• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2018年度
 
 

 

笠松・第44回 新緑賞(SPⅡ)

 

 2018年04月04日1回笠松2日9R サラ系3歳・オープン・SPⅡ 良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

5

ビップレイジング

笠松

56.0

藤原幹

460

1.41.8

 

3

2着

10

ドリームスイーブル

笠松

56.0

丸野勝

462

1.41.9

3/4

1

3着

2

ユーセイスラッガー

名古屋

56.0

佐藤友

474

1.42.7

4

5

4着

4

バジガクアリア

名古屋

54.0

木之前葵

443

1.42.7

9

5着

3

サラヒメ

笠松

54.0

筒井勇

420

1.43.1

2

7

6着

7

クルセイズスピリツ

名古屋

56.0

柿原翔

446

1.43.1

2

7着

1

メモリーメガトン

笠松

56.0

向山牧

480

1.43.4

1 1/2

4

8着

8

ライトスラッガー

笠松

56.0

岡部誠

434

1.44.9

7

6

9着

9

マーメイドモアナ

笠松

54.0

東川公

378

1.45.7

4

8

 出走取消

6

ディーエスパースン

笠松

56.0

高木健

 

左前肢跛行 

 取消

 

 

【短評】 1着 ビップレイジング……同厩舎のドリームスイーブルを先に行かせて中団から。ゴーサインを出すとグイグイ反応して、ゴール前は豪快に差し切ってみせた。前走も強かったが、今日も勝負強さが光った。 2着 ドリームスイーブル……道中行きたがる場面があり、折り合いに課題を残したが、いい脚は使えていたし、持ち味は発揮できた印象。今日はビップレイジングに負けたが、この2頭の間に力量差はない。 3着 ユーセイスラッガー……好発を決めて絶好位2番手から。逃げるクルセイズスピリツに常にプレッシャーをかけながらの競馬で自身のペースも楽ではなかったが、それで3着なら上々。体調面も本調子を取り戻せば、チャンスがあっていい。

 

【レース後のコメント】

1着 ビップレイジング

藤原幹生騎手……思っていたより後ろからの競馬になりましたが、結構流れていましたし、いい展開になりましたね。馬の方もいい反応で動いてくれましたし、上がりの脚力だけみても以前よりパワーアップしてると思います。まだまだ成長していけると思いますので、応援よろしくお願いします。

笹野博司調教師……本当はビップレイジングを先行させてドリームスイーブルが差す競馬をイメージしていたのですが、逆になりましたね。ただ、どちらもいい内容だったと思いますし、うちのがワンツーを決めてくれて本当に嬉しいです。ビップレイジングのこの後の予定ですが、イレ込みに課題がありますから、地元を中心に使っていきたいです。ぎふ清流カップから東海ダービーのローテと考えています。