• トップ > レース回顧 > 2歳戦 > 2010年度

 

 

名古屋・JRA認定競走フレッシュゴールド(3)

2010/08/27 11回名古屋4日5R サラ系2歳 良 1400M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

9

ブライトヒーロー

名古屋

55.0

小山信

418

1.31.5

 

2

2着

4

ソウゲン

名古屋

55.0

宇都英

432

1.31.6

3

3着

8

マルヨシャオロン

名古屋

54.0

阪野学

484

1.32.1

2 1/2

1

4着

6

キミノトシコ

名古屋

54.0

倉地学

412

1.35.4

大差

5

5着

3

サウスギャラクシー

名古屋

54.0

柿原翔

457

1.36.4

5

7

6着

1

アポインホープ

名古屋

55.0

岡部誠

472

1.36.7

1 1/2

6

7着

7

サンキンフローラ

名古屋

54.0

丸野勝

502

1.36.8

1/2

11

8着

11

セトノライト

名古屋

55.0

安部幸

447

1.37.2

2

8

9着

10

イーストナナ

名古屋

54.0

今井貴

388

1.37.7

2 1/2

9

10着

12

ハンドファースト

名古屋

54.0

横井将

422

1.38.0

1 1/2

12

11着

2

ブラックアラシ

名古屋

55.0

大畑雅

443

1.40.3

大差

4

12着

5

センゲンユーガ

名古屋

54.0

戸部尚

525

1.43.7

大差

10

 

ブライトヒーロー(伊藤 定幸 厩舎)
  牡 栗毛 2008年2月26日
父チアズブライトリー 母カリスマテルコ 母の父アフリート
馬主 伊藤 一郎 氏    生産者 太陽ジョイフル牧場(新冠町)

 

【寸評】  初物にもかかわらずムダな仕草がなく、落ち着きはらっていたのが第一印象。軽快な動きで折り合い面もスムーズ。ガサこそないが、センスの良さを感じた。辛勝だが後続には大きな差をつけているし、時計面も初出走で1分31秒5は優秀。(前日の距離経験組の2歳戦が1分32秒2) 中身の濃い勝ちっぷり。

 

小山信騎手……デビュー戦での1400mでこの時計は立派ですね。勝ち時計を見てびっくり。前を追いかける格好でしたが、決して気負って走っている感じもなく、頭のいい馬だなと感じました。今後も楽しみですね。このあとは地元に腰を落ち着けて、ゴールドウィング賞が目標と聞いています。

 

 

 

笠松・JRA認定新馬チャレンジ(3)

2010/08/19 8回笠松5日4R サラ系2歳-4組 良 800M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

6

マルヨコンバット

笠松

55.0

尾島徹

484

0.49.1

 

1

2着

9

ムーンライトドレス

笠松

54.0

吉井友

432

0.50.4

6

7

3着

8

オーナーシップ

笠松

55.0

東川公

477

0.50.4

4

4着

2

ロージーフィンチ

笠松

54.0

向山牧

437

0.50.4

3

5着

7

マルヨオーショウ

笠松

55.0

筒井勇

463

0.50.6

1

5

6着

5

トレビュシェット

笠松

55.0

佐藤友

424

0.50.7

1/2

2

7着

3

ココロヅクシ

笠松

54.0

濱口楠

374

0.50.8

6

8着

1

アリスインワンダー

笠松

55.0

安部幸

389

0.51.3

2 1/2

9

9着

4

カキツバタロマン

笠松

54.0

藤原幹

409

0.52.1

4

8

 

マルヨコンバット(柴田 高志 厩舎)
  牡 鹿毛 2008年4月28日
父エイシンサンディ 母コンバットナナ 母の父ブレイヴエストローマン
馬主 野村 春行 氏    生産者 小西ファーム(日高町)

 

【寸評】 終始、追い通しで決して楽な展開ではなかったが最後まで脚色が鈍ることなく、好時計勝ち。レース前から評判が高く、馬っぷりにもさすがのものがある。レース内容、馬体や走法からして距離延長もプラスだろう。今後の動向に注目したい1頭だ。

 

尾島徹騎手……手応えは一杯でしたが、厩舎一番の期待馬ですからまずは勝てて良かったです。1頭だけになると遊ぶようなところがあるし、他にも課題は色々とありますが、距離は間違いなく延びた方がいい馬ですからね。今後、ますます期待を持てそうですよ。