• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2010年度

 

 

笠松・第19 オグリキャップ記念(SPⅠ)

 

2010/04/29 2回笠松4日9R サラ系4歳以上オープン・SPⅠ 稍重 2500M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

4

ヒシウォーシイ

名古屋

56.0

岡部誠

450

2.42.5

 

2

2着

5

マイネルマニセス

兵庫

56.0

吉村智

488

2.42.7

1

8

3着

10

ノゾミカイザー

名古屋

56.0

吉田稔

471

2.43.4

3

4

4着

8

グランシュヴァリエ

高知

56.0

赤岡修

495

2.44.1

3

1

5着

1

エーシンサニーデイ

笠松

56.0

尾島徹

463

2.44.7

3

3

6着

3

エイシンインパール

笠松

56.0

東川公

537

2.44.8

10

7着

6

ナリタブラック

福山

56.0

岡田祥

485

2.45.0

1 1/2

5

8着

9

スマイリングフィル

兵庫

56.0

安部幸

487

2.45.2

1

7

9着

2

トウホクビジン

笠松

54.0

筒井勇

439

2.45.8

3

9

10着

7

エーシンアクセラン

笠松

56.0

花本正

493

2.46.1

1 1/2

6

 

【寸評】  ヒシウォーシイ…サッと好位につけ、あとは折り合いに専念。仕掛けたのは2周目の向正面を過ぎたあたりだったが、振り返ってみれば、そのタイミングが絶妙だったと思われる。ゴール前はさすがに一杯だったが、今日もレースの巧さを印象づけた一戦だった。  マイネルマニセス…中団からレースを進めて、ヒシウォーシイについていくように3コーナー手前から進出。手応え以上にゴール前も伸びていたし、アルドラゴンの2着という実績は伊達ではなかった。  ノゾミカイザー…最後のひと脚に賭けるといったいつもの戦法で、勝負どころから豪脚を駆使して3着に食い込んだ。スローの流れ、当日の先行有利の馬場状態などを踏まえると、同馬も強い内容だった。

【レース後のコメント】
1着 ヒシウォーシイ
岡部誠騎手……今ならどんな競馬になっても対応できるし、ハナにはこだわっていませんでした。レースでは3コーナー先頭をイメージして乗ってましたが、赤岡騎手のグランシュヴァリエが強いと見てましたから、動向を気にしながらレースを運びました。名馬(オグリキャップ)に恥じないよう、これからもがんばっていきたいですね。

 

川西毅調教師…本当に笠松は走りがいいですね。春の大目標としていたビッグレースを勝てて本当にうれしいです。トラックマンによくほめてもらえるのですが、最近はトモの状態がよくなって宙に浮くような跳びをするようになっています。レースで淡白な面もなくなりましたし、力をつけているのでしょうね。(岡部騎手に何か指示をしていたかの問いに)岡部騎手に指示するなんてことはしませんよ(笑)。彼のことは尊敬してますし、僕の方がまだまだ若輩者ですから(笑)。今後の予定はまだ決めていませんが、夏場が弱い馬なのでその時を休養にあてる予定でいます。今後も1800m以上を中心に使いたいと思っていますが、いずれにしても他地区へ挑戦するのは秋以降の予定ですね。今後も名馬に恥じないような馬に育てていきたいと思っていますので、応援よろしくお願いします。今日はありがとうございました。

 

 

  

 

 

 

名古屋・第50 東海桜花賞(SPⅠ)

 

2010/04/15 1回名古屋3日11R サラ系4歳以上・オープン・SPⅠ 稍重 1400M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

5

マルヨフェニックス

笠松

57.0

尾島徹

483

1.28.3

 

1

2着

8

センゲンゴロー

名古屋

57.0

竹下太

492

1.29.3

5

8

3着

2

ケイウンヘイロー

名古屋

57.0

吉田稔

513

1.29.4

3/4

2

4着

7

ゲイリーディライト

兵庫

57.0

吉村智

501

1.29.7

1 1/2

7

5着

11

プリンセスジュディ

兵庫

55.0

安部幸

425

1.29.9

1

5

6着

10

スリーフォートラン

名古屋

57.0

丹羽克

478

1.30.1

1

9

7着

12

サンキストゴールド

名古屋

57.0

柿原翔

474

1.30.3

1

3

8着

3

サチコゴージャス

名古屋

55.0

丸野勝

412

1.30.6

1 1/2

10

9着

4

スパイン

福山

57.0

佐原秀

479

1.30.7

1/2

6

10着

6

エイシンイッテン

笠松

57.0

岡部誠

529

1.31.3

3

4

11着

9

アキノレッドスター

名古屋

57.0

加藤誓

503

1.31.3

11

12着

1

シンゼンタイヨウ

名古屋

57.0

大畑雅

507

1.32.7

7

12

 

【寸評】   マルヨフェニックス……スタート直後は窮屈な場面こそあったが、1角すぎで外へ出してからは安心して見ていられた。2角すぎで外めを回って進出開始。他馬とはエンジンの違う動きで、まさに圧勝といったレース内容。   センゲンゴロー……スリーフォートランに出鼻を叩かれたが、うまく外へ持ち出せたし、淀みのない流れでこの馬にとってはベストのペース。勝ちパターンのレース運びではあったが、最後は現在の実力差がはっきり出たかたち。  ケイウンヘイロー……行きたがる面も見せず、内の経済コースを淡々と追走できたのはいいが、3角あたりから前が詰まり、動くに動けず勢いを殺がれた。スムーズなら②着はあったと思われるレース内容だった。
 

