• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2010年度

 

 

笠松・第34 ウインター争覇(SP

 

2011/01/21 18回笠松5日9R サラ系4歳以上・オープン・SPⅢ 稍重 1900M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

6

ヒシウォーシイ

名古屋

56.0

岡部誠

451

2.01.4

 

1

2着

3

エーシンアクセラン

笠松

56.0

花本正

495

2.02.4

5

4

3着

1

ドリームプレイ

笠松

54.0

東川公

511

2.03.4

5

9

4着

2

トーセンマエストロ

笠松

56.0

向山牧

486

2.03.4

3

5着

4

クロスウォーター

名古屋

54.0

安部幸

490

2.03.8

2

8

6着

9

コロニアルペガサス

笠松

54.0

尾島徹

483

2.04.6

4

6

7着

5

カモンネイチャ

名古屋

56.0

大畑雅

475

2.04.6

2

8着

7

ビッグポパイ

笠松

56.0

吉井友

504

2.05.2

3

7

9着

8

ショウケイ

名古屋

56.0

吉田稔

516

2.05.4

1 1/2

5

10着

10

ショーターザトッシ

名古屋

56.0

竹田秀

455

2.07.8

大差

10

 

 【寸評】  ヒシウォーシイ……スローペースの3番手できっちり折り合いをつける。定石どおり3角手前で前との差をつめ4角先頭。あとは持ったままで後続を離す一方。このメンバーでは力が違った。これで笠松は8戦全勝(うち重賞7勝)。今年も東海公営を引っ張ってくれそう。  エーシンアクセラン……すんなり先手を奪って道中もマイペースに持ち込めた。それだけにもう少し勝ち馬を苦しめてほしかったが…。相手が強かった。  ドリームプレイ……勝ち馬のインで脚をタメられたのがよかった。特に伸びた感じもなかっただけに、これを復調の兆しと考えていいかは微妙なところ。  トーセンマエストロ……道中の行きっぷりもよく調子のよさをうかがえた。直線半ばでは3着安泰と思わせたが、ラストで脚が止まってしまいドリームプレイに差された。推進力のある走りからも、やはり距離はもう少し短い方がいい。
 

【レース後のコメント】
1着 ヒシウォーシイ
岡部誠騎手……年齢的なものか少しだけズブさが出てきたのか、位置取りはイメージより後ろになった。でも、何度も対戦してエーシンアクセランの力量も分かっているし、まったく慌てなかったよ。まあ、現時点でこのメンバーでは負ける気はしないよね。
川西毅調教師……雪で1日馬場入りができなかったけど、それはどの馬も同じ条件だからね。仕上げに関しては問題なかった。この後は当初からの予定どおり梅見月杯を目標にしています。

 

   

 

 

 

笠松・第16 白銀争覇(SP

 

2011/01/07 17回笠松2日10R サラ系4歳以上・オープン・SPⅢ 良 1400M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

9

トウショウガナー

金沢

57.0

吉田晃

494

1.26.1

 

2

2着

8

トーセンマエストロ

笠松

57.0

向山牧

485

1.26.9

4

3

3着

10

ビッグポパイ

笠松

57.0

藤原幹

501

1.26.9

9

4着

5

ドキャーレ

名古屋

57.0

丸野勝

478

1.27.3

2

4

5着

7

エーシンアクセラン

笠松

57.0

花本正

493

1.27.3

1

6着

3

ゲイリーディライト

兵庫

57.0

吉村智

484

1.27.6

1 1/2

7

7着

1

コロニアルペガサス

笠松

55.0

吉井友

479

1.28.0

2

6

8着

6

ヒカルアヤノヒメ

名古屋

55.0

阪野学

464

1.29.2

6

8

9着

4

ディスパーロ

名古屋

57.0

岡部誠

497

1.29.8

3

5

10着

2

ナックザワールド

名古屋

57.0

竹田秀

496

1.31.1

6

10

 

 【寸評】  トウショウガナー……ぷりぷりの好馬体。3番手のやや外めと、決していい位置取りとはいえなかったが、4コーナーまで終始、楽な手応え。追い出してからも反応良く伸びていたし、時計も含め、力の違いを見せつけた一戦だった。  トーセンマエストロ……4角先頭をイメージして、前半は中団からレースを進めた。勝負どころでの手応えもよく、いい感じで伸びてきたが、勝ち馬との脚力の差で結果4馬身差の2着。同馬の力は出しきれただけに、相手関係さえ恵まれれば…。  ビッグポパイ……最後のひと脚に懸けるといったレース内容で、道中は折り合いに専念。4コーナー手前ではとても届かないと思われるような位置取りから伸びて、2着馬とはアタマ差の競馬。距離適性の高さを印象づけた一戦。

