• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2010年度

 

 

笠松・第38 東海ゴールドカップ(SP

 

2010/12/31 16回笠松4日9R サラ系・オープン・SPⅠ 不良 1900M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

9

ヒシウォーシイ

名古屋

56.0

岡部誠

454

2.01.9

 

1

2着

7

マイネルアラバンサ

名古屋

56.0

丸野勝

511

2.02.4

2 1/2

2

3着

5

エーシンアクセラン

笠松

56.0

花本正

493

2.03.1

3

3

4着

6

マイネルブラジリエ

笠松

55.0

筒井勇

481

2.05.8

大差

9

5着

3

ビッグポパイ

笠松

56.0

藤原幹

507

2.06.1

1 1/2

7

6着

4

ドリームプレイ

笠松

54.0

尾島徹

499

2.06.8

3

4

7着

2

マーニー

笠松

53.0

佐藤友

382

2.06.8

6

8着

1

リックチャー

笠松

55.0

大原浩

465

2.07.7

4

8

9着

8

ヤマニンイグナイト

笠松

56.0

吉井友

437

2.08.0

1 1/2

5

  

【寸評】  ヒシウォーシイ……サッと2番手を確保。定石どおり3コーナーから前を捕まえにかかって、直線で突き放した。ゴール前も余裕があったし、横綱相撲といえる。  マルネルアラバンサ……中団キープから、勝負どころで一端は先頭集団まで接近。この時の脚は良かったが、あっさり勝ち馬に合わされてしまった。今日のところは完敗か。  エーシンアクセラン……正攻法の逃げ。気配も良かったし、マイペースで運べたが、最後は地力の差が出た格好。

 

【レース後のコメント】
1着 ヒシウォーシイ
岡部誠騎手……人気になっていたし、勝ててホッとしています(笑)。相手はマイネルアラバンサだろうなあと思っていたけど、あっちもお手馬だから、どんな競馬をするか分かっていたから、後ろも気にならなかった。自分の競馬をすれば何とかなると思っていたからね。3コーナーでの反応がいつもよりは悪いかなとは思ったけど、あとは問題なかったね

 

川西毅調教師……ジョッキーも言っていたけど、気持ち太かったかもしれないね。でも、ここでは力上位だと思っていたし、まずは順当勝ちだね。今後の目標は梅見月杯。それまでに1回使うかは状況を見てだね。

 

 

  

 

 

 

名古屋・第9回 尾張名古屋杯(SP

 

2010/12/31 21回名古屋1日9R サラ系クラス混合・SPⅡ 重 1600M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

6

マコトバンクウ

名古屋

57.0

山本茜

472

1.43.0

 

5

2着

4

パラダイスラビーダ

名古屋

55.0

横井将

526

1.43.6

3

3

3着

5

ミルリュユッテ

名古屋

55.0

今井貴

437

1.43.7

1/2

9

4着

9

リーヴザネスト

名古屋

55.0

安部幸

478

1.44.1

2

2

5着

10

ピュアストーン

名古屋

55.0

宇都英

484

1.44.3

3/4

7

6着

3

メモリーキャップ

名古屋

55.0

友森翔

471

1.44.5

1 1/2

6

7着

1

ミブロボーイ

名古屋

57.0

大畑雅

476

1.44.7

3/4

1

8着

2

ホウライオーカン

名古屋

55.0

柿原翔

484

1.45.0

1 1/2

8

9着

7

コスモルアノーヴァ

名古屋

51.0

持原大

443

1.45.8

4

10

10着

8

サマーロコガール

名古屋

51.0

児島真

476

1.45.8

4

 

 【寸評】  マコトバンクウ……例によってゲートで頭を下げる悪癖を出していたが、無難に出たほう。行きっぷりこそ、もうひとつだったが、いい脚を長く使えたし、淀みのない流れも幸い。快勝といえる内容。  パラダイスラビーダ……息を入れづらい流れで楽なペースとはいかなかったが、しぶとさを発揮。中央でモマれてきた成果か、ゴール前では差し返す味のある内容。  ミルリュユッテ……勝ちパターンのレース運びで追ってから案外と伸びあぐねたし、ゴール前では差し返される甘さを見せた。馬体の線が細くなっているのが、その甘さを見せた要因かも。

 

【レース後のコメント】
荒巻透調教師……僕は同じ日に笠松でレースがあったので、生で見ていないんだが、ゲート内で頭を下げて出遅れる癖があるので、それだけを騎手に気をつけるように言っておいたんだ。まずまず出てくれたし、前がやりあってちょうどいい流れになったね。直線100mだけで、あれだけ離すのだから強いね。今後も楽しみになったよ。

 

 

  

 

 

 

笠松・第14 ライデンリーダー記念(SP

 

2010/12/30 16回笠松3日8R サラ系2歳・オープン・SPⅠ 重 1600M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

2

コアレスバトラー

笠松

55.0

筒井勇

470

1.43.1

 

1

2着

3

モエレウェバリング

名古屋

55.0

安部幸

454

1.43.4

1 1/2

4

3着

10

オーナーシップ

笠松

55.0

東川公

477

1.43.6

1

2

4着

9

エーシンカリオーン

笠松

55.0

岡部誠

459

1.43.6

3

5着

8

アデスガタ

笠松

54.0

丸野勝

441

1.44.7

5

10

6着

7

リンドドレイク

笠松

55.0

向山牧

471

1.45.0

1 1/2

5

7着

4

モエレトゥループ

笠松

54.0

吉井友

424

1.45.0

6

8着

6

レディダイヤ

名古屋

54.0

大畑雅

404

1.45.6

3

8

9着

5

カミノネガイ

笠松

55.0

佐藤友

463

1.47.0

7

9

10着

1

マルヨルビー

笠松

54.0

尾島徹

471

1.47.0

7

 

 【寸評】  コアレスバトラー……スタートはあまりよくなかったが、スッと好位につけると道中は折り合いに専念。4コーナー手前までずっと手応えがよく、仕掛けるとぐいぐい伸びて1着。力通りの結果だったか。  モエレウェバリング……多少、強引ではあったが、道中はうまく2番手の外に切り替えて折り合いに専念。最後までしぶとく食い下がっていたし、同馬の力は最大限に発揮できた印象。  オーナーシップ……道中はしっかり脚をタメて、最後のひと脚に賭けるといった同馬らしい戦法。いざ追い出してみて、やや反応が鈍いところはあったが、初距離やメンバー構成を踏まえると上々の内容だったか。

 

【レース後のコメント】
1着 コアレスバトラー
筒井勇騎手……少し出負けしましたから一瞬ヒヤッとしましたが、調教の感触が良かったですし、馬の力さえ出しきればチャンスはあると思ってました。今年はダービージョッキーにもなれましたし、このライデンリーダーも勝てて本当に良かったです。関係者の方々や馬に感謝したいですね。また、これからも応援よろしくお願いします。

 

山中輝調教師……いい意味で遊びがある馬だから、うちの厩舎にはぴったりだね。今日は大一番を勝てましたし、やっぱり嬉しいです。このあとは京都の芝(1月8日)に申し込んであるので、そこに向けて頑張りたいですね。

 

 

  

 

 

 

名古屋・第10 名古屋グランプリ(Jpn

 

2010/12/23 20回名古屋4日10R サラ系3歳以上・オープン・Jpn(GⅡ) 重 2500M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

12

ワンダースピード

栗東

57.0

小牧太

480

2.46.6

 

2

2着

1

マカニビスティー

栗東

54.0

デムーロ

487

2.46.6

3

3着

10

シビルウォー

美浦

56.0

吉田豊

466

2.47.0

2

4

4着

4

マイネルアワグラス

美浦

56.0

松岡正

512

2.47.2

3/4

1

5着

3

マルカハンニバル

名古屋

56.0

児島真

500

2.48.2

5

6

6着

9

マイネルフォルザ

名古屋

56.0

今井貴

515

2.48.4

1

7

7着

5

クロスウォーター

名古屋

54.0

安部幸

487

2.49.1

3

10

8着

11

クラキンコ

道営

52.0

吉田稔

521

2.49.1

5

9着

8

デルマジョン

名古屋

56.0

岡部誠

474

2.49.5

2

9

10着

2

サンキストゴールド

名古屋

56.0

柿原翔

472

2.49.6

3/4

11

11着

6

ショウケイ

名古屋

56.0

倉地学

512

2.49.8

1

8

出走取消

7

サクラアーバン

岩手

54.0

大塚研

 

出走取消

 

 

  

【寸評】  ワンダースピード……最初のコーナーあたりでは掛かりかける場面こそあったが、その後は緩い流れに乗ってスムーズに追走。2周目の2コーナーを過ぎてもペースが上がらず、極端な上りだけの競馬。健在ぶりを見せはしたが、今日に関しては流れに助けられた面が大きい。  マカニビスティー……インで窮屈な競馬を強いられ、位置取りは悪くなる一方。早めに外へ出せていたなら楽勝しても不思議ないレース内容だった。  シビルウォー……前半は掛かりすぎた面こそあったが、手ごたえの割に伸びを欠いた。  マイネルアワグラス……インでロスなく追走できたが、最後は瞬発力の差が出たか。

 

【レース後のコメント】
1着 ワンダースピード
小牧太騎手……返し馬に行ったら馬がやる気になっていましたからね。最後、接戦にはなりましたが、後ろからデムーロ騎手が見えたので、いつもより一生懸命に追いました(笑)。この馬は名古屋の馬場が好きなんでしょうね。来年、また名古屋に来ることがあったら頑張りたいです。きょうはありがとうございました。