【レース後のコメント】
1着 マルヨフェニックス
尾島徹騎手……包まれないことだけを考えて、外々を通る競馬に集中しました。久びさの1400メートルでも追走は楽でしたし問題なかったです。

 

 

  

 

 

 

笠松・第33 スプリング争覇(SPⅢ)

 

2010/04/09 1回笠松5日10R サラ系4歳以上・オープン・SPⅢ 良 1900M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

3

ヒシウォーシイ

名古屋

56.0

岡部誠

451

2.01.4

 

1

2着

9

エーシンアクセラン

笠松

56.0

花本正

493

2.01.7

1 1/2

2

3着

7

エイシンインパール

笠松

56.0

東川公

547

2.01.8

1/2

7

4着

6

ゴールドネオ

名古屋

56.0

倉地学

497

2.01.9

1/2

4

5着

2

スプリングサンテ

笠松

56.0

佐藤友

465

2.02.3

2

5

6着

8

トーセンザオー

笠松

56.0

向山牧

473

2.03.7

7

9

7着

4

エイシンヴァイデン

笠松

56.0

尾島徹

485

2.05.1

7

6

8着

1

トウホクビジン

笠松

54.0

吉井友

435

2.06.2

5

3

9着

5

ナリタバクシン

笠松

56.0

濱口楠

500

2.06.7

2 1/2

10

10着

10

エイシンハンコック

笠松

56.0

高木健

478

2.07.0

1 1/2

8

 

【寸評】  ヒシウォーシイ…トウホクビジンと少し競り合いになったが、無理せず好位で脚をタメた。ペースが速くなったぶん、末の粘りが心配されたが、最後は後続の方がバテ気味になったくらい。平均的に速い脚が使えるタイプのようだ。  エーシンアクセラン…先行争いが激しいとみて、早めに控えて、展開的にはうまく運べた。直線手前まではいい脚で前に接近したが、直線で脚いろが鈍ったのは、地力の差なのかも。  エーシンインパール…テンのペースが速くなって、後方で脚をタメての末脚勝負が功を奏した。なかなかの切れ味は秘めているが、他力本願なイメージはぬぐえない。
 

【レース後のコメント】
1着 ヒシウォーシイ
岡部誠騎手……前走も良かったけど、今日も馬力の良さを感じました。道中は速い流れになったけど、最後までバテる事もなかったですし、これくらいの距離が一番合っている感じです。この相手なら地力も上位なんでしょうね。

 

川西毅調教師……ちょっと太いかなと思ったけど、やっぱり力がありますね。これで権利も取ったし、この後はオグリキャップ記念を予定しています。笠松の走りもいいみたいだからね。

 

 

  

 

 

笠松・第36 新緑賞(SPⅡ)

 

2010/04/02 1回笠松2日9R サラ系3歳・オープン・SPⅡ 不良 1600M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

4

エレーヌ

笠松

54.0

筒井勇

436

1.41.6

 

1

2着

6

タンブリングダンス

名古屋

56.0

吉田稔

431

1.41.9

1 1/2

2

3着

3

カラーレストパーズ

笠松

56.0

東川公

410

1.42.9

5

6

4着

8

ワイドサンデー

笠松

56.0

向山牧

457

1.42.9

5

5着

1

プティフルリール

笠松

54.0

吉井友

361

1.42.9

10

6着

2

エーシンシャウラ

笠松

56.0

尾島徹

466

1.43.0

1/2

4

7着

9

ホワイトロマン

笠松

54.0

佐藤友

449

1.44.4

7

7

8着

10

バトルアツヒメ

笠松

54.0

濱口楠

456

1.44.4

8

9着

5

ダイキンボシ

名古屋

56.0

安部幸

501

1.46.1

8

9

10着

7

ロサガリカ

笠松

54.0

岡部誠

456

1.46.6

2 1/2

3

 

【寸評】  エレーヌ…いつもより前で競馬ができたし、道中も楽な感じでの追走。手ごたえからすれば、もっと後続を突き放しても良かったが、1頭になるとやや気を抜く面があるようだ。   タンブリングダンス…掛かり気味になる馬をナダめていたぶん、位置取りが悪くなってしまった。ただ、勝負どころで追い出してからは上々の伸び。直線では勝ち馬と馬体を離して抜きにかかったが、今日は相手が一枚上だった。  カラーレストパーズ…先着2頭とは少し力の差は感じたが、重賞で3着は立派。内でモマれてもヒルまなくなったし、精神面に成長の跡がうかがえる。
 

【レース後のコメント】
1着 エレーヌ
筒井勇騎手……スタートが良くて、無理なく好位につけられました。スプリングCを勝った時よりも気配が上向いていましたし、気の悪さも見せなかった。今日のところは快勝ですね。

 

山中輝調教師……園田での落馬があったから、最後までヒヤヒヤしていたけど、今日はステッキを入れてからも、しっかり走ってくれたね。この後は19日に水沢、25日に佐賀へ遠征する予定です。