• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2010年度

 

 

笠松・第38 ジュニアクラウン(SP

 

2010/10/29 12回笠松4日11R サラ系2歳・オープン・SPⅡ 稍重 1400M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

9

モエレトゥループ

笠松

54.0

吉井友

426

1.30.6

 

6

2着

4

モエレスペクタクル

笠松

55.0

濱口楠

474

1.30.7

3

3着

5

ミナモダンス

笠松

54.0

大原浩

437

1.31.0

1 1/2

8

4着

10

フェザージュニア

笠松

54.0

東川公

428

1.31.2

1 1/2

2

5着

8

ワイドセンサー

笠松

54.0

岡部誠

395

1.31.4

1 1/2

4

6着

7

センターローレル

笠松

54.0

安部幸

436

1.31.5

1/2

10

7着

6

カーリアンヒル

笠松

54.0

向山牧

452

1.31.6

3/4

1

8着

1

モエレプレシャス

名古屋

54.0

友森翔

432

1.31.8

1

9

9着

3

ブーケノネガイ

笠松

54.0

島崎和

385

1.32.2

2

7

10着

2

マルヨルビー

笠松

54.0

尾島徹

469

1.32.6

2

5

  

【寸評】  モエレトゥループ……無理にポジションを取りに行かず、じっくり脚をタメる作戦に出た。道中はスローペースだったが、上り37秒台の決め手でひとマクり。最後はササったが、末脚の鋭さを再認識させた。  モエレスペクタクル……数字的にはマイペースの逃げだったが、掛かり気味だったぶん、最後交わされたのかも。とはいえ、道営での戦歴どおりの、素質があることは十分にうかがえた。今後が楽しみ。  ミナモダンス……うまく立ち回っての3着。現段階では先着2頭より、底力では見劣るが、相手強化でも崩れなかったのは評価できる。

 

【レース後のコメント】
1着 モエレトゥループ
吉井友騎手……スローペースでしたが、馬まかせの追走だったからおしまいはしっかり伸びてくれると信じていました。4コーナーでは何とかなったなと思いましたが、今日も最後はササり気味に…。他の人に迷惑をかけてしまいましたね。でも、僕にとっての重賞初勝利を飾れたことは素直にうれしいです。
山中輝調教師……やっぱりこの馬は走るねえ。今回はこの馬としては間隔が開いていて、馬体が増えていたのも良かったのかな。このあとは直後のゴールドウィング賞を使って、地元の負け認定。とにかく中央の権利はとっておきたいね。

 

 

  

 

 

 

笠松・第34 岐阜金賞(SP

 

2010/10/28 12回笠松3日10R サラ系3歳オープン・SPⅠ 不良 1900M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

7

マルヨサイレンス

笠松

56.0

尾島徹

452

2.04.5

 

7

2着

5

ホワイトロマン

笠松

54.0

佐藤友

444

2.04.7

1

8

3着

1

コロニアルペガサス

笠松

54.0

吉井友

472

2.04.8

3/4

4

4着

4

スマートインパルス

名古屋

56.0

岡部誠

442

2.04.9

3/4

6

5着

9

メモリーキャップ

名古屋

54.0

倉地学

467

2.04.9

5

6着

2

マヤノリュウジン

名古屋

56.0

東川公

511

2.05.6

3

1

7着

6

ハイパーフォルテ

兵庫

56.0

田中学

441

2.05.6

2

8着

8

ホウライオーカン

名古屋

56.0

柿原翔

478

2.05.9

1 1/2

3

9着

3

カラーレストパーズ

笠松

56.0

向山牧

418

2.07.9

大差

10

10着

10

エーシンシャウラ

笠松

56.0

筒井勇

462

2.10.8

大差

9

 

【寸評】  マルヨサイレンス……最後のひと脚に賭けるといったレースぶりで、道中は後方で折り合いに専念。勝負どころの4コーナーでうまく内が開いて、競り合いを制した。やや展開が向いた点は否めぬが、ライデンリーダー記念2着の実力馬が見事に再生を果たした。   ホワイトロマン……道中は好位の内で辛抱。位置取り的に申し分のないところでレースを運んでいた。直線では勝つかの脚色だったが、少し外に張ってしまったのが残念でならない。この気性的な甘さが改善されれば今後、重賞のひとつやふたつ取れるだろう。  コロニアルペガサス……当初から積極的な競馬をすると宣言していたが、好枠1番を生かしてハナを主張。テンの競り合いが結局、最後の粘りに影響したが、4コーナーの仕掛けがやや早かった印象も…。ただ、岐阜金賞で3着は確かな能力の証し。今後も注目の存在だ。

