• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2015年度

 

 

笠松・第44回 くろゆり賞(SPⅠ)

 

 2015年08月14日8回笠松4日10R サラ系3歳以上・オープン・SPⅠ 良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

8

アップアンカー

名古屋

57.0

佐藤友

517

1.39.0

 

2

2着

9

ヒシサブリナ

兵庫

55.0

吉原寛

465

1.39.1

3

3着

10

ドリームカトラス

笠松

57.0

高木健

450

1.39.8

3

4

4着

3

メモリージルバ

名古屋

57.0

藤原良

465

1.40.1

1 1/2

6

5着

2

ランフォージン

名古屋

57.0

丸野勝

463

1.40.2

5

6着

1

ノゾミダイヤ

名古屋

57.0

大畑雅

479

1.40.6

2

1

7着

7

ベニトンボ

笠松

57.0

池田敏

483

1.41.6

5

10

8着

5

エイシンルンディー

笠松

55.0

花本正

430

1.42.5

4

8

9着

6

ワンダフルタイム

名古屋

55.0

宇都英

450

1.42.8

1 1/2

7

10着

4

エイシンスバルボシ

名古屋

57.0

丸山真

431

1.43.6

4

9

 

【短評】 1着 アップアンカー……前走ほどのスタートではなく、先頭から4馬身差の5番手を追走。3コーナー手前で前を捕まえにかかり、4角先頭と教科書通り攻め。直線は2着馬とびっしり競り合ったが、抜かれる感じはなかった。 2着 ヒシサブリナ……軽快なダッシュ力でサッと2番手をキープ。道中はそのまま流れに乗り絶好の展開。勝ち馬が上がって来た時に一瞬反応が遅れ、1馬身ほど先に行かれたが、その後盛り返したしぶとさはなかなかだった。 3着 ドリームカトラス……攻め馬から気配が良かったが、その効果か今日も上々の出脚ですんなり好位で流れに乗れた。最後は上位2頭と力の差があった印象もあるが、さすが一昨年の覇者。自身の能力は存分に発揮できた。

 

【レース後のコメント】

1着 アップアンカー
佐藤友則騎手
……まずはホッとしています。前走勝ったことが自信になったし、余裕を持って乗れました。笠松の方が気合乗りがよく、そのあたりがコース相性に出ているね。寛人(吉原騎手)の馬との競り合いは正直嫌だったけど、馬が長くいい脚を使ってくれたね。
原口次夫調教師……ここ目標にきっちり調整できた。速い脚はないけど、早めに仕掛けても長く脚を使ってくれるのが取りえ。今後は9月の笠松オータムカップか、金沢のイヌワシ賞あたりを考えています。