• トップ > トップ記事 > 2018年 > 9月

塚田勢のハナ争いにご注目!

 本日のメイン「サファイアオープン」(11R,16:25)は同厩舎③ウォーターディルvs⑥メモリートニックのハナ争いが焦点。無理な競り合いはないと考えれば、内に入った③ウォーターディルの逃げが有力とも思えるが、どうしてもハナが欲しいのは⑥メモリートニック(写真)のほう。③は番手から結果を出した前走内容から、ハナを僚馬に譲って折り合いに専念する作戦をとる可能性は否定できないし、もともとのダッシュ力、そして逃げへの執着心を思えば⑥がハナ、③が番手という形のほうがしっくりこないか。自身の形を手に入れてしまえば⑥の独壇場。番手から進める③の極端なプレッシャーがない限りは逃げ切り濃厚と見たい。ただし、枠なりの形で③⑥の順で流れた場合は③の逃げ切り、そして逃げられなかった⑥は2着どころか3着以下へ脱落することも一考しておく必要がある。いずれにしてもハナ争いを制したほうが、そのレースの勝者となる可能性が非常に高いということだ。 ⑥⇒③⑦①④

 

 

 

 

 名古屋けいば次開催は2週後の9月24日(休月)・26日(水)・27日(木)・28日(金)の4日間。「秋の鞍(SPⅠ)シリーズ」と銘打ち行われます。シリーズメインの「秋の鞍(SPⅠ)」は2日目の26日(水)に発走。どうぞお楽しみに!

 

 次週は笠松けいば開催。「長月(SPⅡ)シリーズ」の後節が9月19日(水)~21日(金)の3日間で行われます。こちらもどうぞご期待ください!

(石井学)