• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2019年度
 

 

名古屋・第23回 名港盃(SPⅡ)

 

 2019年07月15日8回名古屋4日11R サラ系3歳以上・オープン・SPⅡ 重 1900m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

2

ポルタディソーニ

名古屋

55.0

宮下瞳

434

2.02.5

 

6

2着

12

タガノゴールド

兵庫

57.0

下原理

470

2.02.5

3

3着

11

オールージュ

名古屋

57.0

村上弘

448

2.04.1

8

5

4着

9

メイショウオオゼキ

兵庫

57.0

笹田知

491

2.05.0

4

2

5着

7

タガノヴェリテ

兵庫

57.0

田中学

467

2.05.2

1

4

6着

10

アスタークライ

名古屋

57.0

加藤聡

459

2.05.2

8

7着

1

メイショウヨウコウ

兵庫

57.0

大山真

466

2.05.5

1 1/2

9

8着

6

エムエスクイーン

名古屋

53.0

今井貴

438

2.05.5

1

9着

4

エスタシオン

名古屋

57.0

丹羽克

451

2.06.2

3

11

10着

8

ブランニュー

名古屋

57.0

木之前葵

472

2.06.4

3/4

10

11着

5

アセイラント

名古屋

57.0

柿原翔

527

2.07.5

5

7

12着

3

スタンドアウト

名古屋

57.0

宇都英

451

2.08.4

4

12

 

【短評】 1着 ポルタディソーニ……抜群のスタートを決めてハナへ。この日はここまで10R中9Rが逃げ切り勝ちという馬場状況で、ヤネの好判断、作戦勝ちか。最後は詰め寄られたが、前半のセーフティーリードを最後に生かした。ここ数戦は消化不良の競馬続きだったので溜飲を下げたはず。 2着 タガノゴールド……出てすぐに内ラチ沿いに進路を取るあたりは馬場を読んでさすが。あともロスなく前に詰めていったが、惜しくも捕らえきれず。 3着 オールージュ……近々は発馬も安定しており、無理なく中団の前目。自身の脚は使えている。相手関係を考えれば善戦と言えるのでは。 4着 メイショウオオゼキ……内に進路をとるも、思ったような位置につけられなかったか。上がりも速くなり持ち味は出せず流れ込んだだけ。 8着 エムエスクイーン……番手で砂をかぶらないという、ある意味理想的な競馬にもかかわらず、2周目の向正面でギブアップ。ハナが絶対条件とは思えないし、あまりにも物足りない競馬。初の古馬相手で戸惑ったのかどうか? 今後への糧にはしたいが。

 

【レース後のコメント】

1着 ポルタディソーニ

瀬戸口悟調教師……先行有利の馬場状態を考慮して、行ければ行くようにと指示していたんだ。それにしても勝つ時は何もかもうまく行くもんだねえ。今後については地元に専念することになるかな。笠松(くろゆり賞)は前に使った時がひと息だったので向かわないと思う。

 

 

写真提供:森内 智也さん

 

動画:金シャチけいばNAGOYA(名古屋けいば)公式チャンネルより 


 

 

 

笠松・第43回 クイーンカップ(SPⅢ)

 

 2019年07月04日7回笠松2日11R サラ系3歳・牝馬・オープン・SPⅢ 重 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

3

リリコ

兵庫

54.0

岡部誠

482

1.41.0

 

1

2着

8

ミエルミエーレ

金沢

54.0

畑中信

473

1.42.0

5

8

3着

7

メモリーパール

名古屋

54.0

友森翔

428

1.42.5

2 1/2

7

4着

6

チャービル

兵庫

54.0

中田貴

519

1.42.7

1

3

5着

1

ユウストレート

名古屋

54.0

今井貴

428

1.43.2

2 1/2

4

6着

9

タイムメイテル

笠松

54.0

渡邊竜

428

1.43.3

1/2

9

7着

10

ナラ

笠松

54.0

松本剛

426

1.43.6

1 1/2

6

8着

2

ライトリー

笠松

54.0

筒井勇

486

1.43.9

1 1/2

2

9着

5

ビーコンプリート

笠松

54.0

佐藤友

395

1.44.2

1 1/2

5

10着

4

ワイエススカイ

笠松

54.0

藤原幹

413

1.47.7

大差

10

 

【短評】 1着 リリコ…道中は中団のイン。向正面で外に出されると、そこからゴーサイン。ややギアチャンジに時間を要したが、ひと追いごとにしっかり伸びて直線では2番て以下を離す一方。終わってみれば力が違った。 2着 ミエルミエーレ…発馬自体はさほどでもなかったが、二の脚がほかの先行勢より速かった。ハナに立ってからは鞍上の好リードでたくみにペースを操った。今日は相手が悪かったが、交わされてからの粘りは評価できる。 3着 メモリーパール…好スタート。ハナを切ることも可能に見えたが、無理せず2着馬を行かせて好位のインでじっくり脚をためた。最後は決め手の差が出たが、これからも堅実に走ってきそう。

 

【レース後のコメント】

1着 リリコ

岡部誠騎手……「状態はいいと聞いていましたし、返し馬でいい勝負できるだろうな思いました。バテずに最後までしっかり伸びてくれましたね。ただ、手前をスムーズに替えてくれないところがあって、そのぶんサッと反応できないのが課題。そこをクリアしてくれば、たくさん大きいところを勝てると思います」

田中範雄調教師……「ここを目標にしっかり調整できました。この後はMRO金賞(7月30日・金沢)に申し込んでありますが、遠征が続きましたからね。この後の馬の様子を見てということになります」