず、しっかりとした脚取りで進められた。最後は本命馬の息切れに助けられた面はあるが、なかなか味な内容での勝ち上がり。今後の課題はカリカリとしている気性面。もう少し落ち着きが出てこないと、距離延長にやや不安を残す。

【レース後のコメント】 丸山真一騎手……4コーナーでの手ごたえは抜群でしたし、これなら前を差し切れると思いました。門別で能試を受けていましたし、実戦形式を2回経験したことは大きかったようですね。入厩時に減った馬体も戻っていましたから。砂を被っても全然怯みませんでしたし、競走センスの優れた馬だと思います。僕自身もこんなに賞金の多いレースを勝ったことがなかったので、本当に嬉しいですよ。

 

 

 

名古屋・ 第45代バズーカ賞 スーパー新馬戦

 

 2019年06月11日6回名古屋1日7R サラ系2歳新馬 重 800m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

3

エムエスオープン

名古屋

54.0

今井貴

425

0.50.0

 

2

2着

1

グラムロック

名古屋

55.0

岡部誠

473

0.50.2

3/4

1

3着

6

フクダイトウリョウ

名古屋

55.0

佐藤友

484

0.51.0

4

3

4着

5

ユウドライブ

名古屋

54.0

村上弘

412

0.52.8

9

5

5着

4

パワーエンジン

名古屋

54.0

柿原翔

442

0.53.2

2

4

6着

7

キヌノカガヤキ

名古屋

54.0

加藤聡

490

0.54.8

8

6

取消

2

ビックバレリーナ

名古屋

54.0

大畑雅

 

 右前管骨骨膜炎

出走取消

 

 

エムエスオープン  竹下 直人きゅう舎

  牝・栗毛・2017年3月13日生まれ

  父 バトルプラン 母 タケノチャンス(母父 チーフベアハート) 

  生産牧場: 槇本牧場(北海道沙流郡日高町)  馬主: 森 哲 氏

 

【短評】 スッと2番手につけて、最後の直線でやや内にモタれるも叩き合いを制した。馬体はすっきり仕上がっていたし、初めての環境にも動じることなくレースを迎えたことが好走できた要因か。勝ち時計も50秒0と能力試験から詰めたことは大きく評価できるし、距離延長にも対応できそうな感じ。もう少し力強さが出てくれば、楽しみが増すことだろう。

【レース後のコメント】 竹下直人調教師……能力試験の時計で負けていた馬には…とは思っていたが、うまくいったね。初戦から結果を出してくれてホッとしている。同じ馬主さんのエムエスクイーンと現段階で比較するのは可哀そうだけど、素直な気性で扱いやすい馬。使いつつ力を備えていってくれれば。次走に関しては未定で、馬の体調に合わせてローテーションを組んでいきたいね。