• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2010年度

 

 

笠松・第33 サマーカップ(SP

 

2010/06/11 5回笠松4日10R サラ系3歳以上オープン・SPⅢ 良 1400M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

5

エーシンアクセラン

笠松

57.0

花本正

485

1.25.4

 

2

2着

6

ゲイリーディライト

兵庫

57.0

吉村智

487

1.26.4

5

9

3着

2

トウホクビジン

笠松

55.0

筒井勇

436

1.27.2

4

3

4着

1

コスモシンドラー

兵庫

57.0

川原正

511

1.27.3

1/2

1

5着

4

ダイナマイトボディ

名古屋

55.0

倉地学

462

1.27.5

1 1/2

7

6着

9

エイシンイッテン

笠松

57.0

高木健

516

1.27.6

6

7着

8

ゲイリーアイトーン

金沢

57.0

吉原寛

550

1.28.1

2 1/2

4

8着

10

エイシンヴァイデン

笠松

57.0

尾島徹

483

1.28.3

1 1/2

8

9着

7

ディスパーロ

名古屋

57.0

戸部尚

502

1.28.5

1

5

10着

3

ビッグボス

福山

57.0

佐原秀

498

1.29.3

4

10

  

【寸評】  エーシンアクセラン……人気の一角であったコスモシンドラーがスタートでつまづいたこともあって、楽にハナへ。結構なペースかと思われたが、勝ち時計1分25秒4、上り時計などを踏まえると、結果的にはスローペースの逃げを打てたということ。鞍上の絶妙なペース配分が、勝利へ導いた印象だ。  ゲイリーディライト……好位からの流れ込みということで強烈なインパクトはなかったが、最後までバテなかったのは見事。走破時計もなかなかだ。  トウホクビジン……テンは無理せず、お終い勝負。当日の先行有利の馬場状態や、レースのペースを踏まえると、3着は上々の結果だろう。この馬の持ち味は発揮できた一戦か。

  

【レース後のコメント】
1着 エーシンアクセラン
花本正騎手……今日は何が何でもハナへ行こうと思ってました。ハイペースになって競られるのは避けたかったので、レースもうまく運べたと思います。出来が良かったし、相手関係からして今回はチャンスがあると思ってましたし、ようやく初重賞制覇。本当に嬉しいですね。

 

伊藤強調教師……勝ち時計がいいし、やっと重賞を勝てたね。次は7月15日に名古屋で行われるオッズパークグランプリに向かう予定だよ。1400mならいい勝負になると思っているよ。

 

 

  

 

 

 

名古屋・第40 東海ダービー(SP

 

2010/06/04 5回名古屋4日11R サラ系3歳・オープン・SPⅠ 良 1900M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

4

エレーヌ

笠松

54.0

筒井勇

440

2.04.5

 

1

2着

3

ラッキーサンライズ

名古屋

56.0

戸部尚

473

2.04.6

1/2

2

3着

12

メモリーキャップ

名古屋

54.0

倉地学

456

2.05.2

3

3

4着

1

ヘイハチキング

名古屋

56.0

岡部誠

470

2.06.6

7

6

5着

6

フォーインワン

福山

56.0

楢崎功

426

2.06.8

1

5

6着

11

ゴールドスイング

名古屋

54.0

丹羽克

443

2.06.9

1/2

11

7着

2

オグリファイト

笠松

56.0

吉井友

454

2.07.0

1/2

8

8着

5

ホウライオーカン

名古屋

56.0

柿原翔

470

2.07.0

4

9着

7

アミーズホープ

名古屋

54.0

宇都英

425

2.07.2

1

12

10着

8

ニューブラウン

名古屋

56.0

安部幸

508

2.07.8

3

7

11着

9

センゲンコスモ

名古屋

54.0

小山信

427

2.08.5

3

9

12着

10

ミキノフォルテ

名古屋

54.0

児島真

442

2.08.5

10

  

【寸評】  エレーヌ……前半は例によって後方待機。3ハロン手前から始動を開始。ゴーサインを出してからは他馬とはエンジンが違ったマクり脚。最後は詰め寄られたが、内容自体はまさに完勝。  ラッキーサンライズ……エレーヌが動いたところで置かれ気味になったのが痛かったが、うまくついて行けたとしても逆転まであったかは微妙。折り合い面に進境を見せているし、成長力があるので秋が楽しみ。  メモリーキャップ……好位をすんなりとキープ。折り合いもバッチリとつき思惑どおりに運んだが、最後は伸びあぐねていた。力負け。

  

【レース後のコメント】
1着 エレーヌ
筒井勇介騎手……ボクの中でダービーは特別なレースだったので、優勝できてホントに嬉しいです。道中はこの馬の能力を信じて、いつも通り、出たなりで馬の気分を害さないように心がけました。この馬には本当に頭が下がる思いです。応援ありがとうございました。