• トップ > トップ記事 > 2018年 > 9月

 本日(9/20)のメインは1,900mで3歳以上オープンの「第45回 オータムカップ・SPⅡ」。第11R、発走16時15分。

 

 北陸・東海・近畿交流ということで、2連覇中の兵庫からアリオンダンス、ビクトリーミノル、金沢からミキノハルモニーが遠征してきた。しかし、いずれも重賞勝ちはなく、例年に比べると実績的には少し見劣る面々。ならば笠松巧者の名古屋メモリージルバ、前走くろゆり賞で東海公営の雄 カツゲキキトキトをヒヤリとさせたヴェリイブライトの地元笠松、名古屋勢も何ら臆することなさそうだ。いずれにせよどれから入るかが非常に重要で、購買意欲が湧くメンバーにワクワクしている。

 

 そんな実力接近の見立てなら、状態のいい馬をピックアップのが的中への近道。先週の秋桜賞(名古屋)でも陣営のトーンが低かったポルタディソーニは失速し、結局は中間の追い切りで好時計を連発していたディアマルコ→スターレーンの2頭で決着した。というわけで今回狙いたいのは兵庫⑧アリオンダンス。かの地の専門紙から届いた追い切りでは、多少時計の出やすい馬場だったとはいえラスト2ハロンを一杯に追ったわけでなく24秒台で軽快に駆けているのだから好調子は明らか。そして鞍上も今年兵庫の馬での好成績、ついには兵庫ダービーも制した岡部誠騎手だからこれ以上ない。 

単勝⑧アリオンダンス 2,000円

三連単⑧⇔④②⑥⇔④②⑥① 100円×21点

201,560/231,400=回収率87.10%(9/7終了時点)

 (井本秀一)