 

【レース後のコメント】
1着 トウショウガナー
吉田晃騎手……特に位置取りにはこだわっていませんでしたが、終始、いい手応えでしたからね。直線を向いてからもグッと伸びてくれましたし、今日は楽勝といってもいい内容でした。特に癖もありませんし、この馬は走りますよ。今後も楽しみです。

 

佐藤茂調教師……早めに笠松に入厩させたのも良かったようですね。馬場に戸惑いを見せていませんでしたし、臨戦過程に不安要素はなかったといえます。非常にいいスピードを持っていますし、1600mぐらいまでなら対応できるでしょう。このあとは2月6日に福山で行われるマイル争覇に向かう予定です。
 

平床厩務員……言っていた通りでしょ。調教の感触も非常に良かったですし、よほど強い馬がいなければ勝てると思っていました。走破時計も良かったですし、今後がますます楽しみですね。ありがとうございました。

  

  

 

  

 

名古屋・第14 名古屋記念(SP

 

2011/01/04 21回名古屋5日11R サラ系4歳以上・オープン・SPⅠ 良 1600M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

3

キングスゾーン

名古屋

59.0

安部幸

517

1.42.3

 

3

2着

2

シンワコウジ

名古屋

54.0

岡部誠

474

1.42.3

2

3着

7

ノゾミカイザー

名古屋

54.0

大畑雅

483

1.42.7

2

5

4着

5

カモンネイチャ

名古屋

53.0

宇都英

480

1.43.3

3

4

5着

1

セフティーステージ

名古屋

56.0

横井将

527

1.43.9

3

11

6着

8

マルカハンニバル

名古屋

57.0

児島真

506

1.44.1

1

1

7着

6

サンキンスピーチ

名古屋

56.0

持原大

507

1.44.1

9

8着

12

ショウケイ

名古屋

54.0

吉田稔

511

1.44.1

6

9着

9

ゴールドネオ

名古屋

54.0

丸野勝

499

1.44.1

8

10着

11

サンキストゴールド

名古屋

54.0

柿原翔

472

1.44.2

7

11着

4

ケイウンヘイロー

名古屋

54.0

竹下太

512

1.45.2

5

10

12着

10

ショーターザトッシ

名古屋

56.0

竹田秀

451

1.46.6

7

12

  

【寸評】  キングスゾーン……スタートから好ダッシュでハナ。番手にカモンネイチャが来たが、スローペース。向正面では気が抜けないように、安部騎手の手綱が動いたが、これはいつもどおり。そして最後は並んで抜かせない、これもいつもどおりのしぶとさを見せた。  シンワコウジ……内々でロスのない競馬。うまく流れに乗れたし、勝負所で外へ。最後は激しく詰め寄ったが、相手のしぶとさに屈した格好。  ノゾミカイザー……上りの競馬ではここまで。だいぶ体調がパンとしてきたし、次走へつながる内容。  マルカハンニバル……位置取りこそ悪くなかったが、向正面で手ごたえが怪しくなる。2500mを使った目に見えない疲れがあったか…。

 

【レース後のコメント】
1着 キングスゾーン
原口次調教師……正直59キロで勝てるとは思っていなかったんだ。不安の方が大きかったからね。それだけに嬉しい。勝ち方もいかにもキングスゾーンらしい、並んでのしぶとさを発揮した競馬だったね。まだ年齢からくる衰えはないし、次走は予定通りに福山で行われるマイル争覇に向かいます。

  

  

 

 

 

名古屋・第13 新春ペガサスカップ(SP

 

2011/01/02 21回名古屋3日10R サラ系3歳・オープン・SPⅠ 良 1600M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

2

サカジロタイヨー

名古屋

56.0

岡部誠

433

1.46.2

 