 

【レース後のコメント】
1着 マルヨサイレンス
柴田高調教師……正直、川西さんとこ(マヤノリュウジン)と、平松さんとこ(ハイパーフォルテ)には負けるかもしれないと思っていましたが、うちにきてまた絶好調と思えるぐらい調子が上がってきていたので、他の馬にはまず負けないと思っていました。今日はなかなか強かったですし、最後の挑戦となりますからね。条件は一変しますが、この次はダービーグランプリに向かわせてあげたいと思っています。

 

尾島徹騎手……ホントいつも穴を開けてすみません。金賞はホント相性がいいですね。ただ、今回も展開が向いたとはいえ、昨年ほどではなかったですからね。この馬もやっぱり力があるということだと思います。今日はうまく内が開きましたし、この馬の一番いいところは折り合いがばっちりつくところです。流れ次第では勝機もあると思っていたので、すごく嬉しいです。今後も応援よろしくお願いします。

 

 

  

 

 

 

笠松・第11 スプリント(SP

 

2010/10/15 11回笠松5日9R サラ系3歳以上・オープン・SPⅢ 良 1400M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

5

イイデケンシン

兵庫

57.0

木村健

494

1.27.0

 

2

2着

6

エーシンアクセラン

笠松

57.0

岡部誠

479

1.27.3

1 1/2

4

3着

1

トーセンマエストロ

笠松

57.0

向山牧

473

1.27.6

1 1/2

5

4着

3

カモンネイチャ

名古屋

57.0

丸野勝

477

1.27.9

1 1/2

1

5着

10

エバーアップワード

名古屋

57.0

大畑雅

514

1.28.0

3

6着

9

ダイナマイトボディ

名古屋

55.0

倉地学

467

1.28.2

1

7

7着

7

エイシンイッテン

笠松

57.0

尾島徹

505

1.28.2

8

8着

2

マサアンビション

名古屋

57.0

戸部尚

498

1.28.3

6

9着

4

スリーフォートラン

名古屋

57.0

今井貴

475

1.28.5

1 1/2

9

10着

8

マイネルピリアー

笠松

57.0

藤原幹

468

1.29.1

3

10

 

【寸評】  イイデケンシン……スリーフォートランを行かせて、自身は2番手。枠なりに理想的な流れにつけれた時点で、勝負が決まった印象。このクラスとしてはスローな流れだったし、となればGⅠ馬が勝つのは当然だったか。  エーシンアクセラン……3番手からの競馬で同馬にとっては厳しい流れだっただけに、負けて強しともとれる内容。イイデケンシンと枠順が逆だったら、ひょっとして逆転があったかも…。  トーセンマエストロ……スタートを決めて好位につけると、道中は内々で脚をタメることに専念。1番枠を見事に生かした3着だった。これ以上の結果はともかく、スプリント適性の高さも再認識できたか。

 

【レース後のコメント】
1着 イイデケンシン
田中範調教師……57キロで戦える条件を探して、ここへ挑戦させていただきました。59キロ背負うとキツいですから…。まだ決して万全の状態とはいえませんでしたが、今日はこの馬の力を出しきってくれたと思います。次は今年も笠松グランプリを目指そうかと思っていましたが、マルヨフェニックスが出走するんですか? あの馬は強いですからね。正直、これまでもかち合わないようローテを組んできましたから、少し迷いが出てきました(笑)。少し保留ということで…。今日はどうもありがとうございました。

 

木村健騎手……能検はあまり動きがよくなかったので、今日はどうかな?と思ってました。それだけになおさら勝ててよかったです。やっぱりこの馬は強いですね。ただ、今日は理想的な形で運べましたから。追ってから姿勢が高くなるのも相変わらずでしたしね。でも次はもっとよくなるはずです。また、応援よろしくお願いします。ありがとうございました。