• トップ > トップ記事 > 2018年 > 7月

 暑い。とにかく暑い。皆様、しっかりと熱中症対策はしていますか? この連日の猛暑を察してか、今日から始まる笠松けいばは「高原シリーズ」と涼しげなネーミングなのがちょっと嬉しい。27日(水)~29日(金)と8月1日(水)~3日(金)の2週に跨って行われます。この暑さでどうしても現場は…というお客様もコンビニのプリンターから専門紙を取り出せる「eプリント」サービスもありますので、ぜひご活用ください。

 

 初日のメインは1,400メートルで行われるB1組特別「根の上高原特別」。第12R、発走16時55分。

 目下1組を連勝中でこれを勝てばいよいよA級入りとなるコパノジャクソンが人気を集める。鞍上の東川公則騎手は前開催で通算2700勝を達成し、本日はセレモニーも開かれるし、ともに一番の注目であることに違いないが、ネンザで1開催飛ばしてしまった影響は気になるところ。あっさり克服してくれそうな気もするし、そうでない気も…。というわけで一つ印を下げた。試練の一戦。

 かわって本命に支持するのは②マイネルデュエル(写真)。560キロを超す大型馬はこの小回りでは逃げてこそ最大限に力を発揮する、それを結果で示したのが前走。あのハイペースなラップを刻んでも最後までしぶとかった。ここでも逃げられれば、甘く見ていると痛い目に遭いますよ。

単勝②マイネルデュエル 2,000円

119,820/181,700=回収率65.94%(前開催終了時点)

 (井本秀一)