1

2着

7

ミサキティンバー

名古屋

56.0

山本茜

522

1.46.5

1 1/2

3

3着

10

ウレスジ

名古屋

56.0

安部幸

494

1.46.6

7

4着

11

ゼニスパワー

名古屋

56.0

吉田稔

456

1.46.6

同着

4

4着

8

サウスギャラクシー

名古屋

54.0

柿原翔

458

1.46.6

9

6着

1

ベラトリックス

名古屋

54.0

大畑雅

467

1.46.6

10

7着

4

ゴールドドラゴン

笠松

54.0

吉井友

422

1.47.4

4

8

8着

12

ブライトヒーロー

名古屋

56.0

小山信

418

1.47.4

11

9着

5

パワフルローマン

名古屋

56.0

今井貴

511

1.47.5

1/2

2

10着

6

ナラセジンダイコ

名古屋

56.0

竹下太

480

1.47.6

3/4

5

11着

3

バージンバースト

名古屋

54.0

友森翔

403

1.47.7

1/2

12

12着

9

ムーダ

笠松

56.0

筒井勇

453

1.47.7

6

 

 【寸評】  サカジロタイヨー……先行勢の大半が外枠だったため、仕掛けることなくすんなりと先手を取れた。スタート直後からスローな流れで、自身もマイペースの競馬。そのまま、終始先頭を譲ることなくまんまとと逃げ切ったかたち。枠順利、展開利はあったが、危なげない内容。  ミサキティンバー……超スローな流れで、唯一後方から脚を伸ばし、あと数メートルあれば変わっていたかの鋭い伸び。負けて強し。  ウレスジ……うまく流れに乗り末脚を温存。4コーナーではうまくインをつき、これ以上ないレース運び。

 

【レース後のコメント】
1着 サカジロタイヨー
川西毅調教師……普段通りの競馬ができていましたし、勝ち時計は平凡でも内容的には完勝といっていいですね。認定戦を勝ってから状態が上向いていましたし、折り合いにも進境を見せていたので、ここでもいい勝負にはなると思っていました。勝つことができてうれしいですね。次走は中央(京都)へ遠征する予定です。

  

  

 

 

 

名古屋・第50 新春盃(SP

 

2011/01/01 21回名古屋2日9R サラ系4歳以上・オープン・SPⅡ 稍重 1400M

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

5

シルバーウインド

名古屋

54.0

宇都英

509

1.29.6

 

1

2着

7

サチコゴージャス

名古屋

54.0

吉田稔

420

1.30.0

2

6

3着

8

ボニータシチー

笠松

54.0

向山牧

462

1.30.0

3

4着

4

スマートインパルス

名古屋

56.0

岡部誠

446

1.30.5

2 1/2

2

5着

3

ディスパーロ

名古屋

56.0

阪野学

504

1.30.7

1

4

6着

10

キクノプログレッソ

名古屋

56.0

丸野勝

523

1.30.8

3/4

12

7着

11

クロスウォーター

名古屋

54.0

安部幸

485

1.30.8

9

8着

12

シーグランジャー

名古屋

56.0

柴田直

513

1.31.2

2

10

9着

9

シュウボンバー

名古屋

56.0

友森翔

498

1.31.4

1

7

10着

1

パレスシュガー

名古屋

54.0

山本茜

453

1.32.3

4

5

11着

2

スリーフォートラン

名古屋

56.0

今井貴

469

1.33.7

7

11

落馬中止

6

デルマジョン

名古屋

56.0

持原大

474

 

 

8

  

【寸評】  シルバーウインド……出遅れるという大きなハンデを背負ったが、包まれることなくスムーズに追走。いい脚を長く使い力の違いを見せた格好で完勝といえるものだった。  サチコゴージャス……勝負どころの3コーナーあたりでは前がゴチャつき、さばきづらい流れだったが、位置取りを考えれば良く伸びている。復活を印象づけた。  ボニータシチー……2コーナーを過ぎたあたりで行きたがったのか、それとも作戦なのかは定かではないが、脚を使ったことが最後で甘くなる結果に。スムーズなら2着はあったかに思えた。

 

【レース後のコメント】
1着 シルバーウインド
古川厩務員……出遅れるのは良くないことだけど前走に関しては隣の馬(デルマジョン)がバンコロしたので、まともにスタートを切っていたら不利をこうむっていたかも。不幸中の幸いだね。道中は折り合いがつくので終いは伸びるし、冬場の方がいいタイプです。発馬難の矯正ができればもっと楽しめそうです。