• トップ > トップ記事 > 2018年 > 7月

 今日(7/12)は3歳以上で争われる北陸・東海・近畿交流の1,400メートル戦 「第41回 サマーカップ・SPⅢ」。第10R、発走16時15分。

 

 昨年はトランヴェール、一昨年はマルトクスパート、二年前はタガノジンガロとここ3年は兵庫勢が優勝。今年も4月まで中央のオープンで活躍していたエイシンバランサーが、前開催のクイーンカップでフセノランを見事勝利に導いた下原理騎手でもう一丁とばかりにやって来た。この馬が一番人気に推されそうで、最も注目を集めそうだ。ただ、今年は地元笠松、名古屋勢もかなり面白いメンバーが揃った。ひょっとしたらこの中にエイシンを負かせる馬がいるかも!? 馬券的にもワクワクするレースになりそうだ。

 

 そんなこちらの馬を紹介しておこう。ポテンシャルは引けを取らない中央準オープンからの転入マリオーロ、目下9連勝中の勢いは本物ストーミーワンダー、オープン連勝こそ成らなかったが2走続けての1分26秒台が光るベルボーム、9歳だが前走でまだまだやれることを証明したダイヤモンドダンス、そして前走で一気にオープンを制した名古屋なメモリートニック。これだけでも本当に目移りするほどの豪華メンバーだ。

 勝負は馬単⑩④⑨⑧の4頭ボックス(12点)で高め待ち!? ん…… 外枠で展開も向きそうだし、お気に入りの⑩ベルボーム(写真)で腹を括るとしよう。 

単勝 ⑩ベルボーム 2,000円

三連単 ⑩⇔④⑨⇔⑤⑧① 200円×22点

119,820/166,300=回収率72.05%(前開催終了時点)

(井本秀一)

 

人馬ともに重賞初制覇となるか!? ベルボームと山下雅之